街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

神戸市長田区 屋根カバー工事・外壁塗装工事の施工事例を紹介いたします!
カバー工事:アイジー工業『スーパーガルテクト』 塗装工事 外壁:コスモシリコン 鉄部・雨樋:カンペ1液MレタンHG 木部:キシラデコール

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

神戸市長田区 屋根カバー工事 外壁塗装

【工事のきっかけ】
屋根カバー工事 外壁塗装工事を考えているという お問い合わせをいただいた。

ビフォーアフター

施工前

施工後

基本情報

  • 施工費用260万
  • 使用材料カバー工事:アイジー工業『スーパーガルテクト』 塗装工事 外壁:コスモシリコン 鉄部・雨樋:カンペ1液MレタンHG 木部:キシラデコール
 

神戸市長田区で屋根のカバー工事・外壁塗装工事をご契約いただいた
現場の施工をご紹介いたします!

カバー工事は既存の屋根材の上に防水シートを敷いて新しい屋根を作る工事になるので、
ほとんど廃材処理がかかりません、
しかし、重量の問題で、
とても重たい瓦屋根にはこの施工はできません。

比較的軽い化粧スレートの屋根の上に、
さらに軽い板金屋根を施工することが出来るのです。

今回の工事に使った屋根材は、
アイジー工業の
『スーパーガルテクト』
という断熱材入りの屋根材になります。


既存の屋根の状態です。
化粧スレートで葺かれた屋根は色あせ、
本来持っていた防水機能を失っている状態です。

また換気棟という屋根の裏に溜まりやすい湿気を外に逃がす棟が取り付けられていました。

片面粘着のルーフィング、いわゆる防水シートです。

これを屋根一面に敷きこんでいきます。

軒先から順番に10cmずつ上に重ね、
敷きこんでいきます。

シートの裏側は粘着テープのようになっており、
既存の屋根の上に張り付けていくという表現が正しいでしょう。

既存の棟は撤去してしまいます。

棟下地の貫板ごと取り外します。

そして、屋根面すべてを防水シートで覆います。

屋根の横面(ケラバ)には専用の水切り材を
施工します。

水切り板金のジョイントは、
勾配が上の方の板金を、
下の板金の内側に入れ込んでいきます。

雨が降れば、ここも水が通っていくのですが、
逆にはめ込んでいると、
板金の下に水が入り込んでしまいます。

軒先にも専用の板金を取り付けていきます。

スーパーガルテクトは横向きに長い板金屋根材で、
上下にひっかけるための爪のようなカラチをしています。

先ほどの爪の部分を軒先の板金の爪にひっかけて固定をします!

そして上の爪の奥をビス打ちし固定をしていきます!

屋根材の端の部分は先ほどのケラバの板金に差し込んで固定を行うため、しっかりと固定されます。

この屋根材は、ガルバリウム鋼板という板金製で、
亜鉛とアルミとシリコンのメッキ加工が施されており、
丈夫で耐久力が高い屋根材です。

葺き終わるとこのような見た目になります。

意匠性も兼ね備えているため、
お勧めの屋根材です。

新しく取りつける棟も換気棟を用います!

防水シートに穴をあけ、専用の金具を取り付けます。

先ほどの金具の横に貫を施工し、
換気棟の下地とします。

立上りのついた板金を被せ、

換気棟を上から被せます。

上からの水の浸入を防ぎ、
下からの湿気は排出する造りになっています。

壁際の取り合いも雨仕舞を行います!

防水シートも立ち上げて施工しており、
このように貫板を壁際に沿わせて施工し、

上から板金を取り付けてます。

板金のと壁の接続部にはコーキングでふさぎ雨仕舞を行います。




屋根カバー工事スーパーガルテクト葺きの完成です!!

大屋根、下屋根ともかなり大きいため、
葺き替えを行うと廃材処理でかなりの金額がかかってしまうため、
その廃材処理費がかからない分かなりのコストカットが出来ます。
とてもおすすめです!

塗装工事の着工です。
写真のように、
塗装面の塗膜が浮いて『チョーキング現象』
が起こっています。

この現象が出てくると、
塗装の塗り替え時期です。

この機会を使い、
外壁を高圧洗浄していきます。

軒天から外壁迄、長年雨や風から
守ってくれているお家は
実はかなり汚れている状態です。

この汚れを落とさずに塗装をしてしまうと、
汚れの上に塗料が乗ってしまうため、
塗膜の剥がれにつながりやすくなります。

お客様のお家は、
タイル面等、今回塗装をしない
場所もありますが、
塗装をしない場所も弊社ではついでに
洗浄をおこないます!

洗うだけでかなり綺麗になりますし、
お客様に心から
喜んでいただきたいからです!




外壁材の目地やサッシ廻りのシールも紫外線により劣化しており
ひびが入っているため今回は打ち変えます!

まず既存のシールを撤去、下地にシール材が定着しやすくする材料のプライマーを塗布し
新しいシール材を充填します。




外壁の水切り板金、腰窓の水切り板金、換気フード等外壁にある鉄部は
ケレンを行い毛羽立ちを取り除き、
サビ止めを塗ります。





そして塗料を上塗りを行います。
上塗りは2回行い、
重ねて塗ることで強い塗膜を作り上げます。

樋もケレンを行った後、
上塗りを二回行います!




外壁はシーラーを最初に塗布し、
塗料の食いつきをよくして、
上塗り1回目、2回目と塗りあげていきます。

塗装すべてに言えることですが、
しっかりと塗らない場所を養生すること、
乾燥時間を十分とること、
そして何より丁寧に塗ることが、
仕上がりを左右します!




外壁塗装完成です。
新しく打ち変えたシールの上にも塗装しているので、
シール材の保護にもなります!

木部も塀も同じように塗りあげて塗装の完成です!




とてもきれいになりました!

今年は天候があれていたために、
屋根工事と合わせて
約1カ月ほどかかりましたが、
とてもきれいに仕上がって、
本当に良かった。

近隣の皆様、施主様、職人の皆様。
ご協力本当にありがとうございました!

街の屋根やさん神戸店

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      E-Mail info@maxreform.jp
      株式会社マックスリフォーム
    1. 〒657-0836
      兵庫県神戸市灘区城内通4-2-31栄ビル南棟211
  • お問い合わせはこちらから

    各種屋根工事メニュー

     私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
    街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

    屋根工事メニュー

    屋根の雨漏り対策

     街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

    詳しくはこちら

     
     

    お客様からのQA一覧

    屋根の雨漏り対策

    お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

    詳しくはこちら

     

    会社概要

    屋根の雨漏り対策

    弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

    詳しくはこちら

    無料相談受付中

      「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
      点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
      些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

    0120-989-742
    0120-989-742
    0120-989-742
    ページのトップへ