街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

市原市|よくあるお問い合わせ!台風による雨樋破損を保険で補修

台風21号が接近しています。対策できていますか?

市原市 雨樋交換

【工事のきっかけ】
市原市のS様邸です。先日の台風によって南面の雨樋が破損してしまいました。 天災による住宅の破損は、火災保険や火災共済を利用し補修することも可能です。 加入条件等をご確認頂いた上で、保険の申請をしてみましょう。

ビフォーアフター

施工前

雨樋交換,火災保険

施工後

雨樋交換工事,完了

基本情報

 

【点検の様子】

雨樋破損 雨樋破損

台風や雹、雪害、落雷などの「風災」によって、建物が破損してしまう事は決して珍しい事ではありません。

市原市のS様邸も、先日の台風によって雨樋が金具から外れてしまいました。すでに歪んでしまっている為、既存の雨樋を再利用することが出来ずに交換となります。

今回のような塩ビ製の雨樋や波板等は風に煽られたり、飛来物によって破損することも多い為、補修のタイミングは比較的多いのではないかと思います。

 

このように自然災害によって建物が破損してしまった場合、火災保険や火災共済の「保険の対象」に入ることがあります。

ではどのような時にどのような補修が受けられるのかをご説明したいと思います。

 

【火災保険・共済ってなに?】

火災保険と伺うと、火災時の補償のみと思われていますが、実際には自然災害、水濡れ、衝突、盗難、水災による被害を補償するというものです。

自然災害の中で、地震や津波・噴火も入るのでは?と思いますがこちらは「地震保険」の対象範囲内となります。

火災は火災保険の補償対象ですが、地震による火災につきましては地震保険の対象となりますのでご注意ください。

※地震保険は火災保険とセット加入ですので、地震保険のみの加入はできません。

 

近年、保険の種類も多様化され、保険会社や保険の種類によっても補償範囲と保険料に差がありますので、お住まいでご加入されている保険の内容を確認頂く必要があります。

風災による破損の際にご確認頂きたい事項

・火災保険・共済の加入有無(保険と共催は補償範囲が違います。)

・保険の補償内容(免責金額の設定等をされている方は、補修の際に100%保険を利用できるとは限りません。)

はまずご確認ください。火災保険は過去3年に遡って申請することが可能ですし、何度利用しても保険料は上がることがありませんのでご安心ください。。

軒樋落下 軒樋,集水器

火災保険の補償対象は原則「原状回復」です。つまり、破損した部分のみを元通りに補修するという事が目的です。当然経年劣化での破損は保険の対象にはなりませんし、補修範囲の拡大も出来ません。

使用材料がすでに廃版になっていたという部分補修が不可能な場合に限り、全交換が可能なケースがあります。

補修の際には必ず、使用している雨樋のメーカーや品番を確認させて頂きます。

足場仮設 雨樋交換

【火災保険の申請方法】

まず、お客様にして頂きたい事がいくつかあります。ご加入の保険会社に連絡をして頂き「いつの災害で、どのような状態になってしまったか」とお伝えください。

保険申請に必要な書類が数日中に届くかと思いますので、書類に合わせ「お見積書と現状の写真」の提出が求められます。

必要書類の準備は弊社にて承ります。書類の作成方法等について、ご不明点等がございましたらお気軽にお申しつけくださいませ。

 

申請後、必要に応じて「鑑定人」の現地確認が完了した後に、保険の支払い結果の報告がございます。

混雑状況にもよりますが、おおよそ10日~2週間程度掛かります。ここまでをしっかりと行い、補修工事に入っていきます。

【雨樋交換工事】

まず足場の仮設を行い雨樋交換工事の準備を行います。補修に必要な補修費用は火災保険が適用となります。

その後、破損した樋と支持金具の撤去です。

金具交換 吊金具

補修前は半丸の雨樋を受け金具で取り付けていましたが、今回は角樋を吊金具取付へと変更していきます。

角樋は半丸の雨樋よりも、雨水を多く流す事が出来ますので降水量が多い地域には大変適しています。

雨樋交換のタイミングは今回のような破損や、屋根材の交換にあわせて、塗装工事の際に新たに交換という手もあります。

屋根材の交換によっては、軒の出の長さも雨水の速さも変わりますので、随時それに合わせ雨樋の取り付け方を変えていく必要があります。

吊金具 金具ピッチ

支持金具の取りつけ間隔は、通常の地域で600㎜間隔です。積雪量が30~50㎝になる中雪地域は450㎜、50~100㎝の多雪地域は300㎜間隔に取り付けることで、強度が保たれます。

風当たりの強い地域等は少し細かな間隔で取り付けていきます。

この支持金具ですが、集水器に向かってほんの少しの水勾配が付いています。取付の際には水が留まらないように、水糸で高さを調節しながら取付を行っていきます。

軒樋 吊金具

最後に新規の角樋を支持金具を取りつけ、水の流れを確認してから工事は完了です。

思わぬ事故の際にも、火災保険を使用することで自己負担を最小限に抑えることが出来ます。

自然災害時には慌てずに火災保険の確認と申請を進めていきましょう。

街の屋根やさん本社

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒299-0261
        千葉県袖ヶ浦市福王台2-21-10 セントラルビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ