ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん横浜

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F

会社概要はこちら

ボタン

川崎市多摩区|腐食しにくい樹脂製の貫板を使用して棟板金交換!

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年7月、大阪北部地震、西日本豪雨で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

大阪北部地震に続き西日本豪雨と自然災害が頻発しております。梅雨が明けたとはいえ台風の季節も訪れ、今後も自然災害への注意が必要です。災害により被災された方、現在お住まいに対してご不安を抱え自然災害への備えをしたい方。屋根・外壁についての点検はもちろん応急処置や補修とできる限り対応させていただいておりますので、「もしかして」と不安な方はご遠慮なくご連絡ください。

川崎市多摩区 棟板金交換

【工事のきっかけ】
川崎市多摩区のお客様より、釘が抜けて棟板金が浮いているみたいとのことでお問い合わせを頂きました。 お住まいは総2階、更に立地の問題から梯子が届きません。この場合、どのように補修を進めていくのか、また棟板金の耐久力を高める補修方法をご紹介いたします。

ビフォーアフター

施工前

棟板金飛散

施工後

棟板金交換工事

基本情報

 

【棟板金交換工事】

屋根点検 建物が高い

川崎市多摩区のM様邸です。遠目から見ても棟板金がずれている事が確認できます。

梯子をかけて屋根の調査を行っていくのが通常ですが、今回は1周住宅を見渡してみても梯子をかけられる場所がありませんでした。

総2階と呼ばれる建物は1階と2階がほぼ同じ床面積の為、下屋もなく非常に高い建物に仕上がります。

その為、下屋を利用して2階に上がるということが出来ず、更に工事中は施工スタッフの安全確保の為、よっぽどの緩やかな傾斜ではない限りは足場の仮設が必要となるケースが多いです。

足場仮設

梯子がかけられないケースは他にもあります。住宅が密集している、敷地いっぱいに家を建てている、木々が多い、等の場合梯子のスペースを確保できません。

またこのような条件がなくとも、雨が強く屋根が滑る可能性がある、風が強く梯子が倒れる可能性がある、電線等の障害物がある場合は作業自体が危険ですので上がることはできません。

 

今回は明らかに棟板金のずれを確認することが出来、施工の際にも足場の仮設が必要な高さの為、施工を前提に足場仮設を行います。

足場仮設後に屋根を確認、破損範囲に応じて補修を行っていきたいと思います。

棟板金撤去 板金色確認

屋根材を確認するとニチハの横暖ルーフ(色:テラコッタ)です。横暖ルーフは現在横暖ルーフαになっていますので、色がブラック、ブラウン、グリーンの3色です。

その為全く同じ色での取り替えが出来ませんので、お客様のお好みで棟板金の色を選択していただくことになります。

色見本をお持ち致しますので、お好みのお色をお選びください。今回はボルドーレッドで施工していきます。

棟板金貫板 貫板撤去作業

棟板金が外れてしまったからと言って防水紙が破れていない限りは雨漏りは起きませんが、いつ飛散し落下するかはわかりませんので早速補修工事を行っていきます。

まずは足場を仮設し材料の搬入です。貫板は樹脂製です。

新築時はほとんどの住宅で木材の貫板を使用しています。樹脂製を使用しているのはお客様のご希望か、メーカー指定の屋根材か程度かと思います。

貫板撤去 貫板撤去清掃

棟板金と貫板を撤去し清掃し交換を行います。棟板金で木材を覆っていますが、経年により板金継ぎ目のシーリングが劣化したり板金を固定している釘が浮くと雨水が入り込み、木材の腐食や割れを招いてしまいます。

固定が甘い状態ですと不意の強風や台風で一気に外れてしまう可能性があります。

棟板金はガルバリウム(GL)鋼板を使用していますので15年程度の高い耐久性は持っていますが、下地の木材は雨水に触れていると劣化が早くなります。

その為、何も問題が無くとも10年程度で一度点検、不具合がある場合は交換、ビスの増し打ちなどでの補強をしておきましょう。

樹脂製貫板使用 樹脂製貫板,ビス止め

プラスチック樹脂製の貫板は木材よりも腐食しにくい上に、軽量で高い耐久性を持っています。加工性は木材と同じですので、材料を変更するだけで丈夫で長寿命の棟板金の取り付けが可能です。

新築時の固定は釘というケースが多いですが、改修では抜けにくく錆びにくいステンレス(SUS)製のビスで止めていきます。

現場確認 棟板金交換,コーキング

この貫板に棟板金をかぶせ、側面からSUSビスで固定していきます。貫板に対して真上から固定をすると、一見頑丈に止まっているようにも感じますが、そのビス穴から雨水が入り込んで雨漏りの原因になります。

脳天打ちと言われますが、誤った施工をしないように知識と技術が必要です。

軒先から棟に向かって取り付け、雨水が入り込みそうな継ぎ目はシーリングで塞ぎ、清掃すれば棟板金交換工事は完了です。

工事が終わり、屋根の状態も改善したことでお客様も大変安心されていらっしゃいました。屋根は滅多に確認できるような場所ではありません。

その為、定期的な点検は怠らず、何か不安を感じた時にはすぐにご相談ください。街の屋根やさんでは点検・見積もりを無料にて承っております。

何も問題が無い状態であれば安心ですし、不具合があると判断した場合には、適切な補修工事をご提案させて頂きます。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料