街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市西区|2階雨樋からの雨水の漏れを雨樋交換工事で改善!

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

横浜市西区 雨樋交換

【工事のきっかけ】
横浜市西区で雨樋の漏水に関してのご相談です。 雨樋に破損を起こしているわけではないようですが、どこからか雨水が漏れだし、非常にうるさい音を発生させているようです。 雨樋は一本で取り付けられているわけではありませんので、部材ごとの隙間が経年により開き雨水が漏れ出すことがあります。 まずは点検を行い、不具合を起こしている場所を特定し補修工事を行っていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

雨樋の漏水

施工後

雨樋交換工事,完了

基本情報

 

【点検の様子】

点検 雨樋からの漏水

不具合を感じているのは総2階(2階の面積が1階とほとんど等しい住宅)の2階部分です。こちらから雨が降ると水が漏れ落水し、ボタボタとうるさい音を発しているようでお困りでした。

目視確認では遠く、また大きな破損も見られない為、原因が全く分からず街の屋根やさんへご相談を頂きました。

雨樋は経年劣化により継ぎ手部分の接続が甘くなり、雨水が漏れ出すことがあります。これは風で揺れたり、建物の揺れに合わせ雨樋の移動もある為です。また雨樋も熱によって収縮を繰り返しますので、いずれは隙間を作ってしまい交換が必要な状態になります。

総2階の為まっすぐに地上に落水し、地面を削り水たまりを作ってしまっていました。

軒樋は交換工事が必要な状態だと判断できましたが、他の部分にも何かしらの不具合を起こしている可能性がありますので、全体点検を行っていきましょう。

竪樋の継ぎ目 軒樋雨漏り

破損している軒樋は鼻隠しに合わせこげ茶を使用していましたが、竪樋は外壁に合わせ白色で施工されていました。竪樋には隙間もなく、継ぎ目に雨水の染み跡も残っていませんでした。

掴み金具にも特に問題がなくしっかりと固定をされていましたので、竪樋は交換の必要性は感じられませんでした。

雨水の漏れが見当たらない1階軒樋には土が溜まり、負荷がかかっているように感じました。立地の条件にもよりますが、木々が生い茂っている場所は枝や枯葉が雨樋に溜まり、雨水を滞留させてしまい、重みで破損させることもあります。

詰まりを起こせば雨水をあふれさせたり、竪樋をも壊しかねない状態になります。雨樋に落ち葉が溜まりやすい状態が推測できる場合には、落ち葉除けネットの設置や定期的な清掃が必要となりそうです。

【点検結果】

他の箇所も確認を行いましたが大きな破損は無く、問題なく使用できている事が確認できましたので、今回は2階の1面の軒樋交換工事を行っていきます。

2階の為、足場仮設が必要となります。風災等で破損した場合は火災保険や共済で補償されますが、今回の原因は経年劣化ですので自己負担です。

補修しなければならない部分に補修工事を留め、部分足場で交換工事を進めていきたいと思います。

 

【雨樋交換工事】

軒樋支持金具 支持金具

雨樋交換の工事自体は難しい工事ではありません。足場を仮設し既存雨樋と金具を取り外していきます。

その後、新規の支持金具を取りつけ軒樋をひっかけるように固定すれば工事は完了です。

雨樋は雨水をスムーズに排水させて住宅への負担を減らす目的があります。

その為、隣の面との軒樋の接続や水勾配に配慮し取りつけなければなりません。今回は1面のみの交換ですので、交換を行わない面に合わせ、墨出しを行い高さを調整します。

高強度・耐寒性に優れたポリカーボネート製の金具を取りつけ、軒の出との長さを調整していきます。

雨樋,竪樋接続 エルボ

軒樋接続後はエルボ等の細かな部材を使い竪樋と接続していきます。主要な部分は雨樋用ボンドで密着させてずれの置きにくい状態に仕上げていきます。

全てをシーリング等で塞げば雨水の漏れも解消できるとは思いますが、風の揺れに対して柔軟性が無くなり、衝撃で割れる可能性が高くなります。

何をするにもほどほどに、という言葉が良く分かりますね。

複雑な形状の雨樋 軒樋取替

雨樋が取り付けられる場所が鼻隠し、切妻の先端の様に雨樋を設置しない場所が破風板です。今回、部分的に隣面との間に破風板がありました。

この部分に限っては支持金具での取りつけではなく、軒樋を延長させ隣の面と接続させます。雨水の漏れが無いことを確認して雨樋交換工事は完了です。

今回の工事によって雨樋からの漏水を改善させることが出来ました。雨樋の補修の為にも足場仮設が必要になる可能性が高いため、この機会に補修やメンテナンスを同時に行う事をお勧めしています。

雨樋の点検依頼、補修についてのご相談(費用や素材)、外装メンテナンスに関しましては、街の屋根やさんへお気軽にお問い合わせくださいませ。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ