ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん東東京

〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F

会社概要はこちら

街の屋根やさん東京大田

〒145-0071
東京都大田区田園調布1-5-5 1F

会社概要はこちら

ボタン

練馬区の屋根葺き替え工事|雨漏りしていた瓦棒を下地補強し改善!

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

練馬区 雨漏り修理 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
内装工事を行う際に雨漏りに気づいたのは、東京都練馬区の現場です。 雨漏りを起こしてしまっている以上は、屋根の補修をしない限り内装の補修はできません。 今回は瓦棒屋根です。瓦棒の特徴と劣化の注意点を踏まえ、屋根葺き替え工事を行い状態改善に努めていきます。

ビフォーアフター

施工前

瓦棒屋根の経年劣化

施工後

瓦棒屋根葺き替え工事

基本情報

 

【雨漏り点検】

雨漏りが起きてしまった場合、直さなければ!でも原因はどこに?どのように補修する?費用はどのぐらい掛かるのだろう?と疑問に思うことがたくさん出てきますよね?

そうこうしているうちに雨水はどんどん室内に入り込み、内部の柱や内装まで腐食させ、住宅全体の耐久性を著しく低下させてしまいます。

生活上、内装は補修したい!しかし、内装を補修しても雨水は入り込み続けるため、また内装が傷んでしまいます。

このようなことから雨漏りはまず第一に補修をしなければなりません。

練馬区の雨漏り現場 瓦棒屋根

雨漏りを起こしているのは、練馬区の建物です。今回の屋根は瓦棒と呼ばれる屋根材です。

【瓦棒屋根とは?】

瓦と名前には入っていますが、実際には瓦ではなく鋼板で成り立っています。

トタン屋根と呼んだ方が分かりやすいのかもしれませんが、屋根に等間隔で棒が取り付けられ、表面が凸凹としているのが瓦棒です。

瓦棒屋根の芯木

こちらが瓦棒の特徴になる「心木」です。両端から鋼板を張り、心木に沿って立ち上げます。更に心木の上にコの字の鋼板を被せてカバーすることで、繋ぎ目のない雨漏りに強い屋根に仕上がっています。

雨水の流れに従って葺くため水捌けも良く、1寸屋根と呼ばれるフラットに近い屋根にも使用出来ますし、シンプルなデザインから多くの場所で使用されています。

 

今回の雨漏りの原因は、屋根材の経年劣化です。耐久性の高い金属屋根ですが、もちろん塗装での表面保護は必要です。

塗装をしていない金属屋根は、表面の細かな傷等から徐々に錆びていき、穴が開いてしまえば間違いなく雨水は入り込んでしまいます。

また、心木が雨水を吸い込んでしまうことが、瓦棒の弱点です。下地の木材が腐ってしまうと、当然そこに固定している釘も抜け、鋼板も外れ更に雨漏り被害が大きくなる一方です。

本来は水が当たらないように、端まで鋼板でカバーされているはずですが、木材が露出してしまったために腐食も早くなってしまったようです。

雨漏り補修工事

室内から見た屋根の裏側です。野地にはバラ板、杉板と呼ばれる下地材です。40年前から建っている住宅には多いのではないでしょうか?

隙間を開けて施工する為、湿気を逃がしやすく、乾燥も早いため腐食を防ぎます。

近年の屋根の構造は、防水紙が雨水の浸入を完全にブロックする為、雨水が浸入した際の措置は特に必要ないようですね。

既に経年により傷んでしまっていますので、野地板も取り替えて屋根葺き替え工事を行っていきましょう。

【屋根葺き替え工事】

屋根剥がし 瓦棒解体

まずは既存の屋根材を剥がしていきます。心木を挟んで単体の屋根材が繋がっていますので、剥がしてみると大変コンパクトですね!

金属屋根は錆が最大の弱点です。良く見ると、通常は雨水が当たらない屋根材の裏側に錆が見られます。

つまり長期間に渡って雨水が入り込んでいたことがわかります。

特に、近年はガルバリウム鋼板等錆びにくい素材を使用することが多いのですが、昔はトタン製です。

トタンは、鉄板の表面に薄い亜鉛の膜を張った物で、鉄板よりは強いですが、いったん錆び始めると被害が拡大しやすい素材です。

瓦棒屋根の特徴 芯木の腐食確認

裏側と見比べると、既存の瓦棒屋根の表面が、既に赤錆に覆われているのが分かりますね!

錆というのは大変厄介なもので、一度錆が発生すると範囲を広げますし、他の素材にまで錆を移すことがあります。

そこまで酷くないからと放置すると、思わぬ所にまで被害が拡大しているケースもあります。

この状態では細かな穴が開き、雨漏りを起こしたとしても不思議ではありません。

雨水が入って腐食した木材は、色が黒ずんでいき、酷い場合は触ってフカフカしたり、ぼろぼろに崩れてしまったりします。

更に、水を含んだ木材は白蟻の格好の餌食です。住宅の安全の為にも、腐食した木材は随時取り替えていきましょう。

下地補強 野地板増張り

野地をすべて剥がし、垂木の補強を行いました。そして、新たに野地板を敷きますが、今回は合板を使用しました。

準防火地域・防火地域で使用する場合は、火に強い耐火用合板を使用していきます。

防水紙貼り付け

その後、防水紙(ルーフィング)を敷きこみます。防水紙が屋根の防水機能を果たします。

防水紙が破れてしまったり捲れたりすると、確実に雨漏りを起こしてしまいます。

しかし太陽光で傷みやすくなってしまいますので、保護をしているのが屋根材になります。

粘着性のあるものや、超高耐久の防水紙もありますので、住宅の状態や今後の方針・コストと相談し決めていきましょう。

芯木取り付け ガルバリウム鋼板

ようやく屋根材の葺き替えです。新たな心木を取り付け瓦棒の復旧を行います。

使用するのは錆びにくいガルバリウム鋼板です。心木との間に隙間を作らないように、現場加工でピッタリと取り付けていきます。

瓦棒屋根葺き替え工事 雨押えの確認

心木部分はキャップでカバーし雨水の浸入を防ぎます。雨押えとよばれる外壁と接している部分は、専用の部材を取り付け、外壁から伝う水が入らないよう、シーリングで防水処理を行います。

以上で屋根葺き替え工事は完了です。

【工事を終えて】

屋根葺き替え工事で雨漏りをしていないかを確認すれば、ようやく内装工事が進みます。

お客様も工事が順調に進み、安心していらっしゃいました。

瓦棒屋根は形状としては特殊に見えますが、下地から確認していただいた通り屋根材の変更ももちろん可能です。

但し、瓦棒は理由があって使用している事が多い為、事前に勾配や施工場所の確認をしておきましょう。

この他にも雨漏り修理依頼や、屋根工事でご相談がありましたら、お気軽に街の屋根やさんへお問い合わせください。

点検・見積もり作成は無料にて承っております。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

街の屋根やさん東東京

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料