街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

瓦→アスファルトシングルへの葺き替え工事の施工事例です

福山市 屋根葺き替え 雨樋交換 その他塗装

【工事のきっかけ】
古い洋瓦屋根をリフレッシュしたいとのご相談をいただき、現地にお伺いしました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

福山市幕山台 屋根葺き替え 現地調査

お問い合わせを頂き、現地調査を行いました。
現在の屋根はご覧の通り、昔からあるオレンジ色のS型瓦。

こちらをどうにかして今風な雰囲気にしたいということと、耐震性についてもご心配されていたので、 混ぜ葺き調の材料を使って今風な雰囲気を出しつつ建物自体の耐震性向上にもなるよう、軽量の屋根材であるアスファルトシングルへの葺き替えをご提案させて戴きました。

また葺き替えに際し、寄棟屋根の小屋裏空間を効率的に換気できる換気棟という部材の設置を提案し、
お客様に予算面を含めて内容をご納得いただけたので着工の運びとなりました。

既存瓦 解体撤去

まず、既存の瓦を外して屋根面から搬出します。

写真では伝わりにくいですが、防水紙もさらにその下の野地板も劣化しているので、踏むとフワフワと不安な感触があります。

ここからさらに瓦桟を取り外します。

アスファルトシングルは平面に張る材料ですので、
下地作りと補強を兼ねて構造用合板をこの上に釘を用いて打ち付けます。

下地作りと屋根補強の様子

構造用合板を取り付け、新たにアスファルトルーフィングを張っている状況です。
仕上げのアスファルトシングルの下に水が廻っても木下地に雨水を浸み込ませないよう、防水の役目を果たします。

このとき、屋根裏の換気のために屋根の頂上の棟にあたる部分にあらかじめ隙間を施工しておきます。

隙間部分のアップです。

軒裏の換気口から屋根裏に入った空気は、この隙間を通り抜けて建物の外部に排気されます。
屋根裏の効率の良い換気の経路がこれで確保出来ました。

この隙間には換気棟という部材で蓋をして、 空気を通しつつ直接雨水が入らない構造に仕上げます。

仕上げ アスファルトシングル 施工

いよいよ仕上げです。
アスファルトシングルは瓦やカラーベストと較べると厚みの薄いこのようなシート状の材料です。
比較的柔らかいシート状なので曲面への施工性には特に優れた材料と言えるでしょう。

屋根材の施工は軒先(下)から棟(上)に向かって行います。
雨が上から降ることを想定したとき、水を下地に廻りにくくするための鉄則です。

強い風が雨水を吹き上げたり横から叩きつけたりした場合のために、その下にアスファルトルーフィングが控えています。

面が切り替わるところ(棟・隅棟)には役物で防水補強をし、棟に換気棟を取り付けて完了です。

混ぜ葺き調のアスファルトシングルの風合いによって、趣のある南欧風の雰囲気になったと思われませんか?

 

【工事完了後】

外観がすっきりとリフレッシュし、屋根が軽くなることで耐震性も向上したお家になりました!

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

屋根工事メニュー

屋根の雨漏り対策

 街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

詳しくはこちら

 
 

お客様からのQA一覧

屋根の雨漏り対策

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

詳しくはこちら

 

会社概要

屋根の雨漏り対策

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

詳しくはこちら

無料相談受付中

  「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
  点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
  些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

ページのトップへ