街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

塗装が必要な瓦の種類について徹底解説!

台風21号が接近しています。対策できていますか?

新人のリフォーム学ぶブログ

更新日:2016年12月11日

一般的に瓦屋根と聞くと、釉薬瓦など昔から日本人に馴染みのあるフリーメンテナンス仕様の瓦が浮かびますが、
瓦の種類によってはスレート屋根などと同様に塗装によるメンテナンスが必要となる瓦があります。
塗装の必要のない瓦は主に粘土から作られており、そのような瓦は釉薬で色を付けられることや素焼きして粘土の色を変化させたものなどがあります。

セメント瓦やコンクリート瓦などは塗料によって色づけられたものになります。
屋根材の防水効果を塗装に頼っている部分があるので、10年に一度ほどの周期で塗装のメンテナンスを行います。
足場代の節約のやめ塗装の際に漆喰のメンテナンスを行うお客様も多いような印象をうけます。

スプレー 吹き付け塗装

特にセメント瓦の場合はデザインが豊富で、複雑な形状をしている瓦が多いため一般的なお住まいの塗装に比べ、吹き付け塗装を行う場合が多いのです。
しかし、セメントの劣化具合によっては塗料のノリが悪く塗料を思った以上に吸い込んでしまう場合があります。
屋根材が塗料を吸い込み過ぎて膜厚の形成が出来ない場合などは、ローラーで施工することにより膜厚もでき、仕上がりの光沢なども変わってきます。
塗装の経験は多くの現場を実践しなければ判断もできず、間違った施工で耐用年数の低い低品質な工事を提供してしまうことになります。
工事方法や塗料も日々、進化しておりますのでより良い工事を提供できるように臨機応変に工事を進めていかなければなりません。

吹き付け塗装 ローラー塗装

セメント瓦の知識が無い業者などは、屋根の状態を考慮せずに葺き替え工事などを薦める業者も多いそうです。
確かに劣化状態によっては塗装での対応が難しいセメント瓦も存在しますが、予算や建物にとってベストな工事を行いたいですね。

当店ではセメント瓦・コンクリート瓦の塗装工事も承っておりますので、お気軽に0120-989-742までご相談ください。

この記事と共通の工事内容の「新人のリフォーム学ブログ」

瓦屋根

2017/02/19  屋根の点検方法とメンテナンスサイクルについて

   築年数も経過するのでそろそろ屋根もメンテナンスの時期かな?と考える方も多いかと思います。 そろそろメンテナンスかな?と考えても、自分では屋根のどこをメンテナンスすればよいかもわからないし、 業者に点検を依頼して、点検内容を聞いてもいまいちわからないことが多く判断がつかない、 本当に提案された屋根のメンテナンスが必要なのか不...続きを読む

吹き付け塗装

2016/12/11  塗装が必要な瓦の種類について徹底解説!

   一般的に瓦屋根と聞くと、釉薬瓦など昔から日本人に馴染みのあるフリーメンテナンス仕様の瓦が浮かびますが、 瓦の種類によってはスレート屋根などと同様に塗装によるメンテナンスが必要となる瓦があります。 塗装の必要のない瓦は主に粘土から作られており、そのような瓦は釉薬で色を付けられることや素焼きして粘土の色を変化させたものなどがあり...続きを読む

2016/08/7  夏の暑さ対策に効果的な屋根リフォーム

   ここ数日、とても暑い日が続いていますね。かと思えば、突然地面を打ちつける夕立に傘を持ち合わせておらずびしょびしょに濡れてしまった方も多いのではないでしょうか? 夏の夕立は地表と上空の温度差によって積乱雲が形成され、一時的に激しい雨が降りますが予想が立てづらくいつ起こるかもわかりません。 都市部ではビルが密集していることから、...続きを読む

この記事と共通の工事内容の現場ブログ

棟板金,釘

2017/10/20  横浜市旭区|棟板金交換と同時に屋根塗装メンテナンスも検討を!

   横浜市旭区で棟板金の飛散・落下でお問い合わせを頂きました。敷地内に板金が落ちていたようですが、初めは屋根の構造も分からず、自宅の物ではないと思っていたようです。 しかし遠くから確認すると一部木材が見え他の板金と同じ色とのことで、事態の深刻さを把握されたようです。   早速点検を行います。屋根形状は寄棟と呼ばれる...続きを読む

2017/10/19  川崎市川崎区|屋根塗装塗(ヤネMシリコン)で屋根を長持ちさせます

   屋根塗装をすることでお住まいの寿命が大きく変わります 川崎市川崎区のお客様より屋根塗装のご依頼をお受けいたしました。屋根はスレートが使われており、今まで一度も塗装をしていないことから色褪せも酷い状況だということです。和瓦などは塗装をせずとも数十年もりますが、スレートは定期的に塗装をしなければ紫外線や水分の影響で劣化してしまいま...続きを読む

棟板金飛散

2017/10/13  川崎市幸区|火災保険を利用して棟板金補修と屋根塗装を同時施工!

   川崎市幸区で台風によって棟板金が飛散してしまった住宅です。火災保険の申請が無事通りましたので、養生で雨水の浸入を防いでいた棟板金の交換を行っていきます。 火災保険の内容確認と補償金額の決定までは30日以内の事が多いのですが、再調査が必要なケースですと90日の猶予があります。 するとどんどん補修工事のタイミングが先延ば...続きを読む

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742
ページのトップへ