雨漏り必ず止めます

ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん大阪吹田店

〒564-0052
大阪府吹田市広芝町10-40 TEK第一ビル9F

会社概要はこちら

街の屋根やさん岸和田店

〒596-0044
大阪府岸和田市西之内町57-24

会社概要はこちら

街の屋根やさん大阪門真店

〒571-0058
大阪府門真市小路町1-12門真グランドビル211号

会社概要はこちら

街の屋根やさん八尾店

〒581-0014
大阪府八尾市中田3-13

会社概要はこちら

街の屋根やさん堺店

〒599-8237
大阪府堺市中区深井水池町3260-3

会社概要はこちら

ボタン

岸和田市内畑町の下屋の銅板屋根の劣化で雨漏り発生/現地調査にお伺いしました

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

更新日:2017年8月12日

岸和田市内畑町で「広縁と和室の天井に雨漏りしてるんです」とご相談があり現地調査にお伺いしました。

雨漏りしている広縁の上は銅板平板葺きの下屋で、上屋根の瓦には問題が無かったので、下屋から雨が浸入しているようでした。

近年では洋風の家を建てる方が増えてきました。そのため、屋根材に銅板(どうばん)を使用する家も減りましたが、銅板の屋根は緑青(ろくしょう・銅が青緑色になる錆のこと)によって、自然な色合を表現できるので現在でも好まれて使用する方も多いです。

広縁の雨漏り状況です。

天井の板が濡れて膨れてきていました。長期間、雨に濡れていたことが分かります。天井下の壁にも雨漏りの跡がありました。

広縁の広範囲にわたり雨漏りしています。

下屋の軒先のほうに集中しているので、真上にある上屋根と下屋の取り合いあたりから雨が浸入し、低いほうに伝って部屋内に現れた可能性があります。

下屋の銅板には数か所穴が空いていました。

銅板が劣化すると錆が発生し、そのまま放っておくと、穴が空いてしまいます。銅板に穴が空くと雨漏りしてしまうので要注意です。

上屋根から流れ落ちてくる雨が下屋にあたる箇所も傷みが激しく、割れたり穴が空いている箇所がたくさんありました。

銅板は塗り替えなどのメンテナンスは基本必要ないと言われていますが、錆がでた場合は塗り替えや補修をしておかないと劣化が進み穴が空きます。

続きはこちら

街の屋根やさん岸和田店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail info@sharetech.co.jp
      株式会社やまなか工務店
    1. 〒596-0044
      大阪府岸和田市西之内町57-24
  • お問い合わせはこちらから

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742