ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん山口下関店

〒751-0877
山口県下関市秋根東町2番26号

会社概要はこちら

街の屋根やさん周南店

〒745-0044
山口県周南市千代田町7-3 SUNTEX千代田ビル

会社概要はこちら

ボタン

下松市で棟板金の釘が浮いて補修が必要なスレート屋根を点検しました

更新日:2019年5月14日

スレート屋根

下松市にある賃貸アパートの大家さんからお問い合わせいただき、点検を行いました。
スレート材が全体的に色褪せていました。
スレート材の色あせは塗膜が劣化して防水性が低下している証拠です。
すぐに雨漏りするということはありませんが、雨水が浸透しやすくなっており、スレート材自体が傷んでしまいます。
経年による色褪せはどうしても避けられず、表面の塗膜の劣化がこのまま進んでいくと塗料が粉状になり剥がれてきます。

スレート材のひび

スレート材にひびが発生していました。
強風時の飛来物や点検・施工時の踏み割れの可能性があります。
どんなに小さいひびであったとしても、そこから雨水が入り込む可能性がありますので、早めに補修するのをおすすめします。
補修は、ひびの部分にコーキング材を充填する方法で行います。

棟板金の釘浮き

棟板金の釘が浮いていました。
棟板金は、板金の下にある「貫板(ぬきいた)」に釘で留め付けています。
釘が抜けてくると、隙間から雨水が浸入して貫板を腐食させます。
ますます釘が抜けていくことになり、棟板金を固定する力が弱くなるため、強風で剥がれたり飛散する原因になります。
1、2本だけでなくかなりの本数の釘が浮いていましたので、貫板が劣化している可能性が高く、貫板の交換も含めて対処を検討する必要があります。

棟板金工事の詳細はこちらをご覧ください

雨樋の退色

雨樋(軒樋)に退色が見られます。
見た目は悪くなっていますが、雨樋の機能や耐久性には問題ありません。
外壁・屋根の塗装の主な目的は防水性の回復ですが、雨樋の塗装の目的は美観です。
基本的に雨樋は頑丈に造られており、塗膜で保護する必要がありません。
ですが、屋根や外壁がキレイになって、雨樋だけが色褪せていると建物の美観を損ねてしまいます。
そのため、屋根や外壁を塗り替える際には、一緒に塗装することをおすすめします。

屋根塗装、外壁塗装についてはこちらをご覧ください

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail machiyane@housedoctor.jp
      株式会社ハウスドクター山口
    1. 〒751-0877
      山口県下関市秋根東町2番26号
  • 街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail yane-shunan@suntex-yamaguchi.com
      株式会社サンテックス
    1. 〒745-0044
      山口県周南市千代田町7-3 SUNTEX千代田ビル
  • お問い合わせはこちらから

    外壁塗装 屋根塗装の工事後アンケート

    工事後のアンケートに答えていただきました!

    | 外壁塗装 屋根塗装

    工事後お客様の写真

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742