ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

宮崎市恒久南にて割れた瓦交換と漆喰補修できれいになりました。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

宮崎市 屋根補修工事 漆喰取り直し

【工事のきっかけ】
外壁塗装をしている中で台風による雨樋の破損を発見しました。火災保険に申請しようとついでに屋根の点検も実施。その際に割れやズレを発見し補修をおこなうことになりました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工費用40万~50万

和風の2階建てのお家です。

粘土瓦の味が出ていて、落ち着いた雰囲気がありますね。


こちらが、粘土瓦です。
粘土瓦はその名の通り粘土を高温で焼き上げて作られた瓦になります。
大きく分けて二つの種類にあげられます。

それは、釉薬瓦か無釉薬瓦か。
釉薬とは、液体がしみ込むのを防ぎ表面に光沢を出すものです。
釉薬瓦とは別の名を陶器瓦。よく耳にするのではないでしょうか。
私たちも葺き替え工事などするときよく使っています。
粘土瓦に釉薬を塗り焼き上げることによって紫外線や酸性雨から瓦を守ります。

それとは反対に無釉薬瓦は釉薬が塗られていない瓦です。
何も塗られていませんので撥水の効果はありませんが、粘土瓦のため水が浸透するわけではありませんので
ご安心していただければと思います。

ただし、漆喰の劣化や瓦の割れや汚れは発生しますのでメンテナンスは必要になって来ます。

現場の点検

既存瓦状態

瓦の割れ・ズレが見受けられました。

こういった割れや・ズレをそのまま放置し続けると、内部に雨水が入り防水シートが劣化していきます。
雨漏れの原因となりますので、早めの対処が必要です。

また、何よりも瓦本体が風や雨の際に屋根から落ちてしまうことも考えられます。
もし、その際に下に人がいたとき・・・
頭に瓦が落ちてしまう可能性が出てきます。

こういった風にならないように必ず割れた瓦は撤去、ズレたものはきちんと元に戻し
ビスがしっかりついていることを確認する必要があります。

のし瓦

次にのし瓦になります。


のし瓦は通常棟に設置する短冊状の瓦のことを指します。
のし瓦の役割として雨漏りの防止と何よりデザイン性を高めるということがあげられます。

一階と二階の、のし瓦がズレることによって雨漏れが発生することがよくあります。
実際に街の屋根やさんは全国規模になりますので、宮崎の物件だけではなく全国的な屋根の傷みだったり
雨漏れの状態などをめにすることが多くありますが、
他の県でものし瓦が原因で雨漏れに繋がっていることがよくみられます。


既存防水シート状況

こちらが既存防水シートの状態です。

防水シートに関しましては剥がれや破れなど大きな傷みは見受けられませんでした。
しっかりと防水の機能が保たれています。

既存漆喰状況

こちらが漆喰の状態です。

既存の漆喰がまだ存在していますが、
徐々に劣化してきているのがわかります。
漆喰は雨や風、直射日光により劣化していき「ポロポロ」と剥がれが生じてきます。

早めの補修をしていきます。

工事の内容

瓦交換

ココが屋根瓦の割れが発生していた交換部分です。

割れている部分を撤去していき新しいものを入れていきました。

のし瓦工事

外れかけていたのし瓦をきれいにはめ込んでいきます。

コーキングを使用し固定を行っていきました。

漆喰補修工事

漆喰の補修を行ってい来ます。

表面をコテできれいにおさえてきれいに仕上げをしていきます。

 

【工事完了後】

外壁塗装・屋根の補修の完工写真です。 今後の屋根のメンテンスに関しては、 3年~5年に一度屋根の点検を行ってきましょう。 粘土の瓦は塗装が必要ありませんが、瓦は台風や雨風により割れやひびが生じ、漆喰は経年劣化していくものです。屋根の状態を確認し必要があるか見ていくことが大切です。

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

屋根塗装・外壁塗装をご依頼いただいた杉並区のO様より、竣工後の感想を伺いました。

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料