ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

ボタン

沼津市筒井町 見えない内樋の継手部分のコーキング補修が大事です

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

2018年10月18日、台風25号に関する注意のお知らせ 強風による被害は火災保険を使って工事を行えます。被害を受けたかもしれない方は弊社の無料点検をお受けください。

 

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/18更新】

 大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。
 現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

沼津市 その他の工事 雨漏り修理

【工事のきっかけ】
雨漏りが心配なのでお願いすることにしました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容その他の工事 雨漏り修理
  • 施工期間1日
  • 築年数25年
  • 施工費用2万円

施工前状況ー①


外側からは雨樋(軒樋)が見えないお洒落な内樋タイプです。箱形の長尺の軒樋ですが、それでも部材の継手ジョイントがあります。写真のように継手箇所はシーリング処理をしてありますが、経年劣化でシーリングがシーリングの役目を果たせなくなって、この継ぎ目から雨が雫状になって落ちてきます。劣化が進むと大雨時には滝のようになって落ちてくるでしょう。

施工前状況ー②


内側に収容されたようなスタイルの内樋の継手ジョイントのシーリングがシーリングの役目を果たせず、そこから雨が零れ落ちたら、当然その下の軒裏は雨漏り状態になっているので早急に雨漏りを止めなければなりません。
またシーリング材は紫外線に強い事が望まれます。
当然ですが現在シーリングしてあるモノは綺麗に剥がし、
表面を平滑にしてから丁寧に打ちます。
最初は重ね代部分にシーリング材を充填させた後に再度表面にシーリングし、最後は必ずヘラで押えます。



軒樋から竪樋部分の取合い部分のシーリングも経年劣化をしていることが十分に予想されるので、取付直した方がいいでしょう。、

付近に山や樹木が多い場合には枯葉が相当数飛来するので軒樋全体に、枯葉止めメッシュを取り付けたいですね。

屋根は通常サッと登れる所ではなく、またどのような状態になっているのかの確認は困難です。

 

【工事完了後】

経年劣化による不具合の部分もきれいに直すことが出来ました。

お問い合わせはこちらから

各種屋根工事メニュー

 私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

信頼の施工実績一覧

弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

街の屋根やさんへようこそ!会社概要

弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

0120-989-742
0120-989-742
0120-989-742

地域から選ぶ

お客様のインタビュー動画

屋根塗装・外壁塗装をご依頼いただいた杉並区のO様より、竣工後の感想を伺いました。

街の屋根やさん
おすすめ屋根塗料