ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん
本社連絡先

〒299-0261
千葉県袖ヶ浦市福王台
2-21-10 セントラルビル1F

お客様窓口

0120-989-742

代表電話

0438-60-7773

FAX

0438-60-7774

ボタン

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市 破風板・軒天部分補修 屋根塗装

【工事のきっかけ】
屋根の木製の破風板と鼻隠しの塗膜が剥がれてボロボロになり、見た目が悪くなっていたので同じような症状にならないようにガルバリウム鋼板で巻くことになりました。屋根も塗装のメンテナンス時期になっていたので、同時に塗装することになりました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容破風板・軒天部分補修 屋根塗装
  • 施工期間7日間
  • 築年数約40年
  • 施工費用屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)
  • 使用材料屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
 

【工事完了後】

破風板などの木部の塗装がめくれてボロボロになり、家の雰囲気がが古く感じていましたが、ガルバリウム鋼板を巻いたことで相乗効果で家全体が明るくきれいに見えるようになりました。 「これで人目をきにしなくてよくなったわ~!」 S様にも喜んでいただけました。

少し高台から見た様子です。 色褪せた屋根を塗装し、破風板や鼻隠しもきれいになったので外壁も明るく見えます。 屋根は定期的にメンテナンスをしてあげると長持ちします。 「そろそろかな?」と思ったらお気軽にご相談くださいね。

少し高台から見た様子です。 色褪せた屋根を塗装し、破風板や鼻隠しもきれいになったので外壁も明るく見えます。 屋根は定期的にメンテナンスをしてあげると長持ちします。 「そろそろかな?」と思ったらお気軽にご相談くださいね。

before

S様邸の屋根はカラーベストです。

塗装前は、瓦の塗膜が色褪せて苔がこびりついていました。
高台のほうから見ると劣化しているのが一目瞭然で、「なんとかしなくては」と思われていたそうです。

after

塗装前の洗浄で苔や汚れをきれいに洗い落として、下塗り・中塗り・上塗りの三回塗装しました。

見るからにパサパサしていた瓦がみずみずしく艶のある屋根に生まれ変わりました。

屋根瓦の現況・塗膜の劣化や苔の発生がありました。

屋根瓦をコーテイングしていた塗料が剥げてくると、水分を吸収するようになり、日当たりの悪い面は乾きが悪いので苔が発生します。そして苔がある箇所は水分を含んでいるので、紫外線を受けて乾くときに反り返りの原因にもなります。

棟板金(カラーベスト屋根の頂点に施工されている金属板)を留めている釘が抜けかかっていたのできちんと打ち直しました。

棟部分は屋根の頂点に位置し、風をまともに受ける箇所です。ですので、強風などにさらされるうちに釘が抜けてくることがあるので注意しましょう。放置すると、板金が飛んでしまう恐れがあります。

(摩湯町の破風板・軒天修理と屋根塗装着工)

屋根を塗装する前に高圧洗浄で苔や汚れ、古い塗膜などを洗い落とします。

汚れや古い塗膜の上から塗装すると、浮きや剥がれの原因になります。なぜなら、新しい塗料が汚れの上にくっつき、屋根材としっかり付着していないからです。
屋根や外壁を塗装される時は必ず先に洗浄しましょう。

屋根を洗浄した後、透明の接着塗料・シーラーを塗ります。

この後に塗る上塗り塗料の付着をよくする役割があるので一回目の塗装であるこの工程が非常に重要です。
ここで手を抜いたり、下塗り工程を飛ばして上塗りをすると、塗料の付着が悪くなるのでこれも塗料の浮きや剥がれの原因になります。

洗浄、下塗りの後、中塗りを行います。

屋根は普段あまり見る場所ではないので劣化や異常に気付かないことも多いですが、毎日紫外線や風雨にさられいるので実は外壁よりも過酷な状況下にあります。
新築から10年、15年くらい経つと確実に劣化しているので、点検することをお勧めします。

中塗りがしっかりと乾いてから上塗りを行いました。

中塗り、上塗りと分けて塗装することで頑丈で肉厚な塗膜をつくります。一度にたくさんの塗料を使って塗装すると、液ダレ(塗料が集まって筋状になって流れること)をおこしたりして美観性を保てません。

破風板(黄色の点線部分)と鼻隠し(黒い点線部分)の現況です。

S様邸の破風板と鼻隠しは木製で、表面の塗膜がれっかしてポロポロと剥げ落ちてきていました。
「破風板がボロボロになって家の前を通る人から丸見えで嫌なのでどうにかなりませんか?」S様も気にされていました。
既存と同じように塗料を塗ることも可能でしたが木部の劣化は早く、数年後にはまた同じ症状が起こるのを想定して、耐久性のあるガルバリウム鋼板を巻くことになりました。

鼻隠しにガルバリウ鋼板を巻いている様子です。

雨樋があると作業がしづらいので仮撤去しました。
分かりにくいですが、手前の右側(破風板)が施工前で、左側(鼻隠し)が鋼板を巻いている状態です。

破風板にもガルバリウム鋼板を巻きました。

これまでの住宅は木材の破風板が多かったのですが、耐久性と耐火性がよくないので、最近では金属系や窯業系の破風板が増えています。

(摩湯町の破風板・鼻隠し修理と屋根塗装着工)

街の屋根やさん岸和田店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail info@sharetech.co.jp
      株式会社やまなか工務店
    1. 〒596-0044
      大阪府岸和田市西之内町57-24
  • お問い合わせはこちらから

    各種屋根工事メニュー

     私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
    街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742

    地域から選ぶ

    街の屋根やさん
    おすすめ屋根塗料