街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

ご連絡先はこちら


■街の屋根やさん大阪
電話 0120-989-742
E-Mail info@maxreform.jp
株式会社マックスリフォーム

〒564-0063 大阪府吹田市
江坂町1-23-19
米澤ビル第5江坂4F
電話 06-6369-1123
FAX 06-6369-1124

大きな地図で見る


■街の屋根やさん岸和田店
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社やまなか工務店

〒596-0044 大阪府岸和田市
西之内町57-24

大きな地図で見る

岸和田市内畑町の下屋の銅板屋根の劣化で雨漏り発生/現地調査にお伺いしました

更新日:2017年8月12日

岸和田市内畑町で「広縁と和室の天井に雨漏りしてるんです」とご相談があり現地調査にお伺いしました。

雨漏りしている広縁の上は銅板平板葺きの下屋で、上屋根の瓦には問題が無かったので、下屋から雨が浸入しているようでした。

近年では洋風の家を建てる方が増えてきました。そのため、屋根材に銅板(どうばん)を使用する家も減りましたが、銅板の屋根は緑青(ろくしょう・銅が青緑色になる錆のこと)によって、自然な色合を表現できるので現在でも好まれて使用する方も多いです。

広縁の雨漏り状況です。

天井の板が濡れて膨れてきていました。長期間、雨に濡れていたことが分かります。天井下の壁にも雨漏りの跡がありました。

広縁の広範囲にわたり雨漏りしています。

下屋の軒先のほうに集中しているので、真上にある上屋根と下屋の取り合いあたりから雨が浸入し、低いほうに伝って部屋内に現れた可能性があります。

下屋の銅板には数か所穴が空いていました。

銅板が劣化すると錆が発生し、そのまま放っておくと、穴が空いてしまいます。銅板に穴が空くと雨漏りしてしまうので要注意です。

上屋根から流れ落ちてくる雨が下屋にあたる箇所も傷みが激しく、割れたり穴が空いている箇所がたくさんありました。

銅板は塗り替えなどのメンテナンスは基本必要ないと言われていますが、錆がでた場合は塗り替えや補修をしておかないと劣化が進み穴が空きます。

続きはこちら

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ