ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

横浜市港北区で要らないトップライトを撤去してエコグラーニで屋根カバー工事

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

横浜市港北区 屋根カバー工事

【工事のきっかけ】
横浜市港北区でスレート屋根に金属屋根でカバー工事をおこないました。築10年で傷みはそれ程酷くありませんが、メンテナンスをするのであれば、今後なるべく何もしなくて済む屋根材をご希望していました。使用したのはジンカリウム鋼板の基盤に自然石を吹き付けた『エコグラーニ』です。軽くて耐久性が高い材料で、表面に吹き付けた自然石によって屋根にボリュームも出ます。ジンカリウム鋼板の基盤に30年間の保証が付きますので、メンテナンス後も安心です。屋根材の下に葺く防水紙の耐久性も今回の工事の重要な部分で、切れたり破れたりしにくい『ニューライナールーフ』を使っています。防水紙と屋根材の両方の耐久性が高いので雨漏りの心配もありません。カバー工事と一緒に屋根に設置されているトップライトは、全く必要ないとの事なので、カバーする前に撤去して屋根で塞ぎました。雨漏りのリスクも減って暑かった室内の環境も改善されて、お客様も大変喜んでいらっしゃいました。

ビフォーアフター

施工前

工事前

施工後

カバー工事後

基本情報

  • 平米数45㎡
  • 使用材料エコグラーニ,ニューライナールーフ
 

工事前の状態

スレート葺きの屋根は、現在は作られていないケイミュー株式会社のコロニアルNEOです。アスベストに関する規制が平成18年9月(2006年)ですので、築10年の屋根材はノンアスベストの屋根材です。切り替わり直後の時には、他のメーカーの屋根材では結構な不具合発生がありましたが、コロニアルNEOには殆ど不具合事例の報告はありません。

築年数とスレートの劣化を見れば塗装工事は可能な状態ですが、お客様から今回メンテナンスをおこなった後はなるべく何もしなくて済む様にしたい、というご要望がありましたのでカバー工事をおこなう事になりました。

屋根の一番高い棟部分には、小屋裏の熱気を逃がす換気棟が設置されています。カバー工事をおこなう時には、この換気棟も新しくします。一か所あるトップライトは全く使っておらず、トップライトがある事で室内が暑くなってしまうという事でしたので、カバー工事をおこなう前にトップライトを撤去する事になりました。

カバー工事開始

カバー工事を始める前にトップライトを撤去します。防水処理はしっかりしてありますが、屋根に穴を空けて設置しますので、長い目で見るとやはり雨漏りの可能性が高くなってしまうので、使用していないのであれば撤去して屋根をフラットにした方が良いですね。

カバー工事は元々あるスレートの上に新しい屋根材を葺いてきますので、撤去して穴が開いた部分は下地を新しく作って高さを合わせます。

屋根面を平らにするために、棟板金や雪止めなどの屋根から出っ張ったものを取り除いていきます。

既存の棟板金には、換気棟といって小屋裏の熱気を逃がす部材が取り付けてあります。温かな空気は高い所へ上がっていきますので、屋根の一番高い所へ換気口を設けます。これが換気棟です。新しくカバーする屋根材にも換気棟を設置します。

屋根の出っ張った部分の撤去が終わったら、次は防水紙(ルーフィング)を敷きます。今回使用したのは『ニューライナールーフ』です。ルーフィングの中でも耐久性が高く、手で切る事が出来ないほどの強さがあります。

屋根全面に軒先部分からルーフィングを葺き、全面が覆われました。

ルーフィングを敷き終えたら屋根を葺いていきます。今回使用した屋根材は『エコグラーニ』です。ジンカリウム鋼板の基盤の表面に自然石を吹き付けてある材料で、軽さと耐久性をもったお薦めの屋根材です。

軒先から順番に並べていきます。斜めになった部分はカットして後から棟を被せて納めていきます。

エコグラーニの固定の仕方は、一枚一枚下地の野地板の固定した後、上の段の材料と専用のビスで固定していきます。このビス固定で一体化する事で、風にも強くなり強度が増します。

全てのビス固定が終わった後は、棟を被せて納めます。元々換気棟があった部分も専用の部材を使用して小屋裏の熱気を逃がす造りにしていきます。

この網状になった部分が熱気を逃がす換気口になっています。気温が高いので既にここから熱気が流れてくるのが分かります。

棟も同じように石が吹き付けてあるので、屋根全体にボリュームが出ました。

換気棟部分は他より一段上がった納まりになります。この換気棟が有るのと無いのでは、小屋裏の環境が全然違ってきますので、現在付いていなくても屋根の工事をおこなう時には一緒に取り付けする事をお薦めします。

スレートの平らなイメージの屋根から比べると、ボリュームが出ましたね!耐久性の高いルーフィングと屋根材を使ったので、今後の屋根メンテナンスは殆ど必要なくなりました。お客様にも仕上がりに大変満足していただけました。

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料