街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

江戸川区|瓦棒屋根葺き替え工事で雨漏り解消!
瓦棒屋根材

台風の後は無料点検を!

江戸川区 破風板・軒天部分補修 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
雨樋に蔦が絡まり、見栄えと雨樋昨日の為に補修のご依頼を承りました。蔦に押されていた屋根からは雨漏りが起き、雨樋は蔦で詰まってしまっていました。蔦の撤去、屋根材の葺き替え工事、雨樋取替工事を行いました。

ビフォーアフター

施工前

瓦棒雨漏り

施工後

瓦棒,屋根葺き替え,施工後

基本情報

  • 使用材料瓦棒屋根材
 

【点検の様子】

屋根劣化 スレート屋根

まず当初のお悩み、ツタの状態を含め全体点検を行っていきます。ツタが外壁に伝っている住宅を身近でみたことはありませんか?緑に覆われた住宅は省エネ・外観の為にされていることも多く、メンテナンスを行っていれば大変おしゃれな住宅です。また外壁に当たる直射日光を遮る役割もありますので、室内温度は3度ほど低下、過ごしやすい環境を作るにも大変役立ちます。

ツタを自主的に繁殖していない住宅の場合、これは大変厄介です。成長最中の場合はおしゃれ感が出ていいかな~と思っていても、実際に繁殖し伸びていくと、蔦は枯れ住宅全体が廃墟のようなイメージを出し始めます。こうなってしまうと撤去したいの気持ちでいっぱいになると思います。しかし、蔦は枯れたとしても頑丈なもので、切るにも一苦労、幹のように太くなってしまうと撤去だけでも骨が折れます。

ツタ,絡み ツタ,集水器

このように蔦が外壁を伝い、雨樋まで到着した時に伸びきった蔦が雨樋に溜まって行くのを他の住宅でも確認します。雨樋に蔦が絡まると、雨水の流れが悪くなる、雨樋に蔦分の負荷が掛かる(かなりの重量があります。)、蔦の伸びる向きによっては雨樋を割る可能性があります。雨水の詰まりと蔦の繁殖は悪循環し続けますので定期的な清掃が必要です。

蔦は見た目だけだと考えている方もいらっしゃるとは思いますが、蔦は外壁を傷める原因になります。雨天時に蔦があることによって、雨水を吸い込みゆっくりと外壁を伝うことになります。すると、外壁にダメージを与え続ける構図が出来上がってしまいます。

トタン,瓦棒 雨樋,絡み

このように瓦棒にまで蔦が伸び巻き込んでしまっています。屋根も雨樋と同じ原理です。ツタのような無駄なものがあれば雨水の流れが滞り塗膜の劣化だけでなく、屋根材自体にも腐食が進行してしまいます。手前側は蔦に引っ張られてなのか、屋根材自体の腐食なのか、瓦棒屋根が少し下に向いていました。たまに室内に雨水の染み跡があるという事ですので、少なからず、この屋根部分の劣化が関係していると考えていいでしょう。

屋根材が動く=下地が傷んでしまっています。蔦の撤去をするようであれば一緒に屋根の葺き替え工事(下地の確認が必要です。)を行った方が良いです。

雨樋はひとまず経年劣化していますので交換を行います。蔦をなるべく撤去し新たに雨樋を取り付け直していきたいと思います。

【施工の様子】

瓦棒,貼替 瓦棒,張替

蔦の撤去を行い、屋根の葺き替え工事を行っていきます。まずは既存屋根材の撤去です。見ると貫板や芯木の傷みが良く分かります。雨水を吸い込み、黒く傷んでしまっている状態です。木材ですので経年で傷んでしまいますが、腐食が進行すると棟板金を固定している釘にも浮きが見られ、強風の際には飛散する可能性も高くなってしまいます。

長期的なメンテナンスフリーを目指し、プラスチック樹脂の下地材もありますので、屋根材・防水紙の耐久性と合わせ下地材も決めて頂ければと思います。

防水紙 桟木,芯木

屋根材の剥がしを終え下地の補強をし、雨漏り防止の要、ルーフィングの張替を行っていきます。防水紙と呼ばれるシートですが、道路等で使用されているアスファルトを原料とし、雨水の侵入をブロックする優れものです。昔は瓦であれば、葺き土工法(瓦の下地に土を入れることで、その土が雨水を吸い込んで雨漏りを防ぐ)で雨漏り対策をしていましたが、近年ではシート1枚で雨漏り防止が可能になりました。

高耐久のものであれば耐久性およそ60年のマスタールーフィングという商品も開発されています。通常ルーフィングの2~3倍近く高い耐久性はライフサイクルコストに優れています。次回の屋根材葺き替えの際には防水紙はそのままで、と言った施工も可能になりそうですね。逆に質の良い屋根材を使用しているのに耐久性の伴わない防水紙を使用するというのも不思議な話です。

こちらも屋根材・屋根の下地の状態に合わせて使用材料を選定することも大変重要です。

瓦棒,芯木 瓦棒

瓦棒葺きは材料の継手部分に高低差を付ける事で防水効果を取っています。芯木を通しキャップを重ねる事で継ぎ目をカバーしています。屋根材自体には断熱性がそれほどない為、天井もしくは屋根材の下に断熱材を敷き込むなどの対策が必要ですが、それ程勾配が無くても施工は可能ですのでスペースの確保等も考え、お勧めの屋根材ともなります。最後に棟に貫板と板金を取付け、施工は完了です。

 

【工事完了後】

瓦棒,張替,完了

瓦棒屋根葺き替え工事完了です。軽量なガルバリウム鋼板で耐久性も高く、緩勾配・急勾配での施工が可能な為、屋根の形状を選びません。キャップでの芯木カバーになりますのでしっかりと防水施工をしていきます。

蔦を可能な限り撤去し、雨樋の取替工事を行いました。破風板の腐食もあり、金具取付部の破風板も取替をおこないました。今回、雨樋の勾配を通常通りに戻しましたが、蔦の絡みや重みで傾く恐れがありますので、また再度蔦が伸び始めたら定期的に切っていく必要があります。

雨樋取替

蔦を可能な限り撤去し、雨樋の取替工事を行いました。破風板の腐食もあり、金具取付部の破風板も取替をおこないました。今回、雨樋の勾配を通常通りに戻しましたが、蔦の絡みや重みで傾く恐れがありますので、また再度蔦が伸び始めたら定期的に切っていく必要があります。

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ