街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

和泉市の吹付塗装したスレート屋根/タスペーサーできちんと縁切り!

更新日:2017年4月21日

和泉市の外壁・屋根塗装で前回、スレート屋根とサイディング外壁の高圧洗浄をご紹介しました。本日は、屋根の洗浄から塗装までの流れを簡単にご紹介します。

屋根も外壁も、塗装前には必ず高圧洗浄を行います。その理由として、塗装面をきれいにしてから塗装しないと、汚れの上に塗料を塗っていることになるため、汚れと一緒に塗膜が剥げてしまうからです。

ですので、塗装前に汚れや劣化して浮いてきた古い塗膜などをできるだけきれいに落とす必要があります。そうすることで、塗料が屋根面にきちんと密着します。

劣化した屋根によく見られるのが、塗膜の剥がれや色褪せ、苔の発生などです。下から見てこういった症状が見られたら、塗装の時期にきていることがほとんどです。

屋根も外壁も基本は下塗り・中塗り・上塗りの三回塗装します。

吹き付け、ローラーなど手法がありますが今回は三回とも吹付で塗装しました。
下塗りは上に重ねて塗る上塗り塗料をしっかりと密着させるために必要不可欠の工程です。
下塗りをしないで上塗りを行うと、仕上がった段階では全く分かりませんが、近い将来で塗膜の剥がれなどが発生する恐れがあります。

下塗り後、屋根の縁切りを行います。写真はタスペーサーという縁切り用の部材で、これを瓦の間に一定の間隔で挿入します。

縁切りとは、簡単に言うと雨水などが屋根の内部に溜まってしまうのを防ぐために行う作業です。

本来瓦には隙間が開いていますが、塗装リフォームすると、塗料で隙間がほとんど塞がれてしまいます。すると、わずかに開いた細い隙間から雨水が吸い上げられ(毛細管現象といいます)屋根の内部に入ってしまい、最悪の場合雨漏りしてしまう恐れがあります。タスペーサーという部材を瓦の間に挿入することで、くっついた塗膜を切り、雨がきちんと流れるようにしてあげます。

続きはこちら

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ