街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

ご連絡先はこちら


■街の屋根やさん大阪
電話 0120-989-742
E-Mail info@maxreform.jp
株式会社マックスリフォーム

〒564-0063 大阪府吹田市
江坂町1-23-19
米澤ビル第5江坂4F
電話 06-6369-1123
FAX 06-6369-1124

大きな地図で見る


■街の屋根やさん岸和田店
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社やまなか工務店

〒596-0044 大阪府岸和田市
西之内町57-24

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

東大阪で塔屋の陸屋根のシート防水工事、笠木板金取り換え工事
防水シート(TAJIMA)/ガルバリウム鋼板

台風の後は無料点検を!

東大阪市 防水工事 笠木板金工事

【工事のきっかけ】
雨漏りで階段内壁部分、屋上~3階のベニヤと3階~2階のクロスが一部モロモロの状態、おそらく塔屋の屋根から雨漏りしています。とお問い合わせを頂きました。 調査させていただくと、塔屋は陸屋根になっておりアスファルト防水が切れてしまっていました。また、笠木板金部分も補修跡はありましたがかなり劣化した状態だったため今回はシート防水、笠木板金取り換えの工事をご提案させて頂きました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容防水工事 笠木板金工事
  • 施工期間2日間
  • 築年数約33年
  • 施工費用約30万程(内壁補修含め)
  • 使用材料防水シート(TAJIMA)/ガルバリウム鋼板

現場調査の様子

屋上から3階に続く階段の壁より、雨漏りが発生していました。現地調査の日も雨でしたので、はっきりと雨漏りが確認できました。

この角の壁部分のベニヤ部分は雨水をかなり吸い込み、モロモロの状態で柔らかくなってしまっていました。

3階から2階の階段部分です。

こちらは壁紙クロスになっていますが、こちらも同じ状況になっていました。


今回の大元の原因は塔屋の屋根部分にありました。

普段上ることはないので気が付きにくい場所尚且つ下からでは確認できません。
確認すると、アスファルト防水が切れておりかなり劣化した状態でした。

表面にひび割れがあり、酷い場所には下地のアスファルトが見えていました。

また、笠木板金部分も防水シールが貼られ、何度か補修されてあるのが確認できましたが、乾燥しパキパキと剥がれてしまっていました。



シート防水工事(工事初日)

まず初めに掃除と防水が切れで凸凹になった部分を削いで平らにします。平らにしないと防水シートを敷いたせいに凸凹の形がのこり、見た目が汚くなってしまいますし、そこから浮いてくる原因となります。


地味な作業かもしれませんが重要な作業です。

掃除が終わりますと塩ビシート(ポリ塩化ビニル)を奇麗に敷きまして、塩ビ被覆鋼板を端に取り付けビスで固定していきます。立ち上がり部分にも取り付けます。


塩ビシートは土間部分を保護するためのものでもあり、溶着剤という液体をかけることで表面が溶け、防水シートと張り付き、シートをビスなどで穴開けることなく固定する役割をします。塩ビ被覆鋼板も同様で、表面に特殊加工されており、シートと密着し固定します。

塩ビシートの上から中央数カ所にディスク盤を設置いたしました。


こちらは防水シートを敷き終えた後、上からアイロンのように熱を加えますとピタッとくっつきしっかりと固定されます。そうすることで強風で飛散することも防ぎます。

ビスを打ち込んだ際にでました砂はきれいに掃除します。

シートの前に改修ドレンの取り付けです。熱でしっかりと固定していきます。


傷んだルーフドレンの上にごっそりとかぶせ、中に強化ホースが樋までつながっています。雨水はそのホースから直接樋に流れる為、もともとの下地を傷めることがありません。シート防水と密着させ取り付けることで防水の信頼性や耐久性を保つことができます。

塩ビシートに溶着剤をかけ、防水シートを奇麗に敷きこみます。溶着剤のみでもちゃんとくっつきますが、端部分や接合部分は改修ドレンでもつかいました機械で熱してしっかりと塩ビシートと貼り付けます。

立ち上がり部分もつけ終わりましたら、先ほどのディスク盤にディスクヒーターで密着させます。



あてる秒数は機械が音で知らせてくれますが、長いと破けますし、短いとくっつきが甘くなりますので、注意が必要です。

角部分はシートの切り口が多く集まる場所です。水は針穴のような小さい穴からも入り込み雨漏りを引き起こしますので、パッチを重ね切り口を覆います。


また、シートとシートの接合部分にはUシールという特殊溶剤をつかい、接合部分、切り口を埋めます。これで防水工事は完了です。

笠木板金工事(2日目工事)

次は笠木工事です。古い板金をすべて捲り撤去します。


新しくかぶせます板金はガルバリウム鋼板を使用します。

撤去し、モルタル部分をみますと多箇所でひび割れを起こしていました。


これでは新たに板金をかぶせた際にビスで打ち込むことができません。また、地震等が起きた際に中から崩れる恐れがあり、大変危険です。かぶせる前にコーキングで固定しないといけません。

今回は笠木の横、波板の水切り部分の板金も同じような状態だったため一緒に取り換えることにしました。先に取り付けビスで固定します。端部分をちゃんと包み込んでますので風で飛散することもありません。

先ほど書きました通りひび割れ部分は奇麗にコーキングをし、補強していきます。これでビスも打ちもめるようになりました。

ガルバリウム鋼板で施工しました笠木板金を奇麗に被せまして、ビスで固定していきます。

ジョイント部分にもしっかりとコーキングをします。

ビスを打ち込みました部分にもコーキングをして雨水が入り込む入り口はなくなりました。


これで塔屋の陸屋根部分の施工はすべて完了しました。上から水をかけ排水の確認も行いました。

内壁部分

屋上から3階にかけての階段部分の内壁も奇麗に生まれ変わりました。

モロモロになってしまっていたクロスも下地を張り替えまして、奇麗になりました。




 

【工事完了後】

塔屋が美しく生まれ変わりました! これで雨漏りも止まるかと思います。 夏は梅雨、台風、ゲリラ豪雨などで雨漏りが起きやすい季節ですので、早めのメンテナンスをお勧めします。 ありがとうございました!

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ