街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

台風9号接近中!お住まいの台風対策、屋根の状態は大丈夫ですか?

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2016年8月21日

台風9号が22日に上陸すると天気予報では話題になっていますが、21日現在では天気が良くまさに真夏の天気が続いていました。
こんなことなら、お布団を干してくるんだったなぁと若干後悔しつつ、天気図を見ると普段とは違う不思議な経路をたどっている台風の様子が気になります。

しかし、備えあれば憂いなし!まずはお住まいの外周に飛ばされやすいものがないか確かめてみましょう。

gatag-00005424 lgf01a201412200700

・植木鉢やプランターなどはお庭に出しっぱなしではないですか?
今の季節だとお子様が朝顔の観察日記などを付けている、ご家庭も多いのではないでしょうか?朝起きたらせっかく1か月半観察してきた朝顔がどこかに飛んでしまったとなっては大変です。
しっかりと玄関などに寄せてあげましょう。その他、自転車やバケツ、洗濯バサミなど普段は家の外に出している小物類も室内へと移動させてあげた方が良いでしょう。

・犬小屋や物置などは風の影響などを受けやすいです。
犬小屋や物置は隙間が空いていると、一気に風を巻き込み破壊してしまう恐れがあります。犬小屋のわんちゃんは台風の日には家に寄せて、犬小屋や物置などはひもで固定し扉が開かないように固定してあげましょう。

・ガラス窓などは強風時に割れてしまう可能性もあります。
雨戸がある場合は雨戸をしっかりと閉めましょう。雨戸の無い場合はテープなどで窓ガラスを補強し、カーテンをしっかり閉めましょう。万が一ガラスが飛散してしまった場合でもカーテンがある場合、直撃は避けられます。

・緊急時の場合に備えて携帯ラジオ、懐中電灯、非常食を用意しましょう。
万が一に備えて、災害グッズは揃えておいた方が良いでしょう。缶詰やレトルト食品などを用意してもしもの時に備えましょう。

これで、ご自身で備えられる台風対策はそろいました。では、屋根の状態はどうでしょうか?

4b833d7aae25f4a98f8eae4567c9c859 01before2

棟板金の釘抜け、屋根材のかけや割れ、漆喰の劣化から棟瓦の歪み、瓦の劣化など暴風雨が吹いた際にお住まいの屋根は大丈夫でしょうか?
台風が通過した際に多く寄せられるが、屋根材の飛散、棟板金の飛散、棟瓦の崩れなどがあげられます。
これらの症状が台風通過中に起こったとしても、決して屋根には上らないでください。強風の中、いつもより雨に濡れての屋根はすべりやすく転倒しやすい場所になります。
普段屋根の上に上っている点検スタッフでさえ、台風時には危険を伴うため屋根の上には上りません。屋根の状態は台風が過ぎ去った後に確認しましょう。

台風での屋根の被害が出てしまった場合、火災保険が適用できる可能性があります。台風通過中は決して屋根には上らず、台風通過後に当店までご連絡ください。
もちろん、点検、お見積りは無料で承っております。お気軽に0120-989-742までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

2017/05/14  ベランダから発生した雨漏りの事例を集めてみました。

   意外にも多いベランダ、バルコニーからの雨漏り。原因は多岐にわたりますが、ベランダやバルコニーは屋根と比べてお住まいの中でも水はけが悪く水分が停留したやすい箇所になります。 ベランダ・バルコニーの雨漏りに多い事例をご紹介いたします。 1、排水ドレンの劣化 雨漏りの原因として最も多い事例のひとつです。 排水ドレンとはベラ...続きを読む

漆喰詰め増しの様子

2017/04/23  瓦屋根の漆喰をDIYで補修することは可能か?

   瓦屋根のお住まいでは定期的に漆喰のメンテナンスを行ってあげなければなりません。 棟の取り直しまでいくと自力でできる気はしないけれど、漆喰を塗り増ししてあげるだけなら自分でも出来そうだと思ったことはありませんか? 私自身、漆喰を塗り増すだけなら写真を見ている感じでは自分でもできるんではないかな?と感じた事があります。 実際に...続きを読む

雨漏りの跡

2017/02/26  リフォームローンを使った屋根リフォームのススメ

   急に雨漏りなどで急遽リフォームが必要になったけれど、手元の資金に不安がある。 そんな場合に多くの方が選ばれているのがリフォームローンになります。 2016年2月以降、マイナス金利が導入されて一般の銀行が日銀にお金を預けておくと自動的にお金が減ってしまうという現象が起こっていることから 安い金利であっても、多くの方にお金を貸...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

漆喰

2017/11/18  横浜市西区|台風後の雨樋と漆喰の劣化に火災保険は適用できるの?

   横浜市西区のお客様から「台風後に漆喰が落ちてきたので屋根を見てほしい」とのお問い合わせです。補修が必要な際には火災保険を利用して直したいとご希望を伺っておりました。   早速点検を行います。築25年、今までにメンテナンスは行っておらず、台風前の瓦屋根の状態はもちろん把握できていません。 大棟と下り棟の取り合い部...続きを読む

SUSビスでの固定

2017/11/17  江戸川区の棟板金補修点検|釘浮きを放置すると雨漏りの原因にも…

   江戸川区のお客様より、台風通過後の屋根点検を承りました。屋根の上からバタバタという騒音がしていると思っていたら近所の方に「棟板金の浮き」を指摘されたようです。 2つの台風が通過しおよそ2週間、補修に関しましてのお問い合わせも落ち着いてはきましたが、普段多忙な方や別荘をお持ちの方は異変の発見が遅れ、大変不安に感じられている方...続きを読む

しっくい剥がれ

2017/11/10  川崎市川崎区の漆喰補修|長く住む予定ではないが最低限の工事を!

   川崎市川崎区で瓦屋根の点検にお伺いいたしました。台風の際に何かが飛んできて当たったような音がしたという事で、雨漏りはないもののやはり不安を感じてしまいますよね。 屋根の状態にあわせてどのような補修が可能か、補修内容についてご説明していきたいと思います。   まず屋根全体の状態です。築30年近くという事で棟瓦のず...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ