お電話でのお問い合わせ
メールでのお問い合わせ

ホーム > 屋根葺き替えと屋根カバー工法、お得なのはどっち?

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん
本社連絡先

〒299-0261
千葉県袖ヶ浦市福王台
2-21-10 セントラルビル1F

お客様窓口

0120-989-742

代表電話

0438-60-7773

FAX

0438-60-7774

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

ボタン

屋根葺き替えと屋根カバー工法、お得なのはどっち?

屋根葺き替えと屋根カバー工法、お得なのはどっち?

 屋根リフォームでご自宅の屋根を新しくする際、「屋根葺き替えにした方がいいのか、それとも屋根カバー工法にすべきなのか」、お悩みの方も多いのではないでしょうか。どちらも屋根が綺麗に新しくはなりますが、工法や工程は大きく異なります。

屋根葺き替えと屋根カバー工法の違い

屋根葺き替えとは

 これまでの屋根を解体し、完全に撤去した上で新しい屋根へ葺き替える。

現在の屋根を撤去して新しい屋根に葺き替える工事

屋根カバー工法とは

 これまでの屋根を解体せず、残したまま、その上から新しい屋根を被せて新しい屋根にする。新しく被せる屋根材にはガルバリウム鋼板のものを使用することがほとんど。

現在の屋根は撤去せず新しい屋根で覆う工事

屋根葺き替えと屋根カバー工法にはそれぞれメリットとデメリットがあります

 屋根葺き替えは新しい屋根をゼロから造るようなイメージになります。それに対し、屋根カバー工法はこれまでの屋根の上に屋根を被せるのですから、ゼロから屋根を造るわけではありません。
 したがって、工期も短く、費用も安いのが屋根カバー工法ですが、価格だけで決めてしまうのはいただけません。大事なお家のことですから、メリットとデメリットを知り、熟考した上で決めましょう。

 屋根葺き替えを検討している方も、屋根カバー工法を考えている方も、それぞれの長所と短所を知り尽くしてから工事をご依頼しても遅くはないのです。

屋根葺き替えと屋根カバー工法のメリット、デメリット

屋根葺き替えのメリット、デメリット

屋根葺き替えメリット

表面の屋根材を全部解体・撤去するので、必要であれば、防水紙の下の野地板なども修繕可能
屋根自体を刷新するので、次のメンテナンスまでかなりの時間が取れる
これまでの屋根材と違うものを使えば、お家も大きくイメージチェンジ可能
これまでよりも軽い屋根材にすれば、地震に強いお家にすることも可能

屋根葺き替えデメリット

大規模な屋根リフォームなので、かなりの費用が必要。
解体と撤去など工程も多いので、必然的に工期も長期化する。
これまでの屋根材が不要になるため、産業廃棄物となる。アスベストを含む屋根材、スレート(コロニアル・カラーベスト)などは処分費が高額。
工事中、埃の出る量が多い。

屋根カバー工法のメリット、デメリット

屋根カバー工法のメリット

棟板金や雪止めなど解体・撤去する部分が限定的。
廃材がほぼ発生しないので、廃材処理費も小額。る
そのため、工程も少なく、工期も短くなる。
工事中も普段と同じように生活することが可能。
屋根が二重になるので断熱性と遮音性が高まる。
廃材がほぼ発生しないので、環境に優しい。

屋根葺き替えデメリット

瓦屋根への施工が難しい。
太陽光発電のソーラーパネルなどの設置が難しくなる。
ちょっとだけ屋根の重量が増える。
屋根の傷み具合によっては施工不可。
選択できる屋根材が限定される
 (金属・アスファルトシングル・ハイブリッド瓦)

瓦屋根への屋根カバー工法は現実的とは言えない

 屋根葺き替えと屋根カバー工法の長所と短所で最初に知っておかなければならないのが、瓦屋根に屋根カバー工法を行うのはほぼ不可能というこです(できないことはないが現実的ではない)。瓦屋根を大きく刷新する場合、選択肢は屋根葺き替えか屋根葺き直しになります。
 また、屋根カバー工法は屋根の傷み具合によっては施工不可能です。下地の傷みが激しい場合はそこを補修してから、屋根葺き替えを行うことをお勧めします。

●屋根葺き替えは施工する屋根を選ばない●屋根カバー工法は瓦屋根を除くほぼ全ての屋根、スレート屋根・金属・アスファルトシングルに施工できる

これまでの屋根材によっては
屋根葺き替えでも使用できる屋根材が限られます

これまでの屋根材によっては屋根葺き替えでも使用できる屋根材が限られます

住まいは屋根の重さに応じて設計しており、現在より重い屋根はお勧めできません

 「新築時はスレート(カラーベスト・コロニアル)屋根を選んだけど、瓦屋根にも興味が出てきた。屋根葺き替えで瓦屋根にしよう」と計画している方もおられると思います。
 残念ですが、スレート屋根を瓦屋根に変更するのはやめておいた方がいいでしょう。
 建物というのは外壁材や屋根材の重さに応じて、それらを支えられるよう柱や耐力壁の数が定められています。瓦屋根の建物は瓦の重量に耐えられるように造られています。スレート屋根の建物も同様で、スレートの重量に耐えられるように造られています。

 スレート屋根の建物で瓦の重量に耐えられるように造られていることはまずありません。柱や耐力壁を増やすとそれだけコストがかかりますし、今より重い屋根材に葺き替えることを想定していないからです。もちろん、スレートから瓦に葺き替えても、それだけでお家が潰れてしまうことはありませんが、大きな地震の時にはどうなるか分かりません。
 一見、自由に屋根材を選べるように見える屋根葺き替えですが、屋根材の種類によってはその選択肢は限られてきます。基本的これまでより重い屋根材に葺き替えてはならないのです。

●屋根葺き替えといっても自由に屋根材を選べない屋根も存在する●耐震性のことを考えると、これまでより重い屋根材にするはNG

どの屋根材なら葺き替え可能!?

これまでの屋根材とこれからの屋根材、葺き替え対応表

現在、瓦屋根の場合 ⇒ どの屋根材にも葺き替え可能!

※お勧めは耐震性がアップするこれまでよりも軽い屋根材です

新たに葺き替える屋根材

現在、スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根の場合
  ⇒ 瓦以外なら葺き替え可能

※お勧めは耐震性がアップするこれまでよりも軽いアスファルトシングルか金属屋根材です

新たに葺き替える屋根材

現在、アスファルトシングルの場合
 ⇒ アスファルトシングルと金属への葺き替え可能

※お勧めは耐震性がアップするこれまでよりも軽い金属屋根材です

新たに葺き替える屋根材

現在、金属屋根の場合 ⇒ 金属のみ葺き替え可能

新たに葺き替える屋根材 ●新しく屋根を葺き替える場合、お薦めの屋根材は耐震性がアップするこれまでよりも軽い屋根材です

各屋根材の重さを比較(1㎡あたりの重さ)

各屋根材の重さを比較(1㎡あたりの重さ)

屋根カバー工法で屋根の重量はどれだけ増える?

 屋根葺き替えではこれまでより重い屋根材を使うことは不可能でしたが、屋根の上に屋根を被せる屋根カバー工法では重量が増すことは避けられません。スレート屋根に屋根カバー工事をした場合、重量増はどの程度になるのでしょうか。

屋根カバー工法で屋根の重量はどれだけ増える?

 重ね葺きによる重量増は1㎡あたり約6kgという結果になりました。1c㎡あたりですと僅か0.6gです。これだと、さほど気になる重さではありませんよね。これまでの屋根と合わせた重さは1㎡あたり23~26.5kgになります。通常の瓦屋根の場合、1㎡あたり約50~60kgですから、屋根カバー工事をしたとしても重さは半分以下なのです。

●屋根カバー工法での重量増は1㎡あたり6kg程度(1c㎡あたり0.6g!)

屋根の重量増による耐震性への影響について気になる方へ

簡単な方法で耐震性をアップできます

 前述のように耐震性に大きく影響するのが屋根の重さです。
 屋根カバー工法による重量増は1c㎡あたり0.6g。これだとほぼ問題く感じますが、1㎡あたりでは約6kgです。1㎡あたりにしてもピンと来ませんよね。「屋根がこれまでより30%重くなります」だったらどうでしょうか。こちらの場合、影響が大きく感じられないでしょうか。
 現在、多数の建材メーカーは屋根カバー工法が行われることを前提として屋根材を作っています。どうやら1㎡あたり約6kg程度の重量増は問題にならないようです。どうしても気になる方は屋根葺き替えという選択肢もあります。

屋根カバー工法では屋根の重量が30%増えます

重量物の位置による地震の揺れの違い

 実はご自分でも簡単に耐震性をアップする方法があることをご存知でしょうか。
 お家が2階建て以上の場合、上層階にある重量物を1階へと移動するだけで耐震性はアップするのです。縦180cm・横90 cmの一般的な本棚に全て本を積めた場合、ざっと350kg程度になります。読書好きという方の中には本を満載した本棚を数個も並べている場合もあるでしょう。2個であれば700kgです。一般的な広さ、100㎡の瓦屋根の重さは約600kgです。本棚を2階以上に設置している場合、1階へ降ろせばそれだけでお家の重心位置が変わり、耐震性はアップします。屋根リフォームを検討している方も、いない方も重量物は1階へと移動させましょう。

●1㎡あたり約6kg増程度なら大丈夫重量物を1階へと降ろすだけで耐震性アップ

Q.屋根カバー工法は強風地域でも問題ありませんか?

 風の強い地域に住んでいます。屋根の上に屋根を被せる屋根カバーは台風などで、破損したり、飛散してしまう可能性はありませんか。

A.屋根材1枚1枚をしっかりとビス止めしています

屋根材1枚1枚をしっかりとビス止めしています

 屋根カバー工法の「カバー」という響きから屋根を被せただけというイメージを受けますが、一つ一つの屋根材をビスで固定しています。
 これまでの屋根の種類にもよりますか、同等かそれ以上の耐風性がありますので、ご安心ください。

Q.メーカーの保証期間以上の耐用年数があります。

 屋根葺き替えと較べると、工期も短く、お手軽という印象を受けます。耐用年数も短いように感じられます。長い間、安心して生活したいので、耐用年数の目安を教えてください。

A.屋根材1枚1枚をしっかりとビス止めしています

屋根材1枚1枚をしっかりとビス止めしています

 各メーカーによって違いはありますが、ガルバリウム鋼板やSGLを使った金属屋根材の保証期間は概ね15~20年程度です。環境や立地にもよりますが、これ以上の耐用年数があと考えていいでしょう。屋根塗装などのメンテナンスを行っていれば、さらに寿命を延ばすことも不可能ではありません。

Q.長期間、雨漏りしていたけど、屋根葺き替えはできますか?

 2階の1室が雨漏りしています。数年前からの雨漏りで、雨の度に漏水してくるわけでなく、病状が出たり・出なかったりなので、放っておきました。このところは雨の度に雨漏りするようになってきたので何とかしたいと考えています。このような状態でも屋根葺き替えは可能でしょうか

A.傷みのひどい部分はしっかりと補修してから屋根葺き替えいたします

傷みのひどい部分はしっかりと補修してから屋根葺き替えいたします

 まずは点検と調査を行い、「どの程度の工事になるか」、「どの程度の金額になるか」をお見積もりとともにお伝えします。
 屋根葺き替えは今までの屋根を全部解体・撤去してしまうので、傷みが酷い下地などもしっかりと補修することができます。傷みが酷かった場合、野地板などの下地部分の交換も可能です。

屋根リフォームに悩んだらご相談下さい!

 屋根葺き替えと屋根カバー工法、どちらにも長所と短所が存在します。どちらにするかお悩みの方は「現在のお家にこれから先、何年住む予定になっているか」で検討してみてはいかがでしょうか。それによってどちらを選択するかが決まるはずです。
 結論が出ない方、迷っている方は街の屋根やさんにご相談ください。お家や建物の状態と貴方とご家族のライフプランを考えた上で最適な屋根リフォームをご提案いたします。

屋根リフォームでお悩みの方は街の屋根やさんにご相談ください!

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

動画で確認!屋根工事

ブログ

施工事例

お客様の声

屋根の専門業者が教える
屋根知識

街の屋根やさんおすすめ屋根材

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料