ボタン

岸和田市の下屋葺き替えで断熱材を入れてコロニアルを葺きました!

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/20更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年4月17日

岸和田市の屋根葺き替え工事のなかの、下屋葺き替えの様子を前回より詳しくお伝えしています。


N様邸の屋根はカラー鋼板で経年劣化で錆びついていました。今回屋根を葺き替えるにあたり、屋根の断熱性能を高めたいとのご相談で屋根に断熱材を入れることになり、屋根材もスレート瓦に変更して葺き替えました。

下屋にも同じように断熱材を入れて、スレート瓦に葺き替えます。

前回、下屋の既存の屋根撤去、垂木の交換までをご紹介したので、今回は断熱材施工、瓦葺きを分かりやすくご紹介します。


写真は下屋を撤去して太い垂木を取付けた様子です。
この上に下地の構造用合板を張りました。

下地の構造用合板の上に木枠を取付けて、その間に断熱材を入れていきます。

これにより夏場の小屋裏および室内への熱の侵入を防ぎ、室内を快適な空間に近づけることができます。

今回使用した断熱材はスタイロフォームという発泡スチレンフォームの化学性断熱材です。

熱を伝えにくく、吸水・吸湿性がほとんどありません。軽くて丈夫ですが、加工がしやすいという特徴があります。

下屋に断熱材を入れて、その上に更に瓦を葺く下地を設置しました。


垂木の上に下地を設置し、その上に断熱材、更に瓦を葺く下地を設置、という流れです。

下地の上に改質ゴムアスファルトルーフィングという防水シートを敷きました。

この防水シートが瓦の内側に廻った雨水が室内に浸入するのを防いでくれます。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742