ブログ

施工事例

お客様の声

お客様窓口のスタッフブログ

動画で確認!屋根工事

屋根トラブル110番

屋根の専門業者が教える屋根知識

ボタン

屋根や外壁の劣化を促す苔・藻・カビ!放置が絶対ダメな理由や定期的メンテナンスの必要性について

放置は絶対ダメ! 屋根や外壁の劣化を促進させる苔・藻・カビ

 新築あるいは外装リフォームしたばかりの屋根や外壁は、新しくて綺麗な見た目をしていますよね。でも、年数が経てば、いつしか汚れてくるものです。なかでも美観を損なうのが苔や藻、カビなどでしょう。
 経年劣化の症状として珍しくないかもしれませんが、苔や藻、カビが生えている屋根や外壁は「汚れがひどい」「お手入れ不足」というイメージがつきまといます。また、見た目のイメージを損なうばかりか、建材の劣化を促進させてしまう可能性もあるのです。

目次非表示表示

【動画で確認「苔・藻・カビ」】
長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください!
 ↓ ↓ ↓
【動画で確認「苔・藻・カビ」】
長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。
動画で見たいという方は是非ご覧ください!

苔・藻・カビは住まいにとって大敵!

 どんな建材を使っているかでも変わってきますが、屋根や外壁には苔・藻・カビが発生することがあります。屋根材のなかでも、特にスレート屋根などに見られることが多いです。

どんな建材を使っているかでも変わってきますが、屋根や外壁には苔・藻・カビが発生することがあります。屋根材のなかでも、特にスレート屋根などに見られることが多いです

苔が大量に発生しているスレート屋根

劣化しているスレート屋根に苔やカビが生えている

藻やカビで外壁の色が変わっている

藻が繁殖し外壁が緑色になっている

 また、苔や藻、カビは、「日当たりが悪い」という環境を好み、立地によっては「対策の施しようがない…」と諦めているケースもあるでしょう。建物が古くなってくると発生しやすく、屋根や外壁の色が変わり、美観が損なわれてしまいます。

苔・藻・カビが生える場所、生えやすい建材は?

 古くなった住まいに見られる苔や藻、カビは、多くの場合「日当たりが悪い部分」を中心に生えやすくなります。ただ、一般的に太陽の光を嫌う苔や藻のなかに、太陽に動じない種類も…。そのため、日当たりの悪い場所だけでなく、日当たりの良い屋根の上などで繁殖することもあります。
 しかし、厳密に言うと、同じ「苔・藻」だとしても、日向や日陰のどちらかに生えているかで種類は異なります。それに「苔?藻?それともカビ?」なのかは、一見して分かりにくいものです。まずは、どんなところに、どんなタイプの「苔・藻・カビ」が生えるかを知っておくことをおすすめします。

苔藻の生える場所とその特徴

 分類上「陸上の植物」となる苔は、どんな種類でもある程度の太陽光は必要です。ある程度の築年数が経過したスレート屋根には付き物と言っていいほど、苔の発生率は高めと言えるでしょう。そのため、苔はほとんどのスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の劣化症状のひとつとなっています。
 苔は、日光があまり当たらない地面、水が溜まりやすい基礎部分などに生えますが、外壁ではあまり発生しません。

ある程度の築年数が経過したスレート屋根にはもはや付き物と言ってもいい苔

苔の生える場所

 スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根のほか、セメント瓦やコンクリート瓦(モニエル瓦)の屋根で、水切れが悪くなったときに生えます。また、粘土瓦の屋根でも土が溜まり、日当りが悪ければ、苔が繁殖することがあります。そのほか、水はけがよくないベランダやバルコニーの床、排水路でも苔は発生します。

 

スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根

セメント瓦やコンクリート瓦(モニエル瓦)の屋根

日当りが悪い粘土瓦の屋根

乾きが悪いベランダやバルコニーの床

スレート屋根のメンテナンスについて詳しくはコチラ

セメント瓦とモニエル瓦のメンテナンスについて詳しくはコチラ

特徴

 「苔」というと日陰のイメージがあるかもしれませんが、日光を好む苔もあります。庭園や盆栽などのお庭で鑑賞する苔は、日本では古くから「和を感じさせてくれる植物」として親しまれてきました。
 最近では、お部屋のなかで育てるインテリア感覚の苔も人気となっています。しかし、屋根や外壁など、本来生えてはいけない場所に育つ苔は迷惑そのものでしかないのです。

セメント瓦とモニエル瓦のメンテナンスについて詳しくはコチラ

 分類的には水中の植物の「藻」。ある程度の日光が必要です。藻は、一見してカビや苔のように見えます。たとえば、道路沿いのガードレールに見られる緑色の汚れ。ぱっと見るとカビや苔に見えますが、実は藻であるケースが多いです。
 また、窯業系サイディングやモルタル外壁、コンクリートの部分、乾きが悪いベランダ、バルコニーの床、排水路などでもよく発生します。

藻は建物の外壁に発生することも多い

藻の生える場所

 藻は、屋根や外壁に発生することが多いです。屋根なら、スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根、水切れが悪くなったセメント瓦、コンクリート瓦(モニエル瓦)などによく見られます。
 外壁の場合は、窯業系サイディングやモルタル外壁、コンクリートの部分に発生します。また、雨樋の裏側に緑色の部分があれば、藻である可能性が高いです。

 

スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根

セメント瓦やコンクリート瓦(モニエル瓦)の屋根

窯業系サイディングやモルタル外壁

コンクリートの部分

雨樋の裏側

特徴

 初めはほんのり生える程度です。外壁が見えないほど一気に藻が生えることはありません。しかし、藻はだんだん育ってきて密集します。いずれ、濃い緑色となり外壁を覆うようになるでしょう。ガードレールにも藻が生えることから分かるように、金属製の屋根や外壁にも発生する可能性が高いです。

カビの生える場所とその特徴

 菌類のカビは、基本的に生育するうえで日光を必要としません。ただ、明るい場所でも繁殖はします。カビが好むのは、湿気です。特に、水分が染み込んだ状態が長く続く木材や軒天の部分に生えることが多いでしょう。
 スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根、水切れが悪くなったセメント瓦やコンクリート瓦の屋根などでよく見かけます。屋根や外壁に発生している黒や灰色の部分は、ほとんどカビです。また、枯れた苔や藻にカビが生えることもあります。

水分が染み込み、長く滞留する部分木材や軒天の部分に発生しやすい

カビの生える場所

 カビは水分を好むので、木材や軒天部分などの水分が染み込み、長く滞留するところに生えることが多いです。屋根の上の枯れた苔や藻、外壁に繁殖することもあります。雨漏りしている屋根の小屋裏で見られるのは、ほとんどカビだと思ってください。

 

水分が染み込み長く滞留する部分、木分や軒天

屋根の枯れた苔や藻に繁殖する

外壁

雨漏りしている屋根の小屋裏

雨漏りの修理方法に関して詳しくはコチラ

屋根の小屋裏に関して詳しくはコチラ

特徴

 光がなくても生育できるカビは、水分があれば明るい場所にも繁殖します。さまざまな色がありますが、屋根や外壁など屋外に生えるのは黒っぽい色をしています。また、枯れた苔や藻はカビの栄養源となるため、苔・藻が発生したところにカビが繁殖することもあります。

屋根や外壁に「苔・藻・カビ」が生える理由とは?

 屋根や外壁の苔・藻・カビが生える理由は「適した環境」だからです。
 苔・藻・カビは、どれも空気中で運ばれる胞子から増えます。カビの胞子は目に見えないほど極小で、1立方メートルの空気中に数個から数百個も存在しています。多い場合は、数千個もの胞子が空気中に漂っていると言われています。
 また、カビの胞子は何千メートルも舞い上がるほどの軽さです。長い距離を滞留して着地した場所が、偶然にも「暮らし心地の良い環境」の場合、そこから増殖してしまうのです。

屋根や外壁に苔・藻・カビが繁殖するのはそこに適した環境があるからです

 

 極端に寒い地域では冬季間は繁殖しにくい環境ですが、基本的に苔・藻・カビは1年を通して活動します。苔・藻・カビの繁殖に適した環境は「水分があること」です。

苔・藻・カビの繁殖に適した環境→水分があること

 屋根や外壁に苔・藻・カビが生えるなら、そこの部分は「水切れが悪い」「吸水して水が溜まっている」ということが考えられます。多くの場合、表面の塗膜が劣化することで水切れが悪く、苔・藻・カビが繁殖しやすくなるでしょう。

苔・藻・カビが屋根や外壁に生える原因→屋根や外壁の水切れが悪くなっている

苔・藻・カビが生えたらどうすべき?対処法とは?

 それでは、苔・藻・カビが生えたらどうしたらいいでしょうか?
 インターネットなどで調べると「漂白剤が効果あり」などと見かけますが、あまりそのような情報に流されないようにしましょう。薄めた中性洗剤を使い、柔らかいスポンジやブラシで“優しく”こする程度にして下さい。

中性洗剤を薄めて、柔らかいスポンジやブラシで優しく擦る程度にしてください。

苔・藻・カビが屋根に生えたら…
基本的に自分で除去せずにプロに依頼しましょう

 屋根に生えた苔・藻・カビを、自分で何とかしようとするのはやめましょう。たとえ、1階の屋根だとしても…です。
 水分を好む苔・藻・カビが生えているということは滑ります。ただでさえ滑りやすく危険な状況下、中性洗剤や水を使うのはかなり危険です。ちょっと体勢を崩したことで命取りになることもあります。自ら、命の危険にさらす行動につながるため、くれぐれも自分で何とかしようとすることはやめましょう。屋根など、高所に生えた苔・藻・カビに困ったときには、街の屋根やさんにご相談ください。

屋根や外壁、高い場所の苔・藻・カビでお困りの方は街の屋根やさんにご相談ください。

街の屋根やさんの無料点検について詳しくはコチラ

苔・藻・カビが外壁に生えたら…
手の届く範囲に限定して自分で清掃するのもいいでしょう

 外壁の場合、「手の届く範囲」に限定して自分で作業してみるのはありです。屋根と違い、高所で滑りやすい環境でもありません。
 無理をしないで作業できそうなら、やってみるのもいいかもしれませんね。もし、モップなどを使って目の上の場所を掃除するなら、中性洗剤が垂れて目に入らないような対策が必要です。目を保護するメガネやゴーグルを用いてくださいね。「中性洗剤は薄める」「柔らかいスポンジやブラシで優しく擦る程度」を心がけましょう。

無理をしないで作業できる範囲でしたら中性洗剤を薄めたものを使い柔らかいスポンジやブラシで優しく擦る

風通しをよくする工夫を取り入れる

 お伝えしたとおり、苔・藻・カビが生えているのは、水分が溜まっている証拠です。おそらく、「なかなか風が当たらない」「何かに遮られて風が通りにくい」などで乾燥しにくいのではないでしょうか。
 たとえば、外壁に風が当たるのを遮るように、植栽があったり、鉢植えが置かれたりなどです。風通しを遮っているものがあれば、剪定や移動などをしてみましょう。

風通しがよくなるような工夫をしてみましょう!

水溜りができる環境ならできないような対策を

 周辺に、水溜りがあるのも苔・藻・カビが繁殖する原因です。砂や土を入れて水分が溜まらないようにすることで、水溜りが出来にくくなります。蒸発量もゆるやかとなり、苔・藻・カビの生えにくさにもつながるでしょう。

水溜りなどがある場合は砂や土を入れて水分が溜まらないようにしてあげましょう

苔・藻・カビの除去に家庭用の高圧洗浄機は向いていない…

 外壁など、住まいの周りの掃除に役立つのが家庭用の高圧洗浄機やスチームクリーナーですよね。苔・藻・カビを手作業で掃除するのは大変そうですし、高圧洗浄機を使いたくなるかもしれません。
 確かに、家庭用の高圧洗浄機の除去力は素晴らしく、気になる汚れもスムーズに落としてくれる優れものです。 しかし、苔・藻・カビの除去にはあまりおすすめしません。

 高圧の加減状態が悪ければ、逆に屋根や外壁を傷めてしまうからです。使い方のコツを心得なければ、せっかくの作業が無駄になるばかりか、外壁の劣化を促してしまうおそれもあります。
 隣家との距離が近い場合、高圧洗浄機を使うことで苔・藻・カビが周囲に飛び散るリスクも考えられます。

家庭用の高圧洗浄機

スチームクリーナー

 また、高温の蒸気が出るスチームクリーナーは苔・藻・カビなどを死滅できます。しかし、温度が高すぎると塗膜やシーリングが傷んでしまう原因になります。さらに、「スチーム」は水よりも小さい粒子のため、透湿性のある塗膜の場合、下地に水分が浸透することにもなるでしょう。

メンテナンスが必要です

 苔・藻・カビのお手入れをしたのにもかかわらず、すぐに苔・藻・カビが再発してしまう…。これは、防水性の低下によるものです。
 「水切れが悪く防水性が低下している」状態は、苔・藻・カビが生えやすい環境になっているだけでなく、住まいへ悪影響を与えています。屋根塗装や外壁塗装などのメンテナンスで、すぐにでも防水性を回復させなければいけません。

水切れが悪く防水性が下している

防水性の回復には屋根塗装や外壁塗装によるメンテナンスが必要

屋根塗装や外壁塗装によるメンテナンスで防水性を回復させてあげる必要があります!

 初めに、高圧洗浄で屋根や外壁の苔・藻・カビを一掃します。そして、その後に塗装を行うことで防水性も回復します。

 

高圧洗浄で苔・藻・カビを一掃

塗装でメンテナンス

 苔・藻・カビは、再発させたくないですよね。そんな場合におすすめなのが「バイオ洗浄」。塗装前にバイオ洗浄をすれば、苔・藻・カビが発生しにくくなるでしょう。
 バイオ洗浄は一般的な高圧洗浄よりも費用がかかります。しかし、圧倒的な予防効果がある為、「今まで屋根塗装や外壁塗装をしても数年以内に苔・藻・カビが再発して困っていた」という方におすすめです。
 屋根塗装や外壁塗装をすることで、苔・藻・カビの発生をおさえることができます。しかし、苔・藻・カビがすでに発生している状態のまま塗装をすれば、塗料はなかなか密着しません。結果的に塗膜のひび割れや剥がれを引き起こし、塗料の耐用年数も極端に短くなります。高圧洗浄やバイオ洗浄で汚れを落としてから、丁寧に塗っていく下地処理が必要です。

苔・藻・カビを落とさず塗装をしてしまうと…

屋根塗装や外壁塗装について詳しくはコチラ

バイオ洗浄とは?どんな洗浄方法?

バイオ洗浄液が高水圧の水が届きにくい部分にも浸透し、苔・藻・カビを分解します!

 「バイオ洗浄」は、殺菌・抗菌作用を持つ植物由来の原料をもとに作った洗浄液です。苔・藻・カビの分解能力にも効果がある成分が入っています。
 初めに、軽く高圧洗浄した後にバイオ洗浄液を噴霧、一定時間あけ、最後に高圧洗浄で洗い流します。高圧洗浄を何度もすると屋根や外壁に負担がかかるのですが、バイオ洗浄ならダメージが少なく済みます。

殺菌・抗菌作用がある植物由来の原料からから作られた洗浄液

 

 生命力がかなり強い苔・藻・カビは少しでも残ってしまうと、再び繁殖を繰り返します。バイオ洗浄なら高圧洗浄で届きにくい部分にも洗浄液がじっくり浸透し、苔・藻・カビの分解に効果を発揮してくれます。

 

バイオ洗浄液を噴霧

高圧洗浄で洗い流す

苔・藻・カビを防げるおすすめ塗料は?

 屋根塗装や外壁塗装において使われる塗料のほとんどには、苔・藻・カビを防ぐ効果があります。多くの塗料のカタログにも「優れた防苔・防藻・防カビ効果がある」と記載されています。
 JIS規格でカビ抵抗性試験方法が定められているため、ほとんどの塗料がそれに合格しています。そのなかでも、おすすめの塗料はあるのでしょうか。

苔・藻・カビには防水性が低下しにくい塗料で耐用年数が長いフッ素塗料などがおススメです!

 

屋根塗装でおすすめの塗料
フッ素や無機系などの遮熱塗料

 屋根塗装なら、遮熱塗料がおすすめです。遮熱塗料は、太陽の光を表面や反射層で反射し熱を遮ります。光を反射しやすいように汚れを防ぐ機能もあり、結果的に苔や藻が付着しにくい塗膜ができます。カビの栄養源である土や砂が溜まりにくい塗膜になるため、防苔・防藻・防カビ効果も高い塗料と言えるでしょう。

 

汎用塗料

遮熱塗料

遮熱塗料サーモアイについて詳しくはコチラ

遮熱塗料スーパーセランIRについて詳しくはコチラ

外壁塗装でおすすめの塗料
ナノコンポジットW防藻+

 さまざまな塗料は「防苔・防藻・防カビ効果」をカタログで謳っていますが、『ナノコンポジットW防藻+』は製品名に「防藻」を含めてアピールしているところから優れた効果が期待できておすすめです。

付着した藻やカビから,水分を吸収し成長を止め,降雨により洗い流す

 ナノコンポジットW防藻+で注目したいのがナノテクノロジーに超親水性の塗膜です。水に馴染みやすいイメージがあるかもしれませんが、実は「超親水性」が苔・藻・カビの不活性化につながります。
 ナノコンポジットW防藻の塗膜に苔・藻・カビが付着すると、それらから水分を吸収します。苔・藻・カビにとって成長に必要な水分が奪われることで、活動が止まってしまします。生命力がなくなった苔・藻・カビは雨が降ると流れていくことから、綺麗な外壁が長く続くでしょう。

屋根材や外壁材を苔・藻・カビが生えにくい素材に変更する方法も

屋根葺き替えや屋根カバー工法、外壁の張り替えや外壁カバー工法を検討している場合苔・藻・カビが生えにくいものに変更する方法もあります!

 苔・藻・カビに悩んだとき、屋根葺き替えやカバー工法、外壁張り替えやカバー工法などで「苔・藻・カビが生えにくい素材」に変更するのもひとつの解決策です。
 屋根や外壁に凹凸部分があると苔・藻・カビが溜まり繁殖していきます。ザラザラな表面の屋根材や外壁材よりも平滑な素材の方が苔・藻・カビが付着しにくいのです。仕上げ方法にもよるため一概には言えませんが、モルタル外壁は苔・藻・カビが発生しやすいでしょう。
 また、屋根材と外壁材のうち、金属は苔・藻・カビが発生しにくいです。平滑なデザインを選べば、さらに効果的でしょう。防水性の高い金属屋根材は緩い勾配(屋根の傾斜角)にも使用できます。外壁には、防水性の高い金属系サイディングがおすすめです。

苔・藻・カビが付着しやすい

苔・藻・カビが付着しやすい

屋根葺き替えについて詳しくはコチラ

屋根カバー工法について詳しくはコチラ

苔・藻・カビが生えると美観が損なうだけではない…、ダメージの加速につながっている現実

 苔・藻・カビが生えた屋根や外壁は、美観が損なってしまいます。でも、それだけではありません。苔・藻・カビが繁殖すれば、屋根や外壁のダメージが加速し、寿命も短くなります。
 美観だけではなく、寿命を縮めることにもつながってしまう苔・藻・カビ。発生してから拡がってきたらメンテナンスのサインです。なるべく早く対処しましょう。

苔・藻・カビが問題なのは美観だけではなく…

苔・藻・カビの発生は水分を滞留させる原因に

 すべての屋根材・外壁材において大敵なのは「水分」です。水分が滞留したまま乾燥せずにいると、塗膜はどんどん劣化します。金属部分では、水分を含んだことで化学変化が起こりやすく錆も発生します。
苔・藻・カビは水分を好み繁殖しますから、それらが見られる屋根材・外壁材は水分が滞留している証と言えるでしょう。

金属素材の錆びてしまった棟板金

仮根という根がある苔・藻

 苔・藻には、「仮根」という根が存在しています。一般的に「根」というと吸水や栄養補給のためですが、仮根は自分の体を支える役割があるそうです。そのため、苔・藻の仮根が屋根や外壁に食い込めば、隙間が拡がり破壊する…とも言われています。

苔の根の部分

 ただ、仮根が自分の体を支えるためだけにあるというのはあくまでも「説」でしかありません。ビルの緑化に使うという研究もありますが、真偽のほどは分かりません。
 しかし、セメントを主成分とするブロック塀などに繁殖した苔・藻・カビが原因で表面がボロボロと崩れているケースもよくあります。化粧スレートやセメント瓦・コンクリート瓦(モニエル瓦)の屋根、モルタル外壁や窯業系サイディングの外壁は、セメントを主原料につくられています。そのように考えると、注意を払っておいた方がいいでしょう。

スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根

セメント瓦やコンクリート瓦(モニエル瓦)の屋根

窯業系サイディング

モルタル外壁

冬に枯れた苔・藻・カビも春になると復活する

 苔・藻・カビは、冬季には枯れて活動が止まります。ただ、枯れたと言っても胞子は残っています。再び、暖かい春になって雨が降ると復活します。苔・藻・カビは、いったん枯れても終わらない繁殖力があるのです。

苔・藻・カビも冬になれば活動を停止し枯れてしまう→暖かくなって雨が降れば復活します

 また、「枯れる・生きている」にかかわらず、苔・藻・カビには土や砂などが溜まりやすいです。カビの栄養源は、土や砂、そして枯れた苔や藻。
 胞子がどこからともなく飛んでくると定着して成長を遂げようとしますし、枯れた苔・藻があればカビが育ちやすくなります。定期的にメンテナンスをして苔・藻・カビが生えにくい状態にするしかありません。

苔・藻・カビが生える前の屋根塗装や外壁塗装をしよう

 苔・藻・カビがいったん生えると、なかなか除去しきれません。再発の可能性もあるため、理想的なのは苔・藻・カビが生えないうちに屋根塗装や外壁塗装でメンテナンスをすることです。築年数はもちろん、屋根や外壁が傷み出したタイミングでメンテナンスを検討しましょう。

藻の発生源である水場、苔の宝庫である山が近いと経年の劣化に関係なく生えてくることもあります

 ただ、川や池、湖などの水場、苔がたくさん生息する森や林、山などが近い環境の場合、築年数に関係なく苔・藻が生えてくることがあります。本来は、塗装の時期ではないかもしれませんが、苔・藻・カビを防ぐ手段として塗装を考えることも対策となります。環境的に「苔・藻・カビが生えやすい」のであれば、生えた時期をきっかけにして苔・藻・カビの生えにくい塗料を塗っていくのもいいでしょう。
 むしろ「生えやすい地域」だからこそ、メンテナンスを計画的にするべきでしょう。苔・藻・カビは、建物を劣化させ傷める要因です。生えるとどんどん劣化が進みますし、いったん枯れても再発します。建物に苔・藻・カビが生えている場合は、早めの対応が必要です。

・藻・カビが建物を劣化させ傷めてしまう前に!

屋根の上は見にくい・見えないので無料点検をご利用ください!

 屋根の上はなかなか見えませんよね。「全く見えない」という方も多いかもしれません。また、1階部分の外壁は目視で確認できても、2階の高い部分になると「汚れ?それとも苔・藻・カビ…?」などと判断に困ることも多いでしょう。
 屋根の上の点検は自分ではなかなかできないものです。そんなときには、ぜひ街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。はしごなどで高いところの点検もいたします。屋根の状況や高い部分の外壁の様子は写真撮影をして、お客様にご覧いただきます。気になる部分はもちろん、建物全体を点検いたしますので長期的なメンテナンス計画が立てやすく安心感につながるかと思います。

建物全体を点検いたしますので、長期的なメンテナンス計画も立てられますし、いろいろと安心できると思います。

建物を劣化させる苔・藻・カビのまとめ

●苔・藻・カビは建物を劣化させる原因になります

●建物のさまざまな箇所に苔・藻・カビが生えます

●苔・藻・カビは、胞子が風で運ばれて着地したところに水分があれば活発になります

●苔・藻・カビを除去するとき薬品を使うと逆に悪化する可能性があります。なるべく、薄めた中性洗剤を使いましょう

●屋根に生えた場合、自分で対処するのは危険です。高所の作業は専門業者に任せましょう

●手の届く範囲の外壁に生えた場合は、自分で清掃してもいいでしょう

●自身で苔・藻・カビを落とすとき、家庭用の高圧洗浄機を使うと屋根や外壁を傷めるかもしれません

●高温のスチームクリーナーは屋根や外壁の塗膜を傷める可能性が高く、また屋根材や外壁材に水蒸気の水分を与えるため使うのは避けましょう

●苔・藻・カビは風通しをよくすることも有効です

●水溜りができないようにしましょう

●お手入れ後、すぐに苔・藻・カビが再発したら適切なメンテナンスが必要です。屋根塗装や外壁塗装で防水性を回復させるのも効果的です

●金属屋根材や金属系サイディングは苔・藻・カビが生えにくいのでおすすめです

●苔・藻・カビは水分を滞留させることで建物へのダメージが大きいです

●苔・藻にある仮根が建物にダメージを与えることは明言できないものの、用心はしておいた方がいいでしょう

●冬になって枯れた苔・藻・カビでも、春になれば復活します。それを念頭に早めにメンテナンスをしてください

関連するブログ一覧

2022-11-28  杉並区今川にてお住いのお客様より、屋根の色褪せについてお悩みのお問い合わせを頂きました。屋根材にはスレートが使用されており、これまでにも屋根塗装を行ったことがあるとのことでしたが、以前に比べて色の違いが目立つようになったことでお手入れが必…続きを読む
2022-11-27  小平市小川町にて築27年になる化粧スレート屋根の劣化具合を一度調べてほしいとのお問い合わせを頂き、調査にお伺いいたしました。10年程前に屋根塗装工事を行っており、その時の塗膜もそろそろ劣化してきているのではないかとお考えになられたことで、…続きを読む
2022-11-22  立川市柴崎町で築24年になるスレート葺きの屋根を点検してほしいというご依頼を頂き、さっそく現地調査を行いました。これまで雨漏りが起きたことはないため、大きな屋根メンテナンスも行っていないとのことです。ただ、棟板金の錆が目立つことに気が付い…続きを読む

関連する施工事例一覧

関連するお客様の声一覧

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な、屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

屋根塗装・外壁塗装をご依頼いただいた杉並区のO様より、竣工後の感想を伺いました。

知って得する屋根工事の知識

点検・調査・お見積
りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-742へ。8時半から20時まで>受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。