ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

沼津市高島町の古い家屋の屋根改修工事

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年9月5日、台風21号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

上記、お電話が繋がりにくい場合はコチラ0120-989-936

 

【台風21号で被災された方の安全と一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます 9/20更新】

 台風21号が西日本に甚大な被害を与え日本列島を通過しました。関西地方を中心に各地で記録的な暴風による停電被害、事故、交通の乱れ、住まいの破壊など大きな混乱が生じ、現在でもその爪痕が残った状態となっております。
 台風による被害を受けた方、受けたかも知れない方は街の屋根やさんにご相談ください。点検はもちろん可能な限り応急処置にもその場で対応いたします。現在大変多くのお客様よりお問合せを頂いており、順番に対応をさせていたただいております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

沼津市 屋根補修工事 屋根塗装

【工事のきっかけ】
古くなったことに加え、雨漏りもあった為、これを機会に直してもらう事にしました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容屋根補修工事 屋根塗装
  • 施工期間20日間
  • 築年数35年
  • 施工費用37.9万円

施工前状況


棟の瓦ののし瓦が固定してあった土地が経年でボロボロと取れ落ちた結果、のし瓦を固定するものが無くなってズルズルとずれてしまった状態になっています。

施工状況ー①


のし瓦と棟瓦を撤去、再度使用する間まで保存します。
また土もきれいに取り除きます。

施工状況ー②


白セメントできれいに下地を作り、のし瓦を丁寧に積み重ねていきます。
のし瓦の積み重ねが終了して棟瓦を載せます。
セメントで下地を作る際に、一定間隔で銅線を2本づつ30㎝位の長さで伸ばしておきます。
最後に棟瓦を載せる時に棟瓦の穴に銅線を通します。棟瓦がセットされた時点で銅線を大きなコブ状にして終了です。

施工前状況ー②


亜鉛引き波型トタンの状況ですが目視した限りでは際立った大きな錆は見受けられず素材そのものに問題はありません。

施工状況ー③


ワイヤーブラシやブラシで劣化した塗料を除去した後に、錆止め塗料を塗布しています。

完成状況ー①


中塗り塗装を終了し、最後の上塗り塗装も終了しました。
建物は瓦屋根を含め相当数の年数が経っていますが、今回のようにしっかりリフォームを行う事により建物の寿命が飛躍的に延びます。
資源の大切さや貴重さを考えれば古くなったら壊して新しくする、という考え方のスクラップ & ビルドも多少は食い止める事が出来るのではと思います。

 

【工事完了後】

建物は瓦屋根を含め相当数の年数が経っていますが、今回のようにしっかりリフォームを行う事により建物の寿命が飛躍的に延びます。 古いものを大切にするという精神が息づいているような気がします。

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料