ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

葛飾区|強風により棟板金が飛散したので交換工事を行いました

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

葛飾区 棟板金交換

【工事のきっかけ】
葛飾区で強風によって飛散してしまった棟板金の交換工事を行いました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

 

【調査】

葛飾区にて強風によって棟板金が飛散してしまいましたので交換工事を行いました。まずは調査を行います。強風による被害ですので火災保険をしようして工事することができますが、未加入でしたのでそのまま工事をしていきます。

葛飾区棟板金の飛散 葛飾区棟板金の飛散

片流れ屋根の棟板金の飛散です。飛散した棟板金は地面に落ちていました。お隣の家や、通行人さんに当たらなかったのは不幸中の幸いではないでしょうか。

葛飾区棟板金の飛散 葛飾区棟板金の飛散

飛散の原因としては固定していた釘が劣化により浮いてしまったことが考えられます。貫板も一緒に飛んでいることから全体的に固定が甘くなっていたのではないでしょうか。

【工事】

棟板金交換工事を開始します。同じ形をした屋根が何個か見えますが、アパートの屋根でした。4箇所同じ棟板金が設置されておりますが、今回飛散したのは1箇所のみとなります。本当は同じ時期に施工されているものなので4箇所交換した方がいいのですが、お客様の改修予定や、ご予算もございますので今回は1箇所のみの交換となります。

葛飾区棟板金の飛散 葛飾区棟板金の飛散

まずは棟板金を固定するための貫板を施工致します。貫板には木製の物と樹脂製の物がございます。より、固定を強固にするのであれば樹脂製のものを使用することをお勧め致します。貫板を施工し終えたら棟板金本体の施工となります。角の部分は多少加工が必要となります。加工が甘いと雨が入り雨漏りしてしまうことがあります。

葛飾区棟板金の飛散 葛飾区棟板金の飛散

以前の固定方法は釘で固定していましたが、弊社ではビスで固定します。より強度を高めたいのでビスでの施工をしております。今回交換した1箇所以外は以前までの釘で固定しているもので、貫板の状態も変わっておりませんのでお客様には気をつけて見ていただくようお伝えし工事が完了致しました。早急に工事することができ、お客様も喜ばれておりました。

【工事完了後】

木製の貫板を使用しました。強度を上げたいときは樹脂製の物も使用できます。

貫板本体工事完了。ビス止めをしております。釘で固定するよりも強度が上がります。

貫板本体工事完了。ビス止めをしております。釘で固定するよりも強度が上がります。

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料