ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

新潟県阿賀野市で外壁と屋根の施工不良で雨漏りを直す工事

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

阿賀野市 屋根補修工事 雨漏り修理 その他の工事 壁紙張替工事

【工事のきっかけ】
2階のベランダ出入り口から雨漏れして来たので調査してほしいとのご依頼でした。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容屋根補修工事 雨漏り修理 その他の工事 壁紙張替工事
  • 施工期間1週間
  • 築年数約10年
  • 施工費用約20万円(壁紙工事含)
  • 使用材料既存外壁

現場調査の様子です。
お問合せ時、緊急と感じたので室内を夕方暗くなってから調査させて頂きました。左上の所が雨漏りで剥がれてきていました。

下の方はご主人が雨漏れの被害を最小限に抑えるために自ら壁を解体して雨水が1階に落ちないように細工してありました。
ご主人流石です。

翌日はたまたま日中お留守だったのでご了承を得て外部の検査をさせて頂きました。
室内側の雨が漏っていた位置は〇の部分です。
外壁に外傷はなかったので上を確認します。

外壁と屋根の付け根に注目しました。
雨漏れの検査で私が良く使っている銅線を伸ばして外壁と屋根材の絡む位置に差し込みます。
〇部分のコーキング仕上げの隙間に銅線を差し込むと・・・

銅線は伸ばした分だけ中に入っていきました。
しかし、ここから雨水が浸入してもどこからかは雨水が抜けるようになっているのですが室内に侵入しているという事は外壁防水紙の施工か屋根の施工が原因と予想されます。

お客様に検査結果をお伝えし工事内容のご提案をした後工事依頼を頂きました。
そして着工。
仮設足場の足(ジャッキ)の下にはプラスチックと養生材で玄関前のコンクリートを傷つけないようにしました。

玄関前の足場の様子です。
黄色い養生材(室内の表しの柱などを養生するスポンジ)をテープで巻いて足場の凹凸でお客様が怪我をされないようにします。
黄色を巻いたのは少しでも目立つ色にしたかったので黄色を選びました。

壁に掛ける支えです。
脚に使うジャッキと同じものです。
ジャッキ自体を回して外壁にピッタリくっつけるのでジャッキの先には布状の物を巻いて既存の外壁を傷つけないようにしてあります。

外壁の解体です。
注目していた屋根と外壁の取り合いの場所です。
明らかに雨水が浸入していたのが分かります。
そして雨漏りの原因は矢印の外壁の下地の胴縁です。

角度を変えて写した写真です。
胴縁を屋根と外壁の隙間を縫って侵入した雨水が胴縁を伝って矢印の隙間の方に流れていきます。

胴縁を伝った雨水が赤い〇の部分から室内に侵入していました。
外壁を張るために入れた胴縁を打った時外壁の防水紙に切れ目を入れてしまったことが原因です。
黒くなった部分は防水紙を隔てて外側に流れた雨水の跡です。

雨漏りの原因はそこだけではありませんでした。
屋根の軒先と防水紙の取り合い部分に捨てルーフィングが入っていませんでした。
コーキングで処理していたようですがコーキングで10年、良く持った方ではないでしょうか。

ベランダ出入り口サッシlの上の様子です。
明らかに外壁下地が腐食していました。
構造材が腐食していなかったのが不幸中の幸いでした。

新規外壁下地や既存の構造部に腐食剤を塗ってから修繕です。
これ以上腐食させないためにも小さくも大事な作業です。
そのまま外壁復旧は致しません。

下地の補修は強力な防水テープと新築時に忘れられていた捨てルーフィングを入れて雨漏れ防止です。
これで室内への雨水浸入は無くなります。

外壁内部の修繕が終了し、外壁の復旧を開始です。
既存の施工方法と合わせて窯業系サイディングの金具留め工法で復旧です。

矢印先の緑色の部分は外壁張の金具分の厚さを補うスペーサーです。
金具を打てない部分は外壁に穴を開けて釘を直に打つのでこれがないと外壁が波打ってしまいます。

仕上げはシーリングです。
マスキングテープで養生してコーキング。
色は数百種類の中から既存の外壁に合うもの使用します。
これで外の作業は終了です。

続いて室内側の工事です。
雨水を含んだ壁のボードを取り除き新しくボードを打ち壁紙を貼る下地作りです。

ボードを張るためのビスやボード同士のジョイントをパテで平にし新しい壁紙を貼りました。

リビングの剥がれた壁紙も貼替です。
こちらも多少ですが雨水が流れてきていて剥がれ始めていました。
新築時に選んだ壁紙はほぼ廃盤になっています。
なので今回は貼替える1面のみを違う色で貼り分けすることにしました。

完成写真がこちらです。
テレビの後ろの面なので敢えて周りの色より濃い目のブラウンをチョイス。
引き締まったお部屋になるとともにTV画面も見やすくなります




雨漏れの修繕工事と室内の壁紙の貼替工事の用をお伝えいたしました。
屋根と室内の工事を一緒に行うとお客様との打ち合わせも少なく済むのでお客様の時間を割く事が少なくスムーズです。

街の屋根やさん 新潟店では室内の工事も、リフォーム・リノベーション工事も行っていますのでご相談ください。



屋根・外壁・雨樋・雨漏れのご相談は【街の屋根やさん 新潟店】までお気軽にお電話ください。
☎0800-888-4151

 

【工事完了後】

壁紙補修工事

室内壁紙貼替工事

室内壁紙貼替工事

外壁工事復旧工事 仕上げ コーキング

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

屋根塗装・外壁塗装をご依頼いただいた杉並区のO様より、竣工後の感想を伺いました。

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料