街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

新潟県燕市で瓦屋根からガルバリウム鋼板への葺き替え工事
ガルバリウム鋼板 縦ハゼ葺

燕市 屋根葺き替え

【工事のきっかけ】
大型リフォーム中に雨漏れを発見しご依頼頂きました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工費用約220万円
  • 使用材料ガルバリウム鋼板 縦ハゼ葺

瓦の雨漏れ防止に施したシーリング。
このやり方では雨が漏るのも当然です。
瓦屋根は雨水が中に入っても下の位置に来る瓦の上に流れてくるように施工されています。

こちらも侵入した瓦の逃げ道をふさいでいる工法です。
瓦のずれを防止する工法としてはよいことですが瓦の種類と性質をを知った職人がやらないと雨漏れの原因になります。

侵入した雨水が逃げ場を失って雨漏れを発生させた箇所です。
瓦桟(瓦をひっかける木材)や既存の下葺材は腐食していました。
実はこの下の建物の主要部分の【桁(けた)】まで腐食させていました。

屋根解体です。
土居棟の解体。ぎっしりと塗られたシーリングの中はウレタンを吹き付けてシーリングの下地にしていました。
土居棟とは

屋根解体の様子です。
セメント瓦を下し瓦桟と既存の下葺材だけの状態です。
まだ下葺材もしっかりしているような感じはしますが近くで見ると→

下葺材は亀裂を起こしていました。
亀裂の長さも長いもので数メートルもの長さになるものもありました。

腐食した桁の交換です。
一緒に腐食していた垂木も交換いたしました。

桁の継手です。
構造用金物でしっかりとつないでいます。

屋根の下地造作です。
12mmの構造用合板と8ミリのシージングボードを張りました。

下葺の様子です。
改質アスファルトルーフィングを使用しました。

土居棟内もルーフィングを立ち上げ雨水の侵入を防ぎます。

ガルバリウム鋼板縦ハゼ葺施工です。

土居棟内に雨水が侵入しないように屋根材を加工して雨水が外に逃げるようにしてあります。

土居棟の造作です。
瓦用の土居棟水切りのままでは雨が吹き込むので板金屋根に合うように仕上げました。

 

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ