ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

塩尻市M様邸にて 棟瓦と鬼瓦積み直し改修事例をご紹介します。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

塩尻市 棟瓦取り直し

【工事のきっかけ】

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工費用5万円
  • 使用材料瓦専用モルタル

棟瓦を止めている銅線がゆるゆるになり、手で触ったただけでも簡単に崩れてしまう状態です。

モルタルも瓦との接点がなくなり、手でもポロっと取れてしまいます。
こうなると一度取り外して下地からしっかりと載せ替えないと危険な状態です。
瓦は重さがあるので、たった一枚落ちてきただけでも下に人がいたら大怪我となります。

まず棟瓦と下地になっている平瓦を取り外します。

通常ですと土が下地に入っていますのでそちらも取り除きます。

モルタルを詰め込んでいきます

瓦専用のモルタルとなります。
この時に下地からしっかりと固定した銅線を仕込んでおきます。

平瓦を載せさらにモルタルをします。これが棟瓦の一段目。土台となります

下地から先に仕込んでおい銅線を出します。


さらに平瓦を3段重ねます。

沢山重ねると豪華になりますが、崩れる可能性も高くなりますし、お金も掛かるので近年は3段から5段くらいが多いですね。

丸棟瓦を載せて下から出ている銅線を真ん中で結びあげ

終了 これで地震がきても大丈夫です。

次に棟と鬼瓦も接続します。

棟と鬼瓦の隙間もモルタルで埋めます。
細かな作業ですが丁寧に詰め込んでいきます。


鬼瓦も銅線でしっかりと固定します。


一番先の大巴を取り付けます。

下地にモルタルを入れて銅線含めて固定します。

仕上がりました

鬼瓦は意匠性はもちろん、古くは魔除けや火除けの意味も込められていて、日本にも鬼瓦を専門に作る『鬼師』とい方々がいます。防水機能はとくにありませんが雨仕舞いとして見栄えのする大切な部分です。
鬼瓦・棟瓦はしっかりとメンテナンスしていつでも立派に保っていきたいですね。

 

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

屋根塗装・外壁塗装をご依頼いただいた杉並区のO様より、竣工後の感想を伺いました。

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料