ボタン

真岡市のコロニアル屋根をカバー工法で葺き替えをしました。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/20更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

更新日:2018年4月16日

施工前の全景です。


 パソコンの調子が悪く4月12日の施工ブログです。
 外壁塗装の現場で施主様から屋根も一緒に塗装するご希望をいただきました。
 現場調査の結果、コロニアル屋根素材の傷みが激しく塗装では耐久性を保つことが出来ないことを提案させていただき屋根カバー工法での重ね葺き工事になりました。

施工前の屋根の状態です。


 切り妻屋根の北面です。黄色い苔や白く素地が剥がれているのも確認できます。

破損個所です。

 コロニアル屋根材の重ね部分です。屋根全体の切断面がミルフィーユ状に傷んで剥がれ落ちて、崩れています。
 この状態では塗装での修復は難しいです。

棟板金を撤去しました。


 高圧洗浄でごみを洗い流してから、棟板金を撤去しました。


ブロアーで清掃中です。


 棟板金の撤去中にでたごみをブロアーで清掃してコロニアル屋根表面をきれいにします。

スターター取り付け中です。


 軒先にスターターを38ミリのビスで450ミリ間隔で取り付け中です。軒先が傷んでいてスターターを貼る基準になりませんので墨を打ち直線状に貼っていきます。

続きはこちら

お問い合わせはこちらから

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742