ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん東東京

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん東京大田

〒145-0071
東京都大田区田園調布1-5-5 1F

会社概要はこちら

ボタン

板橋区|下葺きからの屋根葺き替え工事とトップライト板金カバー

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

板橋区 雨漏り修理 屋根葺き替え 天窓工事

【工事のきっかけ】
搭屋からの雨漏りに気づき、屋根工事のご依頼を頂いたのは東京都板橋区の現場です。 すでに既存の屋根材を剥がし、下地組みを行っていましたので、ここからは新築のような屋根葺き工事のみです。 少し複雑な形状ですので、再度雨漏りを起こすことが無いように施工させて頂きました。

ビフォーアフター

施工前

屋根葺き工事

施工後

瓦棒屋根葺き替え工事

基本情報

 

今回は、途中まで施工を行っていた現場です。もちろん工事の途中であっても弊社で工事を承ることは可能です。

その際は点検時に、補修前の状況や下地の状態をしっかりと確認させていただきます。

問題がないと判断した場合に、引き続き補修工事をさせて頂きますので、あらかじめご了承ください。

【点検時の状況】

板橋区現調 下地組み

点検時は雨水で傷まないように、しっかりと養生がされていました。剥がして確認をすると、ほとんど傾斜(勾配)がない屋根の下地です。

勾配が無い場合、使用する屋根材は自ずと決まります。

通常の屋根材は4寸程の勾配があり、瓦は4寸程度からの屋根しか使用することが出来ません。

これは排水機能の問題で、勾配に適していない屋根材を使用すると、雨漏りなどの問題を起こす為です。

屋根材が使用できるのは最低でも0.5寸以上、そして0.5寸程度のわずかな勾配には、立平葺きしか対応できません。

ちなみに勾配が無い場合は、陸屋根(ろくやね)と呼ばれ、ビルやマンション、一部住宅の屋上を指します。

この場合は、ウレタン塗膜やFRP等の防水工事を行いますので、仕上げの仕様自体が変わります。

シーリング施工済み トップライトに漏水

施工前の下地の状態です。既に合板も張られている為、下葺き材からの屋根葺き工事となります。

弊社ではあらかじめ寸法を確認し、必要部材の数量を確認させていただきます。

複雑な屋根の形状をしていますので、立ち上がり等の施工をしっかりと行い、雨水の浸入がないように確認を怠りません。

屋上にはトップライトの設置が確認できますが、窓内部に無数の水滴が確認できますね。

以前に雨漏りを起こしていたということで、その際に浸入した雨水が蒸発して窓に付着していると考えられます。

今回このトップライトは今後使用しないということで、撤去よりも簡単な板金カバー工事で覆い被せていきたいと思います。

【瓦棒屋根葺き工事】

防水紙敷きこみ 心木

早速天候が回復次第、屋根葺き工事を行っていきます。

【防水紙の役割】

まず第一に軒先から下葺き材、防水紙(ルーフィング)を敷きこんでいきます。

この下葺き材、ただの薄い紙のように見えますが、実は雨水の浸入を防ぐ最大の要です。

屋根材ももちろん大事ですが、屋根材が多くの雨水を凌ぐ一次防水、下葺き材が雨水を完全にブロックする二次防水の役割を持ちます。

防水紙が傷んで、めくれたり破れたりするとたちまち漏水が起きてしまいます。この防水紙が雨風や太陽光によって傷まないように保護をする為に、屋根材を設置する必要があるのです。

軒先から敷きこんでいくのは、雨水の流れをせき止めないためです。もし棟方面(勾配の高い方)から防水紙を敷きこんでしまうと、重ね部分から雨水が入り込み、傷んでいないにも関わらず雨漏りを起こしてしまうからです。

屋根材を重ね葺きしてしまうため、防水紙の状態は後から確認することが出来ません。

どのように工事を行っているのか、施工中の写真を撮って頂くと安心ですね!

瓦棒 立ち上がりの板金処理

防水紙敷きこみ後は、心木と呼ばれる木材を取り付けていきます。この心木に合わせて錆びにくいガルバリウム(GL)鋼板を葺いていくのは瓦棒屋根の特徴です。

瓦棒は立平葺き屋根で、トタンと呼ばれていた昔から人気の屋根材です。

シンプルなデザインの為どのような場所にも使用することが出来、雨水が入りにくい構造になっています。

心木に沿ってしっかりと取り付け、立ち上がりからの雨水浸入が起きないように、立ち上がりにまで伸ばして取り付けます。

瓦棒葺き 雨押え下地組み

鋼板取り付け後は、心木部分にコの字の鋼板を取り付けます。継ぎ目もない為、0.5寸の緩勾配屋根でもスムーズに雨水を流すことが出来ます。

心木の部分に全ての金属屋根が固定されている為、心木の腐食が瓦棒の弱点です。

もし心木が傷んでしまうと、固定していた釘も抜け、強風時等に鋼板が一気にめくれあがってしまいます。

その為、腐食しないようにしっかりと固定していくことが非常に重要です。

形状が違う場所には下地を組み、専用部材を取り付けていきます。

雪止め設置 瓦棒葺き完了

落雪時の対策として雪止めの設置、立ち上がり部分は板金でのカバー工事、細部にはコーキングでの防水処理を行い工事は完了です。

屋根の工事が終われば外壁の補修工事や内装工事も進めることが出来ますので、スムーズに工事が進み安心しました。

トップライトカバー

最後にトップライト部分に板金を被せ、錆びにくいステンレス(SUS)製ビスで固定し、工事は完了です。

【トップライトの今後の使用方法に合わせて】

トップライトは10年ごとのメンテナンス、20年程度で交換が必要とされています。

トップライト(天窓)を取り付けている一般住宅は増加していますが、今後のメンテナンス方法を知らずに、そのまま放置をしている方は多いのではないでしょうか?

何もしないままではコーキングの劣化や、下地の腐食により、いずれ雨漏りの原因となってしまいます。

そうならないために、今後の方針を決めていくことが重要になります。

交換をしトップライトを活用するのか、今後使用しない場合は、塞ぐか撤去工事などで、雨漏りのリスクを抑えていきましょう。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料