街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

下関のアパートでベランダ下、軒天改修工事
軒天下地木材・ケイカル板・3×10板・防水塗膜材・ステンレス板金

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

下関市 雨漏り修理 軒天取替・軒天塗装・スラブ小口板金・防水工事

【工事のきっかけ】
2階ベランダの水漏れで、軒天が落ちるのではないかと、また下が玄関の通路になっているので、人にケガをさせてしまったら大変な事になる為、 以前 工事して貰いました、ハウスドクター山口に連絡しました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容雨漏り修理 軒天取替・軒天塗装・スラブ小口板金・防水工事
  • 施工期間15日間
  • 使用材料軒天下地木材・ケイカル板・3×10板・防水塗膜材・ステンレス板金
 

現時点のベランダ防水状況です。

一部が剥がれ切れ目から下地に雨漏りしています。


ベランダからの雨漏りが原因で軒天の木下地が腐り幕板のコンクリート部分が剥離している状況です。

お客様は、今まで補修工事は、脚立で行っていたらしく今回も足場での施工には否定的で、確かに通路に足場が来ると通行の邪魔になるけれど、作業の安全を最優先にと、足場を組む様になりました。

やはり足場を組むと圧迫感があり出入り口ドアも開き難く

入居者の方々に大変ご迷惑掛けました。

撤去作業で、まず幕板部分のコンクリート取除きで、軒天の荷重も掛っているので、慎重に少しずつ取外して行きました。

コンクリート部分撤去の後、軒天の木・ケイカル板の取外し

です。
これも木部が腐っていると、突然変な所から落ちてしまいますので、これも慎重に作業しました。

リフォームと新築の違う所は,正確な図面が無い所です。

悪い所の取替工事でも下地がどの様になっているか、取り外してみないと分からないからです。作業は施工業者さんと良く打合せして大体の予想をしてからになります。

軒天下地の工程に、リフォームとなると大体 建物は数十年経っていて、ビスが効かなかったり、水平が出てなかったり、細かい問題も色々上がって来ますがそこは、大工さんの長年の経験と豊富な知識で、問題無く作業を進めて行きます。

ケイカル板張りでは、そのまま張れば、少しは簡単なのですが、重さと長さ(180cm)が有り、弓なりになる為、壁側の化粧フクビに入れながらの作業は、1人ではなかなか大変です。

大工さんの丁寧な作業により、綺麗に仕上がりました。

今回 一番のメインの作業 防水工事になります。

既存の防水が切れたり・浮いていましたので、先ず悪い所の撤去作業になります。

撤去作業終了後、下地処理になります。通常この大きさでは、ネットは入れないのですが、前回防水工事を確認すると、ネットを入れての作業をされていたので、今回も同様にしました。

ネットを入れる事で、防水が切れにくくなり、より丈夫になります。

防水下地で、作業としまして、下地材を、ローラーで塗布するのですが、壁下側、手摺の足元のコンクリート等は、先ずハケで、ローラーでの作業がやりにくい所を先行します。

防水下地材は乾きが早く夏場はすぐ乾いてしまします。乾いたからと言って、2回目の下地材塗布・トップコート仕上げまでしてしまうと、下地材が強くて空気が入り表面が凸凹になり手直しの原因になる為、夏場は特に時間を掛けての工事になります。下地材 1回目で1日・2回目とトップコートで1日 最低2日間掛けての作業になります。

トップコート仕上げの塗布で、これもやはり先にハケでローラーでの作業のやりにくい所を先行しての工事になります。


これで、防水工事は完了です。

軒天井塗装工事

塗装作業前に壁とか、塗料が付いてはいけない所に養生をして行きます。塗装が一番大事な仕事ですが、養生もとても大事な仕事です。養生一つで、仕上がりの良し悪しがハッキリ出て来ます。見ていると簡単に見えますが、なかなか上手く行かないですよ。

塗装も下地処理したのち・下地塗装2回・仕上と行なって行きます。

スラブ小口に板金を取付て行きます。

既存の様に、コンクリートでするとまた時が立つと今回と同様に落ちる可能性が有った為、板金での作業となりました。

コンクリートと比べてスッキリして感じも良いと思います。

最後に防水と板金との隙間にコーキングをして水の侵入を防ぐ作業です。

仕上がりもよく完了しました。


街の屋根やさん山口下関店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail machiyane@housedoctor.jp
      株式会社ハウスドクター山口
    1. 〒751-0877
      山口県下関市秋根東町2番26号
  • お問い合わせはこちらから

    各種屋根工事メニュー

     私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
    街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

    屋根工事メニュー

    屋根の雨漏り対策

     街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    詳しくはこちら

     
     

    お客様からのQA一覧

    屋根の雨漏り対策

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    詳しくはこちら

     

    会社概要

    屋根の雨漏り対策

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    詳しくはこちら

    無料相談受付中

      「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
      点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
      些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742
    ページのトップへ