ボタン

沼津市S町の住宅で三角窓から雨漏りがありました。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年6月14日

沼津市のS町の住宅で三角窓まわりから雨漏りが

ありました。現地調査に行ってみると
屋根の勾配がとてもきつくて靴では
瓦の上に登ることができませんでした。
三角窓からの雨漏りということで、
どうしても屋根に登り直接確認する必要があります。
さて、どうするかと考えましたが、
答えは簡単です。裸足で登ればいいのです。

靴下を脱いで、裸足で登りました。

幸い三角窓や下屋部分ですので、それが
可能でした。もしも2階部分の屋根で
この状況だと登ることができないため、
現調するだけでも、何かしらの足場が
必要となったと思います。

登って三角窓を確認すると、木の下地に硝子が

はめ込んであり、その周りにコーキングが
打ってありました。しかし、コーキングには
隙間があり、ここへ雨風が当たれば雨漏りする
ことは明らかでした。
この場所は、過去にも雨漏りがしたことが
あるそうです。その時に、すでにコーキングを
打ち直してあったのですが、なぜまた隙間が
できてしまったのか?
それは下地の木の劣化です。枠の木が痩せてしまい
塗装がボロボロになり、硝子との隙間をコーキングで
埋めてありましたが、木の劣化の影響により剥がれて
しまったのです。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742