街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

八千代市|漆喰の剥がれによる雨漏りを棟取り直し工事で補修!

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

八千代市 

【工事のきっかけ】
八千代市の瓦屋根住宅で雨漏りが発生しました。雨漏りの原因は大抵の場合住宅の老朽化です。もちろん新築住宅に起きる可能性が0%という事はありませんが、原因は全く違うものになります。新築の場合は窓や換気口など、開口部の防水処理が十分に行われていないことが考えられます。では、老朽化による雨漏りはどのように起こるのでしょうか、調査と補修方法を紹介していきます。

ビフォーアフター

施工前

棟の取り直し,施工前

施工後

棟の取り直し,施工後

基本情報

 

瓦屋根にメンテナンスが不要と考えられている方もいらっしゃいますが、実はそうではありません。実際和瓦自体に塗装などのメンテナンスは必要ありませんし、瓦そのものの寿命は他の屋根材に比べて倍以上長く40~50年近くと言われています。が、瓦について回るのは漆喰です。漆喰は環境にも左右されますが、10年程で劣化し崩れ始めていきます。

瓦,棟,漆喰,剥がれ,崩れ,雨漏り 漆喰,棟,並び

漆喰が剥がれ、瓦がしっかりと固定されていない状態が続くと瓦はずれやすくなり少しの衝撃で瓦すら落下する危険性が起こってしまいます。A様の住宅では最近になり漆喰がポロポロ落ちてきていたようで、かなり劣化が進んでいるような状態と見受けられます。

瓦,雨漏り 棟,並び,悪い

瓦自体は劣化することはありませんので外観的にみると問題が無いように見えても、漆喰の劣化は顕著に表れ始めてきます。たとえば漆喰が崩れ始めると棟は見るからに不安定に蛇行しているような並びになります。一度ずれてしまえば自然に戻ることはありませんし、激しい雨の中で内部に水が入りやすくなってしまいます。影響は内部にまで及び防水紙や野地板を傷める原因になりいずれ雨漏りを起こします。

棟,蛇行,並び 瓦,漆喰

大屋根からぐるりと一周確認しましたが、どの棟も並びが大きくずれていて、棟周辺の瓦も同様にずれている箇所を発見しました。このような状態で雨漏りの原因を特定するには室内との位置関係を考えながらの特定になります。室内の漏水箇所ですとまさに棟の下方ですので、棟のズレと漆喰の劣化が雨漏りと考えられます。広範囲での雨漏りはありませんので全体的な補修施工は必要無いのは不幸中の幸いです。

漆喰,土,露出 下屋,瓦,漆喰

棟の漆喰は既に剥がれ内部の泥が露出している状態です。雨が降るたびに泥が雨水を吸い込み流れ出し更に瓦がずれやすくなる…と悪循環が発生します。泥が雨水の吸収によって周辺の瓦を外側に押し出してしまうと落下の危険性も高くなり更に影響を及ぼします。

次は下屋根です。大屋根ほど酷くはありませんがやはり棟の並びと漆喰の老朽化による剥がれは気になります。

釘,浮き,ケラバ 漆喰,剥がれ,落下

ケラバの瓦を固定している釘は浮きかけていて、今すぐにではありませんがずれ落下する可能性もあり得ます。補修される場合は一度で全ての心配を解決してしまいましょう!

やはり様々な棟の漆喰が剥がれ始め所々に漆喰の欠片が流れ落ちてしまっています。漆喰ならまだしも、瓦が落ちてくるような住宅もありますし簡単に見ていられる状態では決してありません。

雨漏りが起きている場合、即補修を提案する理由が3つあります。1つは家にダメージを与えます。雨漏りが起きたと自覚するには目に見えて濡れている事を確認することです。しかしその間にも雨水はどこかを通過し室内に到達します。つまり雨水の通り道となっている柱や梁、壁など構造の主体になっている場所が濡れているという事です。濡れ続ければ鉄は錆びますし、木材は腐食しボロボロになってしまいます。躯体が弱くなれば強度を保てず地震に弱い家になります。

木材住宅であれば濡れて湿気がこもり木材腐朽菌が増殖している所は白アリが好んで寄ってきます。構造上重要な部分に白アリの被害を受けると、建物の倒壊に繋がりかねない状況になります。これが2つ目の理由です。

最後にこれは住宅に住む家族への影響です。雨漏りによる湿気でアレルギーやぜんそくの原因になるカビが発生します。健康に気を使いながら生活をしていても室内の環境によって努力が台無しになる可能性もありますし、なにより精神的なストレスが大きくなります。

 

雨樋,歪み,火災保険 雨樋,歪み,たわみ

屋根の雨漏りはありませんが、現地調査では気になる箇所以外の状態も確認します。補修が必要であればしっかり報告しなくてはいけません。今回は雨樋の歪みを多数発見しました。雪害により破損には至っていませんが、大雨などではオーバーフローする可能性もありますので補修できるときに直すことが大切ですね!

また自然災害による住宅の破損や被害には火災保険の補償対象になる可能性もあります。書類のみか鑑定人がご自宅の様子を確認しにくる場合とパターンがありますが手続きと補償範囲などは変わりません。今回は補修範囲と必要費用が多くなりますので鑑定人によって補修範囲の適用が判断されるパターンかと思われます。

火災保険,適用,調査,屋根,雨漏り 火災保険,適用,調査,屋根,雨漏り

実際保険会社の鑑定人により調査をしていただきました。写真を数枚撮りながら漏水個所と雨漏りの原因に起因するものかどうかの判断を仰ぎます。保険会社の認定金額によって工事範囲の変更も考えられますので返答を待ちます。

今回はどちらにしても補修は必要になりますので火災保険を使用しての棟取り直し工事を行います。

棟,取り直し 棟 ,取り直し,下屋

まずは問題の棟を全て撤去します。外した瓦はそのまま使いますので落下しないよう瓦を屋根の上に保管します。大屋根下屋根全ての棟取り直し工事ですので、1日で終わる部分のみを補修し直すという形で直していきます。

 

漆喰,既存,剥がれ,劣化 棟,漆喰,撤去,取り直し

瓦を取った状態ですが、粘土が崩れ落ちている様子が見てお分かりいただけると思います。工事当初は粘り気がありますが、経年劣化によって水分がなくなりボロボロになってしまいます。

棟,針金,細い 棟,漆喰,撤去,取り直し

ちなみに取り直し工事前の棟の針金です。とても心許ない細さと感じます。数十年前の施工と比べて現在は2倍近く太い銅線を使用することが多いので施工し直してからズレはお気にくくなるでしょう!

しっかりと南蛮漆喰で土台を作り、新規の木材を固定していきます。

棟,漆喰,撤去,取り直し 棟,漆喰,撤去,取り直し

ちなみに漆喰と南蛮漆喰とありますが違いはご存知でしょうか?漆喰は表面をよくコーティングしている白いもので、場合によっては剥がれ落ちたりしますが屋根以外にも使われています。

南蛮漆喰は、土と漆喰が混ざっているようなもので、年月の経過とともにゆっくり白っぽくなるので漆喰工事が不要です。何年もかけて芯までゆっくり固まっていきます。雨に強くひび割れしにくいので保ちが良いとされています。

棟,瓦,取り直し 棟,瓦,取り直し

南蛮漆喰と木材の上に取り外した瓦を綺麗に並べビスで仮止めを行います。この時点で周辺の瓦が曲がっていたりといった事が無いよう全体的な並びの確認しながら補修をしていきます。

棟,ビス 棟,ビス

従来の工法は針金や釘ですが、今後ズレ・浮きが出てこないようビスで固定致しました。

瓦屋根の場合は10年~15年程度で葺き替え工事までにはいかないものの漆喰詰め直し工事や棟取り直し工事を行う事を推奨しています。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      八千代市と近隣地区の施工事例はこちら

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ