街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

ご連絡先はこちら


■街の屋根やさん大阪
電話 0120-989-742
E-Mail info@maxreform.jp
株式会社マックスリフォーム

〒564-0063 大阪府吹田市
江坂町1-23-19
米澤ビル第5江坂4F
電話 06-6369-1123
FAX 06-6369-1124

大きな地図で見る


■街の屋根やさん岸和田店
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社やまなか工務店

〒596-0044 大阪府岸和田市
西之内町57-24

大きな地図で見る

交野市でMFシルキーのカバー工事をしました。

交野市 屋根カバー工事

【工事のきっかけ】
ベランダから上を見ると何か硬いものがあるとの事でした。屋根に上ると瓦の割れが多数ありました。補修工事でもいいですが今後のことを考えて今回カバー工法を提案させて頂きました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工費用約65万円

カラーベスト系の屋根材は、アスベストの仕様が禁止なり、ノンアスベスト板として各社商品を出されたのですが、やはり耐久年数にアスベスト含有品より難がありまして、割れなどを起こす場合が良く見られます。

表面の塗膜が褪せると、セメントの基材が剥き出しになり、雨水の流れが悪くなったり、本体が吸水する量が増えたりしますので、雨水を多く含んだところには、苔などが生えてしましいます。黄色いのは苔が生えて乾燥したものです。
このような状態が見られると、メンテナンスのサインになります。

まずは、既存の棟包板金と、その中にあるヌキ板を取り除いて、フラットな状態します。

その上から、粘着層付ルーフィングを貼ります。下地がコンパネなどの木の場合はタッカーといわれるホッチキスみたいなもので留め付けていくのですが、今回はカバー工事ですのでセメントのカラーベスト系の屋根にはホッチキスは留まりませんので、裏面がシールになったルーフィングで貼り付けて防水をして行きます。

軒先部分、現状の樋に合わせてMFシルキー本体を取り付けていきます。

続いて、本体を前の屋根材に引っかけて葺き上げて行きます。平部のMFシルキー本体を葺き上げます。

棟包を取り付けるためのヌキ板をビスで留め付けます。写真では見えませんが、ヌキ板の下に止水シーラーを挟み込んで斜めにカットした部分に雨水が行かない処理はしております。

そして棟包を施工して完成です。三つ又部分も加工して隙間なく仕上げています。

本棟(平行の一番高いところ)には今回、換気棟を取り付けさせて頂きました。これは屋根裏に集まる熱気などを家の外に放出する装置で、屋根裏に熱気や湿気などを溜めにくくなるので、室内環境の改善や、構造体の耐用年数にも効果があります。

裏の木々と屋根のMFシルキーのグリーンがマッチしていい感じに仕上がりました。
福泉工業製のMFシルキーは他のツルっとした表面ではなく縞模様的な意匠で、光があたると独特のツヤを醸し出します。
明るめのグリーンですので、洋風モダンな家には合いますね。

 

【工事完了後】

MFシルキーのグリーンは光に当たると、いいツヤがでますね。

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ