街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市保土ケ谷区|屋根塗装でスレートの色褪せ解消と表面保護を!
関西ペイント:アレスクールSi

横浜市保土ケ谷区 屋根塗装

【工事のきっかけ】
横浜市保土ケ谷区のS様邸です。スレートの塗装工事をご検討中とのことでお見積り依頼を承りました。 気になる点としては見栄えです。遠目からみて屋根の色褪せが気になりそろそろメンテナンスをと決心されたようです。

ビフォーアフター

施工前

屋根塗装施工前

施工後

アレスクール,屋根塗装完了

基本情報

  • 使用材料関西ペイント:アレスクールSi
 

【点検の様子】

横浜市保土ケ谷区の全体写真 下屋点検

木造2階建ての住宅です。太陽光が最も当たり劣化の進行が早く雨漏りの危険性が高くなるため、今回は屋根塗装のみをご検討中の様です。

下屋も含めての塗装ですので、外壁塗装を同時に施工する事で全体メンテナンスには最適ですが、費用を検討した上での屋根塗装工事です。

施工するからには10年以上は持つ高耐久塗料を使用したいとシリコン系もしくはフッ素系での施工をご希望です。

屋根点検 棟板金点検

まずは屋根の状態を確認していきます。スレート屋根は近年多くの新築住宅でも使用されている屋根材です。軽量且つ安価でカラーバリエーションが豊富でどのような住宅にも合わせやすい屋根材です。

主原料がセメントの為、表面を塗装でコーティングすることによって屋根材自体の劣化を防ぎ、住宅を守ることが出来ます。

塗膜が劣化してしまうと色褪せや苔の付着を進め、屋根材が徐々に雨水を吸い込み浮きや反りを起こし、屋根材が割れを起こしやすくなります。

また板金部分の塗膜が傷むことで錆が発生し腐食や穴あきを起こしてしまいます。このようにスレート屋根は塗膜の存在が非常に重要です。

塗料は大きくアクリル・ウレタン・シリコン・フッ素等に分類されていますが、当然安価な物はたくさんありそのほとんどは耐久性に不安が残るものです。

従来はウレタン等が多く使用されていましたが、近年では高耐久、長期的なメンテナンスフリーを目的にシリコン系もしくはフッ素系での塗装が非常に多くなってきています。

更には遮熱や断熱機能等の付加価値を付けた塗料の開発も進んでいます。塗って見栄えをよくするだけでなく、住宅内部を快適に!という事も視野に施工する方が増加してきています。

【屋根塗装工事】

スレート屋根の雨染み 高圧洗浄

足場を仮設し屋根塗装工事を行っていきます。塗料や洗浄水の飛散防止に、足場にメッシュシートを取りつけ高圧洗浄を行います。

スレート屋根は表面がザラザラとしていますのでその分苔やカビの付着も多く、見栄えを損ねている事が非常に多いです。

この汚れをしっかりと取ることで下地に塗膜が密着しますので、充分に高圧でそぎ落としていきます。誤った施工をすると却って雨漏りを発生させる場合がありますので、興味本位やDIY感覚での補修はお勧め致しません。

タスペーサー 棟板金錆止め,釘打ち

高圧洗浄後はしっかりと乾燥させます。屋根塗装と言ってもただ塗っていくという作業ではありません。スレート屋根は特にタスペーサーを設置し、毛細管現象が起きないように屋根材同士に隙間を設けていきます。

皮スキで屋根材間を切っていく縁切り作業もありますが、塗料がくっついてしまえば隙間は無くなりますし、なにより乾燥後の屋根に上る事で仕上がりを汚してしまう事もございます。
少し費用は掛かりますがタスペーサーを屋根材1枚に2箇所取り付けるW工法で確実に空間を設ける事をお勧めしています。

また棟板金の釘に浮きが多く見られます。これは建物の揺れによって起こるものですので防ぎようはありませんが、このまま抜けてしまうと固定力が無くなり、飛散してしまいます。

確実に取替工事が必要となる前に、日ごろから補修メンテナンスをしておきましょう。今回は貫板に釘が利きましたので打ち込み直しで充分でした。

錆止め塗装 錆止め

板金部分は錆が進行しないようにケレン後、錆止め(ハイポンファインデクロ)を塗り表面の保護を行います。通常の塗膜でも表面保護は可能です。

しかし、一度錆を発生したものに関しては、後々塗膜からにじみ出るように侵攻してきます。せっかく綺麗にした屋根を少しでも綺麗に維持できるように防錆剤を塗っていきます。

下塗り 中塗り

屋根材は下塗り・中塗り・上塗りの3工程です。使用するのは関西ペイントの遮熱塗料アレスクールです。

下塗りにアレスクールシーラー、仕上げ塗料にアレスクールSiを使用することで、熱エネルギーに変換する赤外線を上塗りと下塗りのW効果で反射します。

屋根の温度上昇を抑えることで室内の気温低減にもつながり、快適な室内に仕上げることが出来ます。

中塗り・上塗りをアンバーブラウンで仕上げていきます。

中塗り 上塗り

ムラなく2回塗り重ねることで光沢感のある屋根に仕上がりました。ブラウンはブラックよりも柔らかい印象を持たせ、尚且つ暗めの色でスタイリッシュに仕上げることが出来ます。

屋根塗装完了 下屋,屋根塗装

屋根塗装工事完了です。下屋は外壁との取り合いもあるので、塗料の飛散や外壁への付着が無いように、広範囲に渡って養生をし施工しました。

次回の外壁塗装では屋根の色に合わせて外壁の色を決めていきますとS様も大変満足されていらっしゃいました。

 

街の屋根やさんでは屋根の塗装はもちろん外壁の塗装や補修工事も施工可能です。点検・お見積りは無料にて承っておりますので、気になる方はお気軽にご相談くださいませ。

 

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ