ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん東東京

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん東京大田

〒145-0071
東京都大田区田園調布1-5-5 1F

会社概要はこちら

ボタン

大田区|セメント瓦からコロニアルへの屋根葺き替え工事で雨漏り改善

大田区 雨漏り修理 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
東京都大田区のK様より、ご自宅の雨漏り補修についてご相談を頂きました。 雨漏り発生からしばらく時間が経過しているようですので、下地も腐食している事が考えられます。 その際には表面の補修工事を行ったとしても、下地の不具合で状態が改善されないことがありますので、まずは雨漏りの原因特定・どの範囲で補修工事を行う必要があるのかを確認させていただきました。

ビフォーアフター

施工前

屋根からの雨漏り

施工後

コロニアルへの屋根葺き替え工事

基本情報

  • 使用材料KMEW コロニアルクァッド(ネオブラック)
 

【雨漏りの状況確認】

室内への雨漏り 室内への雨水浸入

室内の天井から、雨水がポタポタと落ちてくることが確認されています。天井材を見上げると、雨漏りが発生してからずいぶん経過しているのか、既に変色や天井材が剥がれてしまっていました。

以前より多くの雨水が入り込み、生活に支障が出てきたため、屋根の補修工事を検討せざるを得ないという状況です。

・雨漏りによるお住まいへの影響

雨漏りが発生したにも関わらず、また確認できなくなった場合「止まった!」と安心される方が見受けられます。

一度発生すると改善することはなく、着々と住宅を傷めてしまうのが雨漏りです。

全く雨が入ってきていない場合は別の場所に雨水が流れている可能性がありますので、点検を行う必要があります。

雨漏りは室内に雨水が入り込むので、バケツを置けば良いという問題ではありません。

電化製品を壊すこともあり、内装材を腐食させてしまいます。雨水が長期的に浸入していると、カビも発生させ健康にも被害を及ぼします。

特に、喘息の方やアレルギー体質の方がいる場合は要注意です。

更に酷い状態は「シロアリ」です。シロアリは湿った木材が大好物の為、雨漏りが白蟻の誘因を引き起こします。

すると腐食した部分の被害に収まらず、住宅構造に大きな問題を起こす可能性がありますので、雨漏りを早めに改善し、内装の補修工事に取り掛かることが非常に重要です。

セメント瓦の点検 セメント瓦のズレ

屋根からの雨漏りですので、早速状態を確認していきましょう。

屋根材は既に生産されていないセメント瓦です。在庫が無い限りは瓦の差し替えも出来ないため、多くが葺き替え工事となります。

防水紙の葺き直し工事でも、雨漏りを改善することは出来ますが、屋根材も既に劣化しているお住まいが多く見受けられますので、せっかくでしたら葺き替えで新たな屋根材に変更していきましょう。

築年数が大分経過している屋根です。近年の屋根材内部は【防水紙】と呼ばれるシートで雨水の浸入を防いでいますが、以前の屋根材は、葺き土と呼ばれた施工や、アスファルトが施工されていたと言われています。

屋根材を剥がしシートでない場合は、施工されてからかなりの時間が経過していますので、屋根補修工事を検討していきましょう。

瓦のズレ

瓦の並びが酷くずれていました。瓦の多くは差し替え等を容易にするために、固定を頑丈にしているわけではなく、瓦をひっかける程度で成り立っています。

その為ずれるのは仕方のない事ですが、直してもすぐにずれる場合は、瓦がぶつかり角が取れたためにずれやすくなってしまいます。

瓦の固定工事はございますが、内部の劣化状態と相談しながら施工するのかを決めていきましょう。

トタン屋根の剥がれ コロニアルクァッド

下屋の屋根材はトタンです。既に屋根材が剥がれて隙間を作っていますので、雨漏りを起こしても仕方がありません。

固定が甘くなることで、台風等の強風で飛散する恐れがあります。早急に補修していきましょう。

【工事のご提案】

セメント瓦は重量がある為、住宅に大きな負担をかけ続けています。今回は下地の補修を行ったうえで、軽量なスレート屋根材「コロニアルクァッド」で葺き替えを行います。

下屋の既存トタンは既に錆が発生していましたので、新たにトタンで葺き替えていきます。

【屋根葺き替え工事】

屋根葺き替え工事

葺き替え工事は、屋根材の変更を指します。既存屋根材を全て剥がすことによって下地の状態を確認することが出来ますので、下地補修を行うには最適のタイミングです。

みると既に表面も非常に傷み、雨水が浸入していた場所は、湿ったように変色してしまっています。

この状態で屋根材を葺いたとしても、形状を維持するには非常に難しいです。傷んだ部分はまとめて補修を行っていきます。

野地板張替 ルーフィング

既存下地を全て撤去し、野地板を張り付けていきます。野地板は9㎜~15㎜と厚みがございますが、厚みが増すごとに重量は増します。そして強度は増します。

太陽光パネルの設置基準に野地板の厚みが関わることもございますので、将来的にどのように屋根を活用していくかも頭にいれておきましょう。

野地板張り後はルーフィングシート(防水紙)の施工です。このシートが雨水を完全にブロックし、雨漏りを防いでいます。

施工は軒先(屋根先端)の方から張り、棟(頂点)に向かって重ねていきます。

逆側に重ねると重なり部分から雨水が入り込み、雨漏りを起こす原因になってしまいます。

屋根工事は施工中見る機会が無いと思いますが、どのような施工をしているのか、施工中写真を保管するようにしましょう。

スレート張替 雪止め設置

コロニアルは1枚ずつ釘止めがされていますので、割れることが無い限り、ズレは起きません。

また1枚当たり3.4kgと、セメント瓦(4.5kg~5kg)よりも軽量な屋根に仕上げることが出来ます。

10年程度で塗膜が劣化しますのでメンテナンスは必要ですが、安価な屋根材ですので近年多く使用されています。

雪止め金具は「先付け」と「後付け」の2種類に分かれていますが、可能な場合は先付けを行いましょう。

後付けがひっかけるだけの施工に対し、先付けは釘止めの為、外れるリスクは抑えられます。

貫板設置 コーキング充填

棟の頂点はコロニアルで施工できないため、板金で覆います。板金の下地、貫板を取り付け、板金で覆い雨水の接触を防ぎます。

棟板金の継ぎ目にはシーリングを充填させ、可能な限り水の入り口をふさいでいきます。

棟板金設置

板金の設置は釘やビスを使用しますが、ビスは揉み込むことで抜けにくく施工できます。

真上から固定すると、その固定穴から雨水が入り込むことが考えられます。脳天打ちと呼ばれますが、非常に危ない施工方法です。

必ず板金の横で固定している事を、施工店に確認させてもらいましょう。

波板撤去 下地の確認

下屋の葺き替え工事です。亜鉛めっき鋼板は、鉄よりも腐食しやすく、亜鉛が優先的に腐食し鉄を守る効果(犠牲防食)を持っています。

メンテナンスを行わなければ錆の進行・から腐食による穴あきを起こしてしまいますので、塗装保護が必須です。

今回は、亜鉛鉄板よりも更に高耐久の錆びにくい「ガルバリウム鋼板」を使用します。

トタン張替

大屋根と同様に下地補修・ルーフィングを葺き、屋根材の取付です。

同じ青色を使用しても、経年劣化した色と大違いです。鮮やかで綺麗な表面のトタン屋根の葺き替え工事が完了しました。

雨樋交換工事 雨樋取り換え工事

屋根補修工事に合わせ、雨樋の交換工事を行いました。鼻隠しの腐食確認を行い、受け金具を固定し、雨樋を取り付け直していきます。

雨樋は、雨水の流れを決める部位でもありますので、住宅全体の劣化に関係していることもあります。

破損した・歪んだままの状態を放置することの無いように、自然災害による破損は火災保険や共済を使用していきましょう。

【工事を終えて】

雨漏りの原因となっていたセメント瓦の葺き替え工事を行ったことで、雨水の浸入を止めることが出来ました。

長年の悩みだった雨漏りも止まり、お客様も大変満足されていらっしゃいました。

外装のリフォームを行う事で、内装の補修工事にも取り掛かることも出来ます。

雨漏りの規模に関わらず、漏水を確認できた場合には、まずどの補修工事よりも早く補修に取り掛かりましょう。

原因が分からない・補修費用が気になる・雨漏りの被害箇所全体の補修相談等、気になっている事がございましたらお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。

点検・見積もり作成は無料にて承っております。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料