ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

豊田市宝来町にて施工した、外壁塗装工事の施工事例

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

豊田市 外壁塗装

【工事のきっかけ】
以前当社で屋根の工事をさせていただいたため、信用をいただいており、外壁も施主様が気になっていたため。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容外壁塗装
  • 施工期間2週間
  • 築年数約30年
  • 施工費用約130万円
  • 使用材料無機塗料、サビ止め、微弾性フィラー

豊田市宝来町にて施工した、外壁塗装工事の様子を紹介します。
今回のお宅は以前屋根の施工をさせていただき、1年に1度の定期点検にお伺いさせていただいていました。
施工させていただいた屋根に関しては問題無かったのですが、外壁はかなりの痛みがみられました。

このお宅では外壁材としてトタンとモルタルが使われていたのですが、トタン壁はサビが見られました。

トタン自体はサビに強いのですが、打ち込んである釘がサビてしまうと、釘から貰いサビしてしまいます。
一方でモルタル壁に関してはクラック(ひび割れ)が見られました。

モルタルが雨水を吸ってしまい、中性化という現象を起こして強度が弱くなってしまっているのだと思われます。

このようにかなり外壁が劣化している状態で、このまま放置していると、塗装工事では直せなくなってしまい、外壁を貼る工事をする必要が出てしまいます。そうなってしまうと費用的にもかなりかかってしまうため、塗装工事を早めにする事をお勧めしました。

このお宅の定期点検の様子はこちら

お家の方も外壁の劣化は気になっていたようなので、今回塗装工事を任せていただくことになりました。
今回は塗装工事の前にシーリング工事を施工します。

シーリング工事とは、外壁の継ぎ目をシリコンなどで埋める工事です。
手順としては、目地がはみ出さないよう養生テープを貼り、シーリングを埋める箇所に下塗り用の塗料を塗ります。この塗料を塗ることで、シーリングと外壁がしっかりと密着します。

その上からシーリングを充填し、慣らして乾かします。

乾いたのを確認して、養生テープを剥がします。

シーリング工事はこれで完了です。
しかし、シーリングが必要な箇所はこういったサッシ周りだけでなく、外壁材同士の継ぎ目であったり、屋根との継ぎ目にもあります。
見た目はシンプルですがお家全体と考えるとかなり大きな工事になります。

シーリング工事が完了したら塗装工事が始まってきます。

塗装工事は複数回の塗装を行います。
最初から塗料本材を使用するのではなく、最初は下塗り材を塗っていきます。

今回はトタンとモルタルの2種類の外壁材があるお宅なので、それによって下塗り材を使い分ける必要があります。

トタン壁に塗る下塗り塗料はサビ止めシーラーの二種類の効果があります。
サビ止めは名前の通り、金属性の物の下塗り材として使う事で、錆びの発生を抑える役割があります。
シーラーは外壁材と塗料本材を密着させる、両面テープのような役割をする塗料です。

このお宅のシーリング工事の様子はこちら

モルタル壁に塗る塗料はシーラープライマーの二種類の効果があります。
プライマーとは、外壁の凹凸を埋める効果のある塗料です。
ヘアークラック(髪の毛のような小さなクラック)のある外壁を慣らす時に使われる塗料になります。

このように、下塗り材は塗料本材の対候年数を延ばすために塗られる塗料で、様々な効果があります。今回は複数の効果がある塗料を使用していますが、そういった塗料が無かったら下塗りは複数回行われます。

下塗りが終わったら塗料本材を塗っていきます。
塗料本材は塗膜を厚くするために1度の塗装が乾いたら再度塗装します。

このお宅の外壁塗装の様子はこちら

これで外壁塗装工事は完工になります。
今回のお家の外壁塗装工事は、塗料の使い分けなどもありましたが、現調をしっかり行ったことでスムーズな工事ができたと思います。
皆様も大きな工事を施工してもらう際には必ずしっかりと調査をしてくれる工務店に頼みましょう。

 

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

屋根塗装・外壁塗装をご依頼いただいた杉並区のO様より、竣工後の感想を伺いました。

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料