街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

お客様からのQ&A

棟板金の錆にはペンキを塗っておいたほうがいい?

『街の屋根やさん』に届いたお客様からの疑問やご質問を、ご紹介させていただきます。

横浜市緑区|40代男性のお客様からのご質問
[棟板金交換]
棟板金がものすごく錆てしまっているのですが、そのままにしておくのはまずいですよね?
ペンキなどを塗っておいたほうがいいですか?
街の屋根やさんからの回答
棟板金交換  私、高木がお答えします!
棟板金は屋根と屋根の違う面を繋ぐ部分になります。
棟板金は貫板(心木)という木材に固定されています。屋根材と屋根材の間は防水紙で覆われていますがこの防水紙が切れると家の中に水が浸入し雨漏りの危険性が出てきます。
棟板金は金属で出来ています。最近の棟板金はガルバリウム鋼板製で腐食しづらい材質を使用していますが、以前のものですと普通のトタンを使用しており、錆に弱く、錆びた箇所が腐食すると穴が開いてしまう恐れがあります。
錆が酷くない場合は錆を落とし塗装をすることで延命できます。
錆の進行が酷い場合は交換工事が必要になります。塗装工事で対応可能な場合でもしっかりとした施工が必要です。
先ずは錆をしっかりと落とします。(ケレン作業)専用の鑢で錆を落としていきます。このときの状況で錆が酷いかどうか判断します。
錆を落とした上で錆止めを塗装します。その上から専用塗料でしっかりと塗り上げてきます。
釘の浮きや抜けはそのままにしないでしっかりと固定することも重要です。
素人判断で施工することは危険な箇所ですので相談をして下さい。
その他横浜市緑区のお客様からのQ&Aはこちら 関連するQ&A Q&A一覧はこちらから

ご質問専用フォーム

弊社では、各種ご相談・お問い合わせを承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

下記フォームに質問内容をご入力のうえ、ご送信ください。

お名前
※必須

(例:山田太郎)

メールアドレス
※必須

(例:xxxxx@xyz.jp)半角でお願いします。

都道府県
※必須
続きの住所
※必須
お電話番号
任意
- -

(例:000-000-0000)半角でお願いします。

ご希望の工事
任意
ご質問はこちらへどうぞ
※必須

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は上の疑問解決! 質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ