ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん
本社連絡先

〒299-0261
千葉県袖ヶ浦市福王台
2-21-10 セントラルビル1F

お客様窓口

0120-989-742

代表電話

0438-60-7773

FAX

0438-60-7774

ボタン

裾野市千福ニュータウン内、 屋根登り棟補修

裾野市 その他の工事

【工事のきっかけ】
地震の被害で寄棟屋根の登り棟が大きく崩れてしまいました。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工内容その他の工事
  • 施工期間5日間
  • 築年数約30年
  • 施工費用16.5万円
  • 使用材料
 

【工事完了後】

地震の被害で寄棟屋根の登り棟が大きく崩れてしまいました。幸い平瓦は全般的に目視する限り問題はありませんでした。

地震発生直後の被害状況 ①


登り棟の面戸部分の詰めモルタルが崩れ落ちています。
このモルタルが落ちてしまうと、その上ののし瓦も必然的に
落ち始めてしまいます。


地震発生直後の被害状況 ②


被害状況 ①でも触れましたが、面戸部分の詰めモルタルが地震で揺すられている平瓦の動きと、上からののし瓦・冠瓦等の重みが拍車をかけてグシャと潰れていったものと想像がつきます。

改修施工状況 ①


崩れてしまった登り棟で、掛けてしまったり破損してしまった瓦関係を廃棄処分し、新たにモルタルで詰め面戸とのし瓦用の畝を作っていきます。
また地震の影響で本来の位置からずれてしまっている瓦をチェックし、直していきます。

改修施工状況 ②


モルタルげ作った畝が程よく固くなってきた頃、のし瓦を重ねながら同時に通りを水糸に従って積み重ねます。
更にこの時点で登り棟の中心に一定間隔で細い銅線をモルタルに埋込み、その銅線の一方の端を約40センチほど伸ばしておきます。
のし瓦を積み、冠瓦を載せる際に、銅線2本を冠瓦の内側の穴から外に出して冠瓦の上部で大きなコブを作り上げる事により、瓦のズレや落下防止に大きな効果をします。
以上で登り棟の改修工事が完了となります。

街の屋根やさん沼津店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社イワサキホーム
      責任者 岩﨑 稔
    1. 〒410-0813
      静岡県沼津市上香貫三園町1377-4
  • お問い合わせはこちらから

    各種屋根工事メニュー

     私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
    街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

    経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

    お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

    瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

    街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    信頼の施工実績一覧

    弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

    街の屋根やさんへようこそ!会社概要

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742

    地域から選ぶ

    街の屋根やさん
    おすすめ屋根塗料