ブログ

施工事例

お客様の声

お客様窓口のスタッフブログ

動画で確認!屋根工事

屋根トラブル110番

屋根の専門業者が教える屋根知識

ご連絡先はこちら

ボタン

日置市東いちき町で屋根補修工事を行ったK様の感想

屋根補修工事床補強の初回アンケート

日置市のお客様に工事前のアンケートに答えていただきました!

日置市 | 屋根補修工事床補強

お客様の写真

お客様の声スキャン画像

何がきっかけで弊社をお知りになりましたか?
ハウスメーカーの元営業さんから葉書をもらった事がきっかけ。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
不動産の知識、資格がある方で、これから色々と相談にのっていただきたいと思います。
実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたか?
不動産の知識、資格がある方で、これから色々と相談にのっていただきたいと思います。
弊社にお問い合わせになる前にどんなことで悩んでいましたか?
〇〇〇〇〇〇(建築をしたメーカー名)で15年前に施工したが、最近、色々なところに問題が起きてきて、業者さんを探していたところであった。
弊社を知りすぐにご連絡を頂けましたか?もしご決断されなかったとしたらどんなことがご不安でしたか?
以前の顔見知りの担当だったので、すぐに連絡をとった。
基礎内 床根太

お伺いしまして、まず行ったのが床の上で跳ねてみることでした。

築15年のお宅でしたが全くの損傷はない状況でした。

次に基礎の下へ入らせて頂きました。このお宅は2×4工法でしたので、床の支えは「床根太」と呼ばれるもので施工されており、束はいらない工法でした。(見えている木全体が床根太ですが、分かりやすように緑線で囲いました)

ですので、今回の補強は新たに鋼製束(鋼製で出来た、床の大引きといわれる在来工法で使用される床材を支える束のことです)を施工することになりました。(現場前写真が無くてすみません。。)

外の明かりが見えていますね。基礎内の空気の流れを良くするために約20年ほど前から使われている施工方法です。
こちらのお宅も基礎下がとてもきれいな状態だったので、良い工法だと思います。

鋼製束の写真です。

基本的に在来工法住宅の床支えに使われています。
2×4工法でも使用している所もありますが、価格を押さえたい施工の場合に利用されております。

基礎パッキン

こちらが基礎パッキンです。

ゴム製であり、経年変化や家の荷重に対して優れた性能があると言われています。
昔の基礎内の通気は基礎自体に穴をあける方法が主流でしたが、この製品が住宅金融公庫によって基準化され始めたので大きく普及をされました。


この工事に関するお問い合わせ:0120-038-166


(一部写真は城東テクノより参照)

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

屋根塗装・外壁塗装をご依頼いただいた杉並区のO様より、竣工後の感想を伺いました。

知って得する屋根工事の知識

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-742へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。