街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

三島市内、金属瓦屋根の塗替え工事
フッ素塗装

台風の後は無料点検を!

三島市 屋根補修工事 屋根塗装

【工事のきっかけ】
切妻屋根で、屋根の状態が棟の向こう面の屋根の経年劣化の状態と著しく異なっていて、 擦ったように見えていた為、早くに直したかった。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容屋根補修工事 屋根塗装
  • 築年数約20年
  • 施工費用114万円
  • 使用材料フッ素塗装

金属瓦葺きの屋根材で、メーカー名は某S化学の製品です。

この商品が市場に出たのは30年程前と記憶しています。
鋼板の表面に焼き付け塗装処理をしたものだそうです。
屋根の面、切妻屋根で屋根のこちら側と向こう側での経年劣化状態が異なって表れている不思議な状態がみられます。
写真は塗装表面がひび割れた状態でした。
ひび割れ剥がれかかった周辺をケレン処理し下地処理を行なっています。


表面の白くはげた部分と細かいヒビが無数に入っているのが分かります。

表面が凹凸のある曲面なのでケレンや研磨作業などすべてが
手作業で行なう事になります。

同一屋根の切妻で、こちら面の屋根の状態と棟の向こう面の屋根の経年劣化の状態が著しく異なっています。

写真の面は擦ったように見え、下地処理用の塗装が見えています。

ケレン処理→高圧洗浄処理→プライマー処理等の下地処理作業終了後、いよいよ塗装段階に移って行きます。

塗装工程は下塗り→中塗り→上塗り、となりすべての作業が終了となります。

屋根の全景写真です

今度は今までのような切妻屋根のこちら側面と向こう側面の経年劣化状態が著しく異なる事は無いと思います。
屋根は建物の中で天候の影響を一番受け易い最も過酷な位置にあります。また常にその状態を目視出来る所にないので、最低3年に一度は屋根に登って今の状態を確認できるよう心掛けましょう。

 

【工事完了後】

屋根は建物の中で天候の影響を一番受け易い最も過酷な位置にあります。また常にその状態を目視出来る所にないので、最低3年に一度は屋根に登って今の状態を確認できるよう心掛けましょう。

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ