ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん東東京

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん東京大田

〒145-0071
東京都大田区田園調布1-5-5 1F

会社概要はこちら

ボタン

府中市|コロニアルへの屋根葺き替え工事でメンテナンスを簡単に!

府中市 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
東京都府中市で屋根葺き替え工事のご依頼を承りました。 当初は日本瓦からエコグラーニへの葺き替え工事をご希望していましたが、軽量な屋根材は他にもございます。 今回は雨漏りの有無等、無料点検をした上で、セメント瓦からスレート屋根材への葺き替え工事をご提案させて頂きました。

ビフォーアフター

施工前

セメント瓦の屋根葺き替え工事

施工後

コロニアルへの屋根葺き替え工事

基本情報

 

【無料点検】

府中市の屋根葺き替え工事のご依頼 セメント瓦の点検

点検の時点で足場が仮設されていました。屋根葺き替え工事では埃が飛散し、近隣へのご迷惑となりますので、飛散防止用ネットは必需品です。

準備の様子から、施工を前提とした調査の様ですね。

 

2階建てで、2階の大屋根と1階部分の下屋の葺き替え工事を行います。

当初は日本瓦と伺っていましたが、正しくは【セメント瓦】、塗装が必要な瓦形状の屋根材です。

30~40年前に、日本瓦よりも安価で、同じような重厚感が得られるという理由から、多くの住宅に使用された屋根材です。

既に販売はされておらず、何か異常が起きた際には葺き替え工事が必要となります。

換気設備 雨押えの瓦

正に見た目は日本瓦と同じで、更に区別の付きにくい種類もございますが、唯一の違いはメンテナンス方法です。

【日本瓦とセメント瓦の違い】

日本瓦の原料は粘土です。素焼きの種類と、釉薬をかけて焼いている種類がございますが、基本的に瓦自体は塗装が不要で、メンテナンスフリーです。

漆喰補修や、防水紙(ルーフィング)の貼り替え、瓦の並び調整等は必要ですが、瓦自体は半世紀以上、使用することが可能な頑丈な素材です。

 

対してセメント瓦は、名前の通りセメントを瓦状に成形しています。セメントは吸水すると耐久性が著しく低下してしまいますので、表面に塗膜保護を行う必要があります。

つまり瓦特有の補修と、塗装メンテナンスも必要な、サイクルコストに費用がかかってしまう屋根材なのです。

重さは瓦と同等ですので、耐震性が問題視されている近年、使用したい理由がない屋根材です。

屋根葺き替え工事で、金属屋根材やスレート屋根等、軽量な屋根材へ変更し、お住まいへの負担を軽減してあげましょう。

 

【コロニアルへの屋根葺き替え工事】

屋根剥がし 合板補強

屋根葺き替え工事のメリットは、屋根の下地からやり直すことが出来ることです。

築30~40年、今まで手をつけたこともない屋根の、非常に重要な箇所です。

雨漏りの有無に関係なく、屋根にたわみや歪みが起きないように、屋根を葺く前に合板で補強をしましょう。

 

【野地板の厚み】

昔は細い板状の杉板を、あえて隙間を作り張っていました。水が入ったとしても乾燥を早くさせる為、湿気を逃がし快適な空間にする為ですが、今は住宅の在り方が変わっています。

水の浸入をさせないために、防水紙で雨水をシャットアウトしています。

その為、野地板は合板で隙間なく張り付けます。9・12・15㎜の厚みの合板を使用しますが、下地の状態に合わせて変更します。

屋根葺き替え後に太陽光パネルの設置を検討している場合は、パネル設置のガイドライン等をご確認ください。

確認できない場合は、12㎜以上の厚みの合板を使用していきましょう。

合板張付 防水紙貼り付け

合板で下地補強を行ってから、防水紙(ルーフィング)を軒から貼り重ねていきます。

このシートが雨漏りを防ぐ、屋根にとって最も重要な部材です。50年以上の高耐久のルーフィングシートや、粘着式のタイプもありますが、屋根材の耐久性に劣らない防水紙を使用します。

充分に重ねながら棟まで包んでいきます。

水切りの防水処理

下屋の外壁との取り合いです。水切りは外壁に埋め込まれていますので、取り外しは出来ません。

防水紙をギリギリまで立ち上げて、外壁から伝う雨水が入らないように処理していきます。

異なる部材との隙間の処理は、非常に難しいです。防水処理が不十分ですと、却って雨漏りを起こす可能性がありますので、丁寧な作業を心がけます。

天窓の立ち上がり 谷板金取り付け

天窓(トップライト)の周りも同様に、立ち上がりまで防水紙を施工していきます。

天窓周辺からの雨漏りは、屋根部分からと天窓自体に不具合を起こしている事があります。

天窓も10年目の点検、20年で交換が推奨されています。メンテナンスを怠ると、シーリングや下地木材の劣化・腐食を起こす可能性がありますので、充分に気をつけましょう。

 

屋根の形状は、お住まいによって様々です。

雨漏りのリスクが少ないのは、切妻や寄棟と呼ばれるシンプルな形状です。リスクが大きいのは、屋根材とは異なる素材が設置している住宅、棟違い等の複雑な形状の屋根です。

ほとんどの素材は必ず経年劣化しますので、定期的な点検と交換を行い、全体的な葺き替えに至らないよう気をつけましょう。

コロニアル葺き 屋根葺き替え工事

ようやく屋根材を葺いていきます。ご希望は金属屋根材(表面は石粒仕上げ)のエコグラーニでしたが、安価でカラーバリエーションが豊富なスレート屋根材「コロニアル」を使用しました。

原料は前回と同じくセメントですので、必ず定期的な塗装メンテナンスは必須です。

適切な補修を行えば、25~30年程度は安心して生活が出来るでしょう。

屋根の換気設備は、換気棟と同じ役割を果たしているようですので、撤去せずに残しました。錆が雨水で流れると屋根材を汚してしまいますので、早い段階で塗装をしましょう。

雪止め設置 全体の様子

スレート屋根の雪止めは錆びにくいステンレス製です。施工後に後付けをすることも出来ますが、降雪日が増えてきたと感じる地域は、近隣とのトラブル防止にも設置しておきましょう。

屋根から滑り落ちた雪が、カーポートや波板の破損を招いた、敷地内に落ちてきた、急な落雪が怖い等、ご相談を頂くことがあります。

先付けの雪止め金具は、屋根の内部で釘止めしますので、壊れにくい施工です。

施工時は色違いがありますが、塗装工事を行う際には、同一色に仕上げる事が出来ますので、ご安心ください。

 

【工事を終えて】

屋根工事後、足場を解体し全体を見渡すことが出来ました。屋根が綺麗になるだけで、お住まいの印象も大きく変わるかと思います。

今回、セメント瓦からスレート屋根に葺き替えたことで、1㎡当たり40kgの軽量化が出来ました。

50㎡の屋根でしたら2000kgの差、自動車に換算すると3台分も違います。

屋根を軽量に仕上げることで、地震の発生時に建物の揺れを軽減することも出来ますし、常にかかる住宅への負担が緩和できます。

なによりも、今後のメンテナンスを簡単にすることが出来、お客様の今後のお悩みも解消させることが出来ました。

我が家の屋根材はなんだろう?適切なメンテナンスは何?費用を知りたい等、気になる事がございましたら、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。

無料点検をさせて頂いて、お客様のご希望に沿った工事をご提案させて頂きます。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      府中市と近隣地区の施工事例はこちら

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料