街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

鎌ヶ谷市で雨漏りからの屋根部分カバー工事、GL鋼板製断熱トップエイトワンで施工
セキノ興産 断熱トップ エイトワン

鎌ヶ谷市 屋根補修工事 屋根カバー工事 雨漏り修理 雪止め設置 屋根カバー工法 屋根カバー工法

【工事のきっかけ】
鎌ヶ谷市のS様からご連絡を頂いたのは、雨漏りがなかなか解消しない、というお困り内容でした。お話を伺うと過去にもいろいろと対策工事を行われたとの事ですが解消しない、というものでした。雨漏りの原因箇所の特定には若干の困難がありましたが、原因箇所の特定もでき無事に工事を行うことが出来ました。

ビフォーアフター

施工前

屋根全体像

施工後

部分葺き替え後の屋根イメージ

基本情報

  • 使用材料セキノ興産 断熱トップ エイトワン
 

【点検】

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事002 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事001

調査にお伺いさせていただいた日はあいにくの雨でした。やはりこの日も雨漏りをしていたそうで、雨漏り直上の建物構造材には、はっきりとした漏水痕が残っていました。天井にあたる部分の石膏ボードにもかなりのシミを作っていて雨漏りの深刻さがわかります。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事003 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事004

以前より止まらない雨漏り。S様もいろいろと試してみたそうです。知人友人を介して、該当箇所と思われる場所への防水の為のパネル設置や、雨漏り箇所直上屋根、下屋根になりますが、そこの壁との取り合いや雨押えに、これでもか!というくらいのコーキングによるシール処理。それでも止まらいとの事でした。コーキングによるシールもやり方によっては雨漏りを増幅させてしまう事があります。入口が一か所という事ばかりでは無いのと、出口をふさいでしまう可能性もあるためです。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事006 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事008

疑わしい部分には、先手ではありませんが、コーキングによるシールがされており外部からの原因箇所の特定は難しいように思われました。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事010 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事009

点検を行っている中で屋根の収めかたで、どうしても気になる部分があり確認を行うと水切り金物が違うのでは?という疑問にあたりました。確かに壁側と軒側に傾斜をしている屋根の構造なのですが雨樋も付いているにも関わらずケラバ水切りによる施工になっています。この水切りでは屋根の上側から流れてきた水は雨樋というよりも水切りの溝にそって壁際まで進みます。それも大量になることでしょう。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事011 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事005

壁際の該当箇所はビッシリとコーキングが打たれているため、もともとがどのようになっていたのかを判断する事は難しいのですが、浸水経路は間違いなくこの部分であると思われました。同じ部分を小屋裏から見た様子ですが、壁際との水切りと野地板から先の部分で色がはっきりと違くなっているのがおわかりでしょうか?黒くなっている部分は浸水によって真黒く変色してしまっていました。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事007 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事015

水の流れは上から下へ行くので上の方面の確認も行っておりますが、水切りのかなり上まで防水紙が覆いかぶさっており、浸水の形跡も確認はできませんでした。やはり漏水の原因としては屋根から集まった雨水が軒先の板金金物にそって壁際に集中しすでに隠れてしまってはいますが、微細な隙間より建物内部へ浸入して起こしている物と考えて間違いないでしょう。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事013 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事014

調査結果と状況をS様にご説明し、二通りの工事方法のご提案をさせて頂きました。軒先の金物のおさめ方に問題があるので、そこを中心とした改修工事を行うのですが、1つは該当面の化粧スレート葺き替え工事、もう一つは処分費や処分材料がほとんど出ない部分的なGL鋼板製屋根カバー工事です。様々な事情を考慮して、GL鋼板製屋根部分カバー工事をおこなう方向でご契約をさせて頂きました。

【工事】

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事020 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事017

着工日は点検の時とは打って変わって良い天気に恵まれました。カバー工事で不必要な雪止め金具、棟板金や棟の貫板を撤去し、粘着式ルーフィング田島のタディスセルフを既存の屋根に貼り付けます。このルーフィングは初めは貼り直しが出来るのですが時間の経過とともに粘着力が増し取れなくなります。弊社の屋根カバー工事の際にはよほどのことが無い限り使用している材料です。屋根の形状がやや特殊でありますのでどのようにルーフィングを貼っていくのかも悩みどころです。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事018 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事019

防水紙の敷設工事が終了した後、役物の金具を設置いたします。壁際の雨押えと言われる部分の施工、今回の工事の発端となった軒先にケラバ金物ではなく、軒先唐草という金物を設置しています。壁際の部分は既存の水切りも残っているのでこれで全く水の入る余地が無くなりました。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事022 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事023

役物の金物を付け終った後は屋根材のGL鋼板製断熱トップエイトワンを施工していきます。この工事でなぜにこのエイトワンを選択したのかと言いますと、部分葺き替えで他の面はそのままスレートであることより、あまり見た目の相違が出ない様にしたかったことと、軒先側での収まりの問題です。軒先は唐草に掴んで施工をいたしました。

鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事021 鎌ヶ谷市雨漏り点検、工事016

今回の施工にあたり、お客様が以前対策工事で付けられたパネルは撤去いたしました。雨押え部分の捨て谷も今まではコーキングに埋まってしまい見えなくなっていました。この工事でしっかり作り直されたことで壁際での水の流れもスムーズになることでしょう。

 

【工事完了後】

屋根部分カバー、軒先収まり

S様邸の屋根は写真奥側より手前側に向かって傾斜が付いています。雨が降った場合は必然的に壁際に水の流れは起こるのですが軒先の納まりを通常の物としたことで一気に壁際に集中することは無くなると思われます。また軒先の裏側を伝ってしまう事や、今までのケラバ収めの仕様では軒先の野地板の隙間からも浸水の可能性があったのですがそれが無くなりました。

壁際に於いても、雨押え側の新設により際の捨て谷の効果が発揮されることで樋の終点地点での屋根上の隅に水が溜まってしまうことによって軒先から水が浸入することも無くなることでしょう。

部分カバー軒先おさまり壁側

壁際に於いても、雨押え側の新設により際の捨て谷の効果が発揮されることで樋の終点地点での屋根上の隅に水が溜まってしまうことによって軒先から水が浸入することも無くなることでしょう。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ