街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

漆喰は瓦屋根を守る大切な役割を持っています

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2016年11月20日

漆喰と聞くと建築業界では有名な言葉ですが、一般的にはあまり広く知られていない言葉かもしれません。
漆喰とは瓦や石材の接着や目地の充填、壁の上塗りなどに使われる消石灰を主成分とした建材になります。
パッと説明を文字であらわしてみると少しわかりにくいですね。

熊本城 内壁の漆喰

ここ最近で話題となったのは、先日の熊本地震で被災した熊本城の内部が一部公開されました。剥がれ落ちてしまった壁材が地震の凄惨さを物語っていました。
熊本城の内壁に使われていた建材が漆喰となります。現代でも自然素材を売りにした住宅では内壁材に漆喰が使われる場合があります。
壁材としての歴史は5000年以上におよび、世界遺産や国宝の建築物にも多く使用されているものになります。

それでは、屋根の場合はどこに漆喰が使われているのでしょうか?
主に、瓦屋根の棟瓦の固定や接着に使用されています。瓦屋根は粘土瓦(釉薬瓦・いぶし瓦・素焼き瓦)など耐久性の高い瓦であれば瓦の寿命は40年~50年の間メンテナンスフリーと言われています。
しかし、漆喰に関しては10年に一度ほどの周期でメンテナンスをしなければならないとされています。
漆喰が劣化してしまうと、瓦の固定力が弱まります。
固定力が弱まると、強風時や地震の際に棟瓦が倒壊してしまったり、雨漏りの原因にもつながります。
漆喰の劣化は瓦屋根にとって見逃せないメンテナンスポイントとなりますので、しっかりとメンテナンスを行った方が良いでしょう。

漆喰の剥がれ 漆喰の剥がれ 屋根の上

漆喰の劣化はお住まいの中でも、なかなか気が付きにくい部分になります。
屋根の上は普段目にすることが無い分、劣化に気が付きにくく、気がついたら雨漏りが始まってしまったといったケースも珍しくはありません。
瓦屋根の場合でも10年に一度の点検は必要だと言えるでしょう。

さて、そんな漆喰のメンテナンス方法ですが大きく分けると2つに分類が出来ます。
比較的軽微な漆喰のメンテナンス方法としては【漆喰の詰め直し工事】、剥がれや劣化がひどいものに関しては【棟瓦取り直し工事】などがあげられます。
詳しくは下記のページでご紹介しておりますので、ご参考にしてください。
漆喰工事
当店では瓦屋根の漆喰工事も承っておりますので、お気軽に0120-989-936までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2017/05/14  ベランダから発生した雨漏りの事例を集めてみました。

   意外にも多いベランダ、バルコニーからの雨漏り。原因は多岐にわたりますが、ベランダやバルコニーは屋根と比べてお住まいの中でも水はけが悪く水分が停留したやすい箇所になります。 ベランダ・バルコニーの雨漏りに多い事例をご紹介いたします。 1、排水ドレンの劣化 雨漏りの原因として最も多い事例のひとつです。 排水ドレンとはベラ...続きを読む

漆喰詰め増しの様子

2017/04/23  瓦屋根の漆喰をDIYで補修することは可能か?

   瓦屋根のお住まいでは定期的に漆喰のメンテナンスを行ってあげなければなりません。 棟の取り直しまでいくと自力でできる気はしないけれど、漆喰を塗り増ししてあげるだけなら自分でも出来そうだと思ったことはありませんか? 私自身、漆喰を塗り増すだけなら写真を見ている感じでは自分でもできるんではないかな?と感じた事があります。 実際に...続きを読む

雨漏りの跡

2017/02/26  リフォームローンを使った屋根リフォームのススメ

   急に雨漏りなどで急遽リフォームが必要になったけれど、手元の資金に不安がある。 そんな場合に多くの方が選ばれているのがリフォームローンになります。 2016年2月以降、マイナス金利が導入されて一般の銀行が日銀にお金を預けておくと自動的にお金が減ってしまうという現象が起こっていることから 安い金利であっても、多くの方にお金を貸...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

雨樋傾き

2017/11/24  川崎市宮前区のアパート|屋根塗装の足場仮設で雨樋補修もご提案!

   川崎市宮前区のアパートの修繕依頼がございました。屋根は大きな費用を掛けたくないのでと屋根塗装をご希望です。 まず、屋根塗装を施工することで長期的に表面保護が出来るのかという事を点検で確認しなければなりません。   一部屋につき1ヶ所ドーマーが設置されている屋根です。ドーマーとは屋根から突き出した小さな屋根で三角...続きを読む

スレートの割れ

2017/11/23  横浜市南区|棟板金の釘浮きチェックと屋根塗装工事のご提案

   横浜市南区での屋根点検です。台風後に棟板金が浮いているとご近所の方から教えて頂き不安を感じられたことがきっかけです。 この際に屋根の全体点検と、補修メンテナンスをした方が良いのかアドバイスが欲しいとのことですので早速屋根調査を行っていきます。   4寸ほどの比較的なだらかな屋根です。まず気になる屋根の頂点、棟板...続きを読む

屋根点検

2017/11/21  横浜市中区で屋根塗装調査|金属屋根と雨樋はもらい錆に注意!

   横浜市中区での屋根塗装についてのご相談です。築20年以上のトタン屋根の物置ですが、屋根の劣化が気になり塗装で補修が可能かを見てほしいとのことでした。 トタンと呼ばれる屋根材は亜鉛鉄板ですので、錆が発生する前に塗装で表面保護をしていく必要があります。   今まで塗装等もしたことが無いという事で、錆の発生が非常に目...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ