ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

桜井市で屋根のカバー工事を施工させて頂きました。

2018年11月13日、台風21号・24号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年11月13日、台風21号・24に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

桜井市 屋根カバー工事

【工事のきっかけ】
瓦が割れているのが気になった。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工費用160万円
  • 使用材料MFシルキー

桜井市で瓦が割れているのが気になると、お困りの方の住宅で屋根のカバー工事を施工させて頂きました。

20年以上の耐久性があるガルバリウム鋼板のMFシルキーという屋根材を使用させて頂きました。

工事の様子ご覧下さい。

現場調査時の様子です。

苔が繁殖し、スレート瓦の劣化が進行していました。

お客様が気になられていた瓦の割れ部分には応急処置でコーキングを詰めさせて頂きました。

これで工事が始まるまでの間、安心して頂きました。

最初の工程は唐草板金(からくさばんきん)の設置で唐草板金とは屋根の先端の軒先と呼ばれる部分に取り付ける板金です。

取り付ける事によって屋根に落ちた雨水が雨どいに排水されるようになっております。

大屋根の唐草板金を設置します。

唐草板金を設置しますと、片面粘着ルーフィングと呼ばれる防水効果のあるシートを下から張って行きます。

防水紙を張りますと、谷板金(たにばんきん)と呼ばれる屋根の谷になる部分を施工します。

谷を施工しますと、瓦を下から順番に葺いて行きます。 今回使用する材料はMFシルキーと呼ばれる断熱材入りの板金の瓦です。 軽いので地震に強く、錆びにくく耐久性が高い非常に優秀な材料です。

平面の瓦を葺き終えると、棟板金(むねばんきん)と呼ばれる屋根の頂上部分の板金を下から順に施工します。

下屋根には壁との取り合いが出来てしまいます。

屋根と壁との取り合い部分から雨水が侵入しないように、雨押えという板金を取り付けさせて頂きます。

工事完了になります。

 

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

屋根塗装・外壁塗装をご依頼いただいた杉並区のO様より、竣工後の感想を伺いました。

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料