街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

富津市の倉庫屋根|風災による棟板金飛散を交換工事で改善!

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

富津市 棟板金交換 工場・倉庫などの屋根リフォーム

【工事のきっかけ】
富津市の倉庫屋根で棟板金が外れ落ちてしまったとご相談を承りました。 棟板金の飛散は多くご相談を頂きますが、補修を先送りにしてしまうと雨漏りを起こしたり、他の板金への被害も拡大してしまいます。 早急な補修と他にメンテナンスを行うべきか、しっかり点検を行い適切な補修工事をご提案させて頂きます!

ビフォーアフター

施工前

棟板金飛散

施工後

棟板金交換工事

基本情報

 

【棟板金交換工事】

棟板金飛散 棟板金

風災による被害状況です。屋根の頂点は屋根材では施工できない為、棟板金や棟包みと呼ばれる板金で覆いカバーをしています。

頂点ですのでどこよりも突風等の被害を受けることが多く、一般住宅でも棟板金の飛散・落下に伴うご相談は後を絶ちません。

この棟板金が飛散する原因は、主に固定釘の浮きや抜けと下地貫板の腐食です。

飛散した場所を確認して頂けるとわかりますが、下地の貫板が板金ごと飛散していたり、欠損を起こしてしまっています。

貫板が腐食する原因は経年劣化や雨水の浸入による耐久性の劣化が考えられます。普段板金で覆われてはいますが、木材を使用している事が多い為、いずれは割れや腐れを起こしてしまう部位でもあります。

釘浮き 棟板金浮き

棟板金も貫板も改修を行っていない場合、ほとんどが釘での固定です。太陽光による収縮や風による板金の揺れ等によって、徐々に釘が抜け板金の固定が弱まります。

すると強風によって外れるリスクも高くなるため、定期点検を行い必要な補強もしくは交換工事が必要となります。

他にも経年劣化によって起こる症状があります。鋼板は経年劣化により表面の塗膜が劣化し錆が発生します。錆は見栄えを悪くするだけでなく、穴あきを起こし雨水を浸入させてしまいます。

鋼板の継ぎ目部分は雨水が入り込まないようにシーリングを打設している箇所が多いですが、シーリングも経年により硬化し肉痩せや亀裂が起きます。

板金の浮き 屋根材

板金の固定力が弱まった場合はこのように屋根材との間に隙間が生じ、台風等で一気に煽られ飛散してしまいます。

既存で使用している板金は既に錆の発生が見られますので、交換工事を行いしっかりと貫板をカバーできるように施工し直していきます。

この機会に屋根塗装メンテナンス等を行う事で、板金の表面だけでなくスレートの耐久性維持にも繋がります。

スレート屋根は10年ごとの塗装保護を行う事で屋根材の吸水を防ぎ、割れや浮き・反りを起こしにくい状態を保つ事が出来ます。

今回は雨漏りを起こさないように早急な対処が必要ですので棟板金の交換工事のみを行っていきますが、屋根塗装工事は屋根全体の寿命を延ばしますので是非ご検討ください。

貫板撤去 貫板撤去

棟板金交換工事を行います。既存の棟板金と貫板を撤去し新たに取り付け直していきます。

この際に雨漏りの原因となるような釘穴や防水紙の破れを発見すれば、その都度防水テープやシーリングで補修をしていきます。

板金は傷を付けないように取り扱いに注意して運搬を行います。現在多く使用されているガルバリウム鋼板(GL鋼板)は錆びにくいとは言われていますが錆びない訳ではありません。

傷があればその部分から徐々に傷み錆は拡大していきますので、施工の段階での傷はタッチアップ(塗料で保護)し、隠していくような細かな作業が非常に重要です。

棟板金シーリング

改修は抜けにくく錆びにくいステンレス(SUS)製のビスでしっかりと固定していきます。板金の取り合いから雨水が入り込まないようにマスキングテープで養生をし、シーリング施工を行えば棟板金交換工事は完了です。

しばらくは強風による飛散はないかと思いますが、定期的に状態確認をし飛散する原因はないか?塗装で表面保護が必要か?としっかりとメンテナンスを行っていきましょう。

棟板金の飛散についてはもちろん、屋根からの雨漏りや補修工事に関してのご質問も承っております。点検・見積もりは無料ですのでお気軽に街の屋根やさんへご相談くださいませ。

 

 

 

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ