ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん大阪吹田店

〒564-0052
大阪府吹田市広芝町10-40 TEK第一ビル9F

会社概要はこちら

街の屋根やさん岸和田店

〒596-0044
大阪府岸和田市西之内町57-24

会社概要はこちら

街の屋根やさん大阪門真店

〒571-0058
大阪府門真市小路町1-12門真グランドビル211号

会社概要はこちら

街の屋根やさん八尾店

〒581-0014
大阪府八尾市中田3-13

会社概要はこちら

街の屋根やさん堺店

〒599-8237
大阪府堺市中区深井水池町3260-3

会社概要はこちら

ボタン

門真市で和瓦の棟の段積から7寸丸棟瓦へ葺替工事を行いました

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

門真市 棟瓦取り直し

【工事のきっかけ】
2階天井から雨漏りがするので、見て欲しいとの依頼を頂き、点検したところ天井の真ん中、家の中心部分に雨漏りシミが見られましたので、棟部分からの雨漏りを起こしており、経年による棟のノシ瓦からの雨水の侵入でしたので、棟の7寸丸瓦にての棟葺替工事をご提案させて頂きました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工費用25万円
  • 使用材料和型釉薬瓦
 

【工事完了後】

7寸丸棟瓦で棟の葺替工事が仕上がりました。

2階の部屋の天井の中心部に雨漏りシミがあり、この屋根の形状が切妻なので棟からの雨漏りと確認しました。
切妻屋根は形状的には雨漏りしにくい形状なのですが、和瓦の棟のノシ瓦の段積の場合、30年近く経ちますと棟の中には葺土が盛られており、それでノシ瓦に勾配を付けて、雨水を切るという仕組みになっているのですが、この中の葺土が長年の風雨で砂化して痩せてしまい、ノシ瓦の勾配が緩くなってしまい雨水を棟内に呼び込みやすくなるのです。
そこで、平部の瓦は問題がないので棟の部分のみ葺替工事を提案させて頂きました。
ただ、同じように段積するのではなく、7寸丸という大きな半丸の瓦を棟金具を取り付け、ビスで留めるという軽量になる上、強風にも強くなる工法で工事をさせて頂きました。
この工法は、和瓦の棟の段積から雨漏りをする場合、有効的でしてこれまでにかなりのお客様に工事をさせて頂いております。

before

和瓦の釉薬を塗ったシルバーといわれる瓦です。30年前の建売の屋根には良く使用されましたが、瓦自体は割れもなく問題はないのですが、棟の瓦が経年により雨水を切りにくくなり雨漏りを起こす事例はよくあります。

after

7寸丸瓦で棟の葺替工事を行いました。瓦は同じ釉薬の焼瓦で色も同じ「シルバー」なんですが、30年経つとこれだけ色も褪せてしまうのですね。
段積の棟からみたら、「7寸丸瓦」1本被せになりちょっと貧弱に見えてしまうのですが、シンプルだからこそ雨漏りを起こす可能性も少なく、また葺土等を使いませんので少しですが、軽量化にも効果があります。
7寸丸瓦の留め付けもビスで行っておりますので、今後の強風や経年のズレ等もなく安心できますね。

棟の瓦を解体して、中の葺土を見ますと黒く湿っております。これは雨水が棟内に侵入している証拠です。ここに雨水が入り続けると、スポンジと一緒で土が吸いきれなくなった雨水は瓦下に流れて雨漏りに繋がるのです。

棟の瓦と葺土と一番上の瓦を一列撤去し終えると、強力棟金具を取り付けていきます。糸を張って棟部分の浮陸を調整します。
この金具の上部のコの字型のとこに垂木を打ち付け、そこに棟瓦をビスで留め付けるのです。

棟際の瓦も新たに切り直し隙間なく仕上げて行きます。
そして、棟金具に垂木を打ち付けて行きます。

そして、垂木の周りに「なんばん漆喰」を盛って、ならしていきます。
葺土を使わず、「なんばん漆喰」で固めてしまいます。
そうすれば、今後漆喰の剥がれなどを防ぐことができます。

最後に7寸棟瓦をかぶせて、パッキン付ビスで留め付けていきます。
昔の瓦は銅線などで縛ってあるだけですが、最近はこのようにビスで留め付けますので、強風などでも安心です。

before

経年によりノシ瓦の勾配が緩くなり、雨水を切りにくくなったため、葺土内に雨水が侵入するようになった為、漆喰なども土から剥離して剥がれてしまっている工事前です。

after

棟際の瓦も新しく葺替え、棟も7寸棟瓦でシンプルに仕上げました。面戸の漆喰もキレイにならして完成です。
これで雨漏りも留まり、今後の風雨でも安心です。

和型瓦の場合、瓦自体は陶器製ですので30年ほど経過していても平部の瓦などは問題がないことが多いのですが、
ただ、棟部はどうしても経年の劣化や、ズレ、雨漏りを起こしやすいところなので、この部分のメンテナンスは必要になってきます。
その場合、見た目の好みもありますが7寸棟瓦にての棟瓦のみの葺替工事というのも、全体の葺替工事に比べれば費用も抑えれますので効果的です。(※あくまでも、平部の瓦に問題がない時になります。)
なんでもかんでも葺替工事をということはなく、大丈夫なとこはそのまま使用し、最良の屋根メンテナスンスを提案して、お客様のご負担を少なくするのも大事だと考えます。
どんな些細な事でも構いませんので、御相談下さい。

街の屋根やさん大阪門真店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      TinRoof株式会社
      代表者 正木 奈緒
    1. 〒571-0058
      大阪府門真市小路町1-12門真グランドビル211号
  • お問い合わせはこちらから

    各種屋根工事メニュー

     私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
    街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742

    地域から選ぶ

    街の屋根やさん
    おすすめ屋根塗料