街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

灘区 屋根塗装の縁切り作業塗装の為撤去中の太陽光を復旧します。

台風の後は無料点検を!

更新日:2017年9月13日

灘区 屋根塗装工事の様子を本日の現場ブログでご紹介しようと思います。
本日の工程は、スレート屋根の塗装ではとても重要な意味を持つ工程の『縁切り』の作業となります。
その後塗装を作業を完了させ、
塗装の為に一度撤去していた太陽光パネルの復旧を行います!

スレート屋根の重なりの部分です。

スレート屋根は塗膜により防水性能を保っているのですが、
経年の劣化で塗膜が飛びます。

そのままメンテナンスを行わないと水分を吸うようになり、
乾燥と湿潤を繰り返すことにより、
屋根材の先がそってきてしまいます。

その前に塗装のメンテナンスを行うのが理想的なメンテナンス時期です。

お客様のお住まいも、
とてもいいタイミングでの塗装だったため、
屋根材の先が比較的反りが無い状態での塗装となります。

その場合このようにスレートの重なり部分が塗装の際、
塗料でふさがってしまう事があります。


屋根材の隙間を密閉してふさいでしまう事は、
実はよくないことになります。

この屋根材の隙間は下から上る湿気など、
またスレートの内側に万が一入ってしまった
雨水などを排出するために
無ければならない隙間なのです。

その隙間をふさいでしまうということは、
湿気や雨水の出口がなくなり
ため込んでしまう事があります。

続きはこちら

街の屋根やさん神戸灘店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail info@maxreform.jp
      株式会社マックスリフォーム
    1. 〒657-0836
      兵庫県神戸市灘区城内通4-2-31栄ビル南棟211
  • 街の屋根やさん広島西店

    街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail infoyane@gojyou.jp
      株式会社ゴジョウ
    1. 〒731-5108
      広島県広島市佐伯区石内南1丁目21-11
  • 屋根工事メニュー

    屋根の雨漏り対策

     街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    詳しくはこちら

     
     

    お客様からのQA一覧

    屋根の雨漏り対策

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    詳しくはこちら

     

    会社概要

    屋根の雨漏り対策

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    詳しくはこちら

    無料相談受付中

      「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
      点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
      些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

    ページのトップへ