台風15号で建物にダメージを受けた方へ

台風15号で建物にダメージを受けた方へ

ボタン

形状別・屋根材別、様々な屋根の面積の求め方

形状別・屋根材別、様々な屋根の面積の求め方

屋根の面積を求める方法

様々な屋根の面積の求め方

 屋根工事をしようと考えた時に気になるのは工事にかかる費用だと思います。諸経費等は施工店によって異なりますが、変わらないのはご自宅の屋根の面積。

 お見積りを依頼した施工店によって屋根の面積が大きく変わっていると、実際どのくらいの面積があるのか、本当にこの位の費用がかかるのか、疑問でいっぱいになってしまいますよね。 だからと言ってどこの施工店が正しい面積で算出したのか見当がつきません。 また、雨漏りや破損で急な補修工事に迫られた場合、流れで工事をお願いしたが本当に適正な費用だったのか?と後で後悔しないように、大まかにでも屋根面積を把握しておくとスムーズに補修工事が行えると思います。 では実際どのように屋根の面積を求めるのか、いろいろなパターンで紹介していきます。

大まかに屋根の面積を把握しておけばスムーズに補修工事が行えます

 外壁などとは違い、勾配が付いていたり、屋根材に凹凸があったりして、どうしても正確な面積が分かりづらいものです。さまざまな形状や材質な屋根を大まかに面積を推測する方法から、正確に計算する方法までをご紹介します。小学校の頃に算数で習った三角形の面積の求め方、中学校の頃に数学で習った三平方の定理なども出てきます。

[1] 住宅の図面が無い場合

 図面が無い場合、あくまで目安になりますが大雑把な面積を求めることが出来ます。

緩勾配の屋根面積

急勾配の屋根面積

 急勾配か緩勾配かで係数が変わりますが、図面が無い場合は勾配すらも分からない状態かと思いますので、ご自身で見た時に「ウチの屋根急かも…」といった印象で問題ありませんし、お隣の住宅と比較してみても良いかもしれませんね。

瓦の使用枚数が分かる場合

 瓦は一坪(約3.3㎡)に53枚使われています。瓦の全枚数を53(枚)で割り3.3(㎡)をかけると面積が分かります。 これは一般的な和型の瓦の場合です。セメント瓦(平瓦)は1枚が大きい為、一坪に40枚使用しています。

市坪あたりの瓦の枚数は53枚

例) 横方向に40枚、棟まで25枚 和瓦を使用している切妻屋根


 40×25=1000(枚) 1000÷53….18.9(坪) 18.9(坪)×3.3(㎡)=62.37(㎡)が片面になりますので2倍の124.74㎡が屋根の面積です。

[2] 住宅の図面をお持ちの場合

 使用する図面は平面図・立面図どちらでもあれば大丈夫です。図面がたくさんあるけれど、どれが平面図でどれが立面図かが分からないという方!簡単にご説明いたします。

平面図のイメージ[平面図] 上から建物を見ているもので間取りが分かるような図面
立面図のイメージ[立面図] 建物を四方から見ているもので建物の外観そのままの図面

 この2つの図面に書いている4/10のような数字が後々必要になってきますのでチェックをしておきましょう。

平面図から求める場合

屋根面積を求める式

面図で見た場合「床の面積+軒の出」の部分が屋根の面積(屋根投影平面積)です。 軒の出は住宅それぞれの形状に合わせて長さが違い、軒の出がない住宅も最近増えてきているので一概には言えませんが、外壁から外側に出ている部分のことです。

勾配による高さの違い

 三角スケールで当ててみて長さを測ってみると方角によっても幅が違ったりしますので、1面ずつ長さと幅で面積を求めてください。床と軒を足した面積が屋根の面積です。 しかしこの面積だと屋根が平面になってしまうのはわかりますよね。屋根には一定の傾斜(勾配)があり、勾配を知るために図面には4/10や6.5/10と書いているんです。 10mに対して4m、6.5mの勾配が付いているという表記で4寸、6寸5分とも言います。

勾配と屋根の面積が分かれば正確に屋根面積を出すことが出来ます。 ではこの勾配、どのように使うかというと、インターネットで「勾配伸び率」と検索すれば一番に出てくる表を使えば簡単です。

屋根面積を求める式

 勾配伸び率の「水平長さに対して」、という列の数値は、平面と比べて実際はこれ程長くなっていますよと表しています。 この勾配伸び率を屋根面積にかけることで正確な屋根面積が出ます。平面図の場合、下屋の見落としが無いように確認していきましょう。

例) 50㎡ 6寸(6/10)の場合


50×1.118=55.9(㎡) この6㎡弱、数字で見れば小さな誤差ですが、 屋根塗装で考えた場合、 \3,720(日本ペイントサーモアイSi材工単価)×6㎡=\22,320 屋根カバーで考えた場合 \8,000(大体)×6㎡=\48,000 と単純な価格だけでも大きく違いが出てきます。この費用に更に諸経費や消費税が加えられるので価格差は更に広がります。

立面図から求める場合

 図面を行き来するような形になりますが、別方向の2面の立面図と三角スケールがあれば可能です。まず一面で水平に伸びている軒の長さを測ります。

正面から見た立面図
横から見た立面図

立面図の縮尺、倍率に注意してください。高い確率で1/100ですが、1/50や他の場合もあります。軒を測った面で斜面の長さを測っても、平面で屋根を捉えてしまっています。

別の方向から正しい斜面(棟)の長さを測れば面積を求めることが出来ます。 ●三角形 ⇒ 軒×斜面÷2 ●台形 ⇒ (軒+頂点の棟の長さ)×斜面÷2

では良く見られる屋根の形状で実際に面積を出してみましょう。

切妻屋根
切妻屋根

棟が1本、2面の屋根材から出来ている一般的な屋根です。この場合、棟と斜面の長さが分かれば立面図の方が計算しやすいかもしれません。

寄棟屋根
寄棟屋根

代表的な屋根第2位です。屋根面が4面、水平な棟が1本、隅に伸びている棟が4本の造りです。 平面図から勾配伸び率で出しても良いです。。 他にも屋根の形状が多々ありますが、例えば入母屋屋根。昔の日本建築、由緒ある建物の屋根ですが、下が寄棟・上が切妻の組み合わせになります。

切妻屋根と寄棟屋根の組み合わせで大半の屋根の面積は求めることが出来ます。屋根形状を複雑に見せている鳩小屋(ドーマー)も切妻屋根ですので、区別していくとそれ程難しいものではありません。

施工面積通りにはいきません

 ここまでの面積は屋根自体の面積です。言ってしまえば施工する面積です。しかし塗装となると施工面積通りにはいきません。 なぜか、瓦屋根とスレート屋根は塗る面積が一緒か、答えはNOです。材質によって表面積は全く違ってきます。  例えば和瓦、一般的な瓦の形状はゆったりとした波型を描いています。その分だけ、表面積は増えて約1.08倍大きくなります。 金属縦葺屋根の瓦棒、住宅でも多く使われていますが、溝板分約1.24倍大きくなります。

表面に凹凸があると面積を求めにくい

 ※形状が違えば係数は製品ごとに変わってしまいますので一概にこの係数とも言い切れません。

勾配による高さの違い

 一般的に正面から見た場合、そのまま縦×横で表面が平らという前提の下に出されるのが投影面積。例えば、車などを正面から見据えるとフロントウィンドウの投影面積は少ないが、実際には垂直ではなく、斜めの斜辺なのでその実際の面積は大きくなる。

折半屋根の正確な面積の求め方

 折半屋根、あまり馴染みのない名称だとは思いますが、結構、身近な存在です。素材でいうと金属で、形状でいうと平面の上に台形が規則正しく並んだような屋根です。

 工場や倉庫、大規模な自転車置き場などに用いられています。ご自宅のガレージや倉庫が折半屋根という方も多いでしょう。この台形が連続している形状の屋根、係数として1.7が使われる場合もあれば、1.4が使われることもあります。  業者によって使う数字がまちまちなので、数社からお見積もりを取ると「どこを信用したらいいのか」、「この業者は悪徳業者」ではないのかということになります。業者に悪気はないのですが、こういったこともリフォーム業界への不信感に繋がっているのは間違いありません。

市坪あたりの瓦の枚数は53枚

 折半屋根の屋根塗装をする場合はその面積を正確に算出しなければなりません。 いい加減な積算をすると、塗料が足りなくなって途中で追加発注せねばならず工期が延びてしまったり、塗料が余ったりして無駄になってしまうことがあるからです。

三平方の定理

 例としてヨドコウの「ヨドルーフ88」で計算してみます。 台形の斜辺部分の長さは三平方の定理を使って算出します。「直角三角形において直角を形成する辺aと辺b、それぞれの二乗の和と斜辺cの二乗は等しい」というのが三平方の定理です。

 言葉にするとよく分からないので図を載せておきます。 「そういえば昔、学校で習った」と思いだした方も多いのではないでしょうか。中学校の数学で教えられたものです。それでは計算していきます。

(1)台形の上底と下底を算出する

 ヨドルーフ88は1枚が3つの台形と平らな部分で形成されています。 台形の下底は35mm、上底は200mmから35mmを引いて求めると165mmになります。

200-35=165

折半屋根の寸法

(2)台形を三角形にする

上底と下底から上底35mmを引いて三角形にします。 [上底] 165-35=130 [下底] 35-35=0
 これで底辺が130 mmの二等辺三角形ができました。ちょっと分かりにくいのでひっくり返して頂角が上方にくる二等辺三角形にします。

上下に35mm引いて三角形にする

(3)二等辺三角形を頂角と中心として垂直方向の線対称に分割、直角三角形を作る

 上の説明では分かりにくいと思うので、図を見てください。 これで対辺65mm、隣辺88mm、高さ88mmの直角三角形ができました。

三角形を分割し直角三角形にする

(4)斜辺の長さを計算する

 ここで三平方の定理の出番です。
65の二乗+88の二乗=11969
√11969≒109
これで 斜辺の長さが約109mmだということが分かりました。

三平方の定理で辺の長さを求める

(5) 平らな部分を含めた一山(一谷)分の長さを算出する

ヨドルーフ88のこれまで分かっている数値を整理しましょう。

折半屋根の寸法2

一谷分の長さ


一谷分の長さ=谷の平らな部分35 mm+谷の斜辺の長さ約109mm×2+高い部分の長さ17.5mm×2

(6) ヨドルーフ88の横の長さを算出する

一谷分の長さは288mmとなります。先程の1.4という数値の近似値になりました。これで後は谷(山)の数を数えて、それに凸凹に対して平行の長さをかければ折半屋根の表面積となります。 谷(山)の数を数えるのが面倒な場合は凸凹に対して垂直の長さを測り、一谷の幅200mmで割れば、谷の数も分かるので面積を求めることが可能です。

 仮に凸凹に対して垂直の長さが10mだった場合 10m×1000=10000mm 10000÷200×288=14400

折半屋根凹凸1つ辺り288mm

 メーカーや製品によって高さや一山(一谷)分の長さは違いますが、どんな折半屋根でもこの方法で面積を出すことが可能です。 正確な面積が分かれば、業者の言っていることやお見積もりが正しいかどうかも判断できますよね。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742