雨漏り必ず止めます

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

ボタン

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。
 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。
 素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。

防水紙でも雨漏りを防いでいるのです

屋根の勾配とデザイン

屋根の勾配が緩やかだと雨漏りの危険性が高まる

普段はあまり気にされることはないでしょうが、屋根はその勾配と屋根材によって様々な制約を受けます。

雨漏りのリスクが低減

一般的に勾配がきついほど水切れがよく、雨漏りリスクが低減します。

雨漏りの危険性が高まる

逆にゆるやかだと雨水が流れにくいので、雨漏りの危険性が高まります。

雨漏りのリスクが低減

一般的に勾配がきついほど水切れがよく、雨漏りリスクが低減します。

雨漏りの危険性が高まる

逆にゆるやかだと雨水が流れにくいので、雨漏りの危険性が高まります。

各屋根材は勾配に対する許容値が細かく定められている

急勾配の瓦屋根

 各屋根材は勾配に対する許容値が細かく定められています。
 例えば、急勾配の屋根に瓦を葺いたところを想像してみてください。瓦は重いので外れて落ちてきそうです。
 ゆるやかな場合も水切れの観点から使える屋根材が限られてきます。
 ゆるやかな勾配には防水性の高い金属屋根が使われていることがほとんどです。金属の屋根材は防水性が高い、軽い、加工しやすいことから万能ということもできるでしょう。

軒天が外壁の寿命を決める?

屋根の軒天は広いほうが外壁を長持ちさせる

ほとんどのお住まいでは外壁から張り出している屋根部分があります。この天井部分は軒天と呼ばれており、張り出している部分が狭いお住まいと広いお住まいがあります。この張り出している部分も屋根の形状や素材によってある程度決まっているのですが、広いほうが外壁の寿命を長くできそうです。

外壁の寿命を長くできる

広い場合、外壁に日が当たりにくくなりますし、雨のかかる面積も少なくなります。

外壁の劣化が早まる

狭い場合はその逆になりますので、劣化のスピードが早まります。ただし、広いとそれだけ重量が嵩んでしまうので、耐震性については難点となります。

外壁の寿命を長くできる

広い場合、外壁に日が当たりにくくなりますし、雨のかかる面積も少なくなります。

外壁の劣化が早まる

狭い場合はその逆になりますので、劣化のスピードが早まります。ただし、広いとそれだけ重量が嵩んでしまうので、耐震性については難点となります。

屋根に合った雨樋を

屋根の形状よって1方向に流れる雨水の量が違う

切り妻と寄棟を想像してください。屋根の総面積が同じだとして、雨が降っているとします。より大きな雨樋が必要なのはどちらでしょうか?

屋根の形状 [ 寄棟 ] 屋根の形状 [ 切り妻 ]

答えは切り妻となります。
 切り妻は屋根が2面、寄棟は4面です。同じ雨量を2面で受ける場合、4面で受ける場合に較べて排水性能の高い雨樋(大き目)が必要になります。同じ理由で片流れの場合はもっと大きなものが必要となります。

屋根を上から見たときの雨水の流れ 観光や旅行が楽しくなる! 屋根知識

銅葺きの屋根

銅葺きの屋根
 葺いたばかりは赤金(あかがね)と呼ばれる金属独特の光沢(ピカピカの10円硬貨を想像してください)を放ち、年月を減ると美しい緑青に変化する。神社・仏閣の屋根に多く、耐用年数もかなり長い。個人宅に用いられることもある。

茅葺きの屋根

茅葺きの屋根
 熟年層にとっては懐かしくも馴染みが深い屋根ではないだろうか。昭和中期までの農村でよく見られたが、実は日本固有のものではなく、世界中に分布している。用いられる材料によって、藁葺(わらぶき)・草葺(くさぶき)と区別されることもある。世界遺産の白川合掌号が有名。

天然スレートの屋根

天然スレートの屋根
 何億年も経た堆積岩の一種(粘板岩)を切り出したもの。ヨーロッパに多く見られ、東京駅の丸の内駅舎にも用いられていることが知られている。宮城県石巻市とその周辺は天然スレートの産地で、かつては数多くの家屋が見られたが、残念なことに東日本大震災による津波で多くが流失してしまった。

板葺きの屋根

板葺きの屋根
 板を屋根材として使用している。用いられる板の厚みにより、杮葺(こけらぶき)、木賊葺(とくさぶき)、栩葺(とちぶき)に分類される。厚い木片を互い違いに重ねた板屋根は大和葺(やまとぶき)と呼ばれ、法隆寺金堂の裳階だけに見られる。

檜皮葺の屋根

檜皮葺の屋根
 ヒノキの立ち木から皮を向いて剥がし、成型したもので葺いた屋根。ヒノキを伐採せずに表皮だけを採取するので環境にやさしい。出雲大社本殿や清水寺など歴史のある神社・仏閣で見ることができる。近年では2010年に建設された和歌山電鐵貴志川線貴志駅の駅舎「たまミュージアム貴志駅」に檜皮葺が採用された。

チタン瓦葺きの屋根

チタン瓦葺きの屋根
 歴史的・文化的建造物を改修する際、耐震性と観光客への安全面を考えて採用されることがある。浅草寺の宝蔵門と本堂が有名。元の材料と同じものを使用しないと歴史的・文化的な意義が失われてしまう恐れがあるため、その是非が議論されている。

3Dプリンタで作られた屋根

3Dプリンタで作られた屋根~これから先の話~
  PCで屋根材をスキャンし、3Dプリンタで出力すれば、ほぼ同じものが出来上がる。この屋根材で葺かれた屋根。歴史的・文化的建造物を未来に残すため、それらの建材をスキャンし、データ化しておくことは有効だと思われる。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742