雨漏り必ず止めます
ボタン

外階段のリフォームについてのメンテナンスのサインと修理ポイント

更新日:2017年6月11日

アパートや店舗様などで、外階段が今にも崩れてしまいそうといったお問い合わせを良くいただきます。実際に鉄骨階段では錆びが進行してしまい危険な状態の外階段を見かけることも少なくありません。
屋外への高所への移動へ使われる階段ですので、万が一のことがあれば大事故につながる可能性もあります。しっかりメンテナンスを行い、使用者の安全を守るのもオーナー様の大事なお仕事ですね。
このページでは外階段のリフォームの修理ポイントと概算費用をご紹介します。

外階段にこんな症状が出ていたらメンテナンスの時期がきています


塗膜の剥がれ


外階段の塗膜の剥がれ 外階段の塗膜の剥がれ

葛飾区で築10年の節目に外壁塗装をご検討中のお客様よりご相談をいただき点検にお伺いしました。
お住まいの美観維持、防水機能の維持のために塗料のグレードにより耐久年数は異なりますが、およそ8年~12年を目安にお住まいの塗り替えをおすすめしています。
お客様邸では外壁塗装、屋根塗装をご希望でしたが屋根はニチハパミールで葺かれた屋根でした。こちらの屋根材は少々問題のある屋根材になります。
そのため、屋根塗装ではなく屋根カバーでのメンテナンスをご提案させていただくことになりました。

鉄骨階段に錆びが発生している


鉄骨階段の裏側に錆び 鉄骨階段の裏側に錆び

普段何気なく昇降している階段の裏側を覗いてみてください。
階段の段差と段差のつなぎ目に錆びは発生していませんか?
あまり気に留めることが少ない階段の裏側ですが、普段は日に当たらないため塗膜の劣化も早く気が付いたら錆びだらけということもあります。
錆びの発生から耐食し穴が開いてしまったという建物は意外と多く、強度の弱くなってしまった鉄骨階段には改修工事が必要となる場合があります。
錆びの進行が少ないうちに、専門家へご相談ください。

鉄骨階段のリフォームの修理


外階段へ錆び止め塗布と防水塗装


ケレンの様子 錆び止め塗布の様子

金属部の錆びの状態にもよりますが、塗膜が剥がれさびの発生した外階段にはまずケレンをかけます。
ケレンとはヤスリなどでわざと金属部に細かい傷をつける作業です。目荒しとも呼ばれますが、わざと細かな傷をつけることで塗膜の密着性を高めることができます。
皮すきなどで手でケレンをかけていく場合もありますが、錆びが酷い場合にはグラインダーなどの工具で磨くように削っていきます。
このケレンを怠ってしまうと、塗装をしてもすぐ剥がれてしまいます。ケレン後は錆び止めを塗布します。その後、塗装にて防水層を形成します。

外階段の下地補強など一部改修工事


ボロボロになった鉄骨階段 木材を補強して丈夫に

金属の錆びが激しく、下地に穴あきや腐食が激しい場合は外階段の改修工事をおすすめさせていただく場合がございます。
改修工事に関しては外階段の劣化状態や構造などによっても工事方法が異なるため、一概にすべての改修工事が同じ方法というわけでもありません。
中には改修工事よりも、外階段を撤去し新設した方が良い場合などもございます。

外階段のリフォームに足場は必要?


高所での作業になる場合は足場が必要になる可能性があります。
そのため、ほとんどの施主様は外階段のリフォームを行う際に外壁塗装や屋根塗装などとセットで行う場合が多いです。
外階段の補修のためだけに足場をかけた場合でも、外壁塗装だけで足場をかけた場合でもそれぞれに足場の代金はかかってしまいます。
そのため、メンテナンスをまとめて足場代を節約します。
外階段のリフォームと外壁塗装の他、雨樋交換など外回りのリフォームで足場が必要な箇所はまとめて工事を行った方がお得だと言えるでしょう。

外階段リフォームのまとめ


修理やメンテナンスを行う場合、錆びがよっぽど進行していない限りは塗装での対応が可能です。
建物の中でも人が頻繁に使用している外階段はこまめなメンテナンスを心がけて安全に使用したいですね。
しかし、外階段の塗装に関して知識の無い業者も存在します。実際にあった例としてはケレンもかけず、錆び止めも塗布せずに外壁塗装と同じように塗装し
すぐに塗膜が剥がれ、錆びが発生してしまったという事例です。金属部分の鉄骨階段とサイディングやモルタルなどを使用した外壁などでは塗装する素材が異なりますので塗装方法が異なるのは当然です。
誤った知識で鉄骨階段の塗装を行うと、2度手間になってしまいますので、業者選びの際には注意が必要です。
当店では外階段のリフォームに塗装や改修工事なども多くの実績がございますので、安心してご相談ください。
詳しくは0120-989-742までお気軽にご相談ください。

外階段のブログ

岸和田市の屋上に上がる鉄製の外階段を塗装!錆を落として錆止めを塗布しました

岸和田市の鉄筋コンクリート造のモルタル外壁の塗装工事で、陸屋根に上がる鉄製の外階段も塗装することになり、前回より工事の様子を詳しくお伝えしています。
Y様邸の外階段は鉄製で、経年劣化により鉄部を保護している塗膜が剥がれて錆が広がっていました。
錆が進んでいる箇所は腐食し、穴が開いてしまうなど、階段自体 ...続きを読む

前橋市西片貝町のマンション外階段の老朽化調査!

本日はマンションの鉄骨螺旋階段を塗装した場合、金額はどのくらいかかるかを見積もりをしてほしい!とお問合せ頂きました。

 オーナー様はこちらに住んでいらっしゃらないのですが、気になさっているようでした。
建ててからかなり何数が経っているようで、安全面を一番考えられているようです。
...続きを読む

豊田市で建物外階段に危険が・・・。

豊田市で外階段の老朽化についてご相談あり現地で調査です。なるほど、だいぶ傷んでいるのが分かります。今のところ大人が上り下りする事に問題は無いように思えますが、鉄骨部分の腐食は確かに不安な状態です。 ...続きを読む

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2018/02/16  屋根の基本、耐久性とメンテナンスの方法をご紹介

   お家の屋根がスレート屋根という方、スレート屋根ってどのくらいメンテナンスをしなくても良いのだろうかと疑問に思ったことはないでしょうか。 外壁は約10年ごとに塗り替えのメンテナンスを行いますが、屋根も同様なのでしょうか? 屋根の状況はご自...続きを読む

2018/02/1  お家の屋根、雪対策を行っていますか?屋根の雪対策をご紹介

   皆さんのお家の屋根は雪対策を行えていますか? 特に、滅多に雪の降らない地域では、雪が積もることはないから大丈夫だと考えていませんか? 最近では都心で積雪を観測したり、2月1日~2日も夜から朝にかけて雪が降ると予測されています。 屋根に...続きを読む

2018/01/26  アパートやマンションをお持ちの方に知っておいてもらいたい防水工事

   アパートやマンション、ビルの陸屋根、ベランダ、バルコニーなどに施す防水施工を防水工事といいます。 アパートやマンションの管理人さんの中には、そろそろ、防水工事を考えてみませんかと勧められたこともあるのではないでしょうか。 そういった際、...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

漆喰詰め直し工事完了

2018/04/20  江東区|苔の発生した漆喰を漆喰詰め直し工事で改善

   古い漆喰はそこから浸水して雨漏りする可能性があります 本日は江東区で行った漆喰詰め直し工事の様子です。漆喰は古くなると剥がれて、そこから雨水が浸入したりします。また、棟部分などでは漆喰が剥がれて中の土が出てきてしまうと棟自体が曲がってしま...続きを読む

墨田区でウレタン防水工事

2018/04/19  墨田区で傷んだバルコニーの床をウレタン防水工事

   バルコニーの床には防水工事が必要です 本日は墨田区で行ったバルコニーの床の防水工事をご紹介いたします。屋外にある設備とは言え、バルコニーの床には防水工事が必要です。それは、床から浸水した雨水などは建物の柱や壁を伝って屋内へ侵入することがあ...続きを読む

2018/04/17  捲れてしまった破風板と棟板金交換工事|横浜市西区

   横浜市西区で板金工事をおこないました。屋根の破風には板金が巻いてあったのですが、ここ最近の強風で捲れてしまった様で今にも飛びそうでした。飛んでしまったら非常に危険ですので、捲れた破風板金は剥がして新しく張り替えます。屋根はトタンの瓦棒葺きで...続きを読む

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742