街の屋根やさんは全国各地で屋根工事や屋根リフォームをおこなっています。

街の屋根やさん

施工事例 お客様の声
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!

Menu 屋根やさんメニュー

本社連絡先


■街の屋根やさん
電話 0120-989-742
E-Mail info@sharetech.co.jp
株式会社シェアテック

■本社
〒299-0261 千葉県袖ヶ浦市
福王台2-21-10
セントラルビル1F
電話 0438-60-7773
FAX 0438-60-7774

大きな地図で見る

■横浜支店
〒222-0033 神奈川県横浜市
港北区新横浜3-2-6
新横浜ビジネスセンタービル 2F
電話 045-476-9990
FAX 045-476-9989

大きな地図で見る


■東京大田支店
〒145-0071 東京都大田区
田園調布1-5-5 2F
大きな地図で見る


■東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17
大場ビル1F
電話 0120-989-936

大きな地図で見る


【全国の街の屋根やさんはこちら】

横浜市緑区|漆喰の剥がれと瓦のずれを棟の取り直し工事で改善!

台風後の点検忘れずに!

台風後の点検忘れずに!

横浜市緑区 雨漏り修理 漆喰詰め直し 棟瓦取り直し 漆喰取り直し

【工事のきっかけ】
横浜市緑区の雨漏り補修依頼です。 大雨の影響でという事ですが、遠目からの目視確認で瓦がずれているのを確認されたようです。 瓦の棟はシンプルな造りでありながらもとても重要な役割を持っています。

ビフォーアフター

施工前

漆喰の剥がれ,雨漏り

施工後

棟の取り直し工事
 

【棟取り直し工事・漆喰補修】

雨漏り 漆喰点検

横浜市緑区の木造住宅です。大雨の影響で雨漏りを起してしまったようですが、見てみるとここ数日の雨による天井材の染みには見えませんので、恐らく少しずつ染みてきたものの、気づかずに生活されていたようですね。

通常、雨漏りに気づくのは天井材や柱に雨染みが確認できたタイミングだとは思いますが、実際雨水は屋根と小屋裏を通過して天井に到達していますので、気づいた時にはダメージを受けていると考えてください。

気付いた時点で補修を行う事で、最小限の被害と補修費用で済みますが、まだ大丈夫、もっと酷くなってからと放置しますと腐食の範囲は広がり、補修にかかる費用も嵩んでしまいます。

雨漏り補修にいくらかかるの?と不安でいっぱいだとは思いますが、まずは一度ご相談の上、補修内容と金額の提示をさせて頂きますので、その時点でご検討ください。

屋根は瓦ですので破損等雨漏りの原因となるような状態であるかを確認していきましょう。

漆喰剥がれ 瓦崩壊

漆喰のある所、ない所とはっきり分かれています。築年数は定かではありませんが、10年はメンテナンスを行っていないようですので、経年劣化による漆喰の剥がれと判断できます。

漆喰が剥がれたところに土が詰められているのですが、雨水が入り込み流出させ跡形もない状態でした。この状態で吹き込むような雨がはいりこめば雨水を防ぐものが無い為、雨漏りを起してしまいます。

瓦のずれもみられ、固定力に乏しい場所を確認しています。瓦と瓦の接着剤のような役割をもつ漆喰が剥がれたことによって、銅線のみで固定されているようなものです。

不安定な状態ですので、大地震が発生した際にこの形を維持できるかという事に不安を感じます。

また瓦のずれは雨水が浸入するいスペースを作ってしまいますので、しっかりと補修しなければなりません。

瓦落下 瓦剥がれ

下屋根には大屋根の冠瓦が落下してしまっていました。瓦が落下することによってぶつかった箇所はほとんどの場合割れて被害を拡大させてしまいます。

時には瓦のぶつかった衝撃により、瓦だけでなくその下地の防水紙までも突き破り雨漏りを起すこともあります。

固定が外れた瓦は滑って通行人に衝突する恐れもありますので、早めの補修や雨漏り対策の養生をしておきましょう。

漆喰剥がれ 棟ずれ

漆喰は石灰に水や油、繊維などを混ぜて作られた日本古来からの建材で、お城や寺院でも使われている場所を見かけますよね。

混ぜる漆喰の呼び名が変わる事もありますが、屋根には屋根用の南蛮漆喰、外壁用の漆喰、本漆喰等用途と目的に合わせた使用方法をされます。

耐候性が高い事はもちろん、防水・調湿・防火性にも優れる事で今でも使用され、近年では室内の塗り壁としても注目されています。

漆喰は施工後から数年かけて徐々に硬化し本来の耐久性を維持していくのですが、建物には地震や風によって揺れが生じます。

そのような日常の揺れによって漆喰にひび割れが起き剥がれてしまいます。

メンテナンス時期はおよそ10~15年と言われていますが、立地によって大きく異なりますので、定期点検は行っていきましょう。

今回、瓦の落下と漆喰の剥がれだけでしたら漆喰の詰め直し工事でも補修は可能でしたが、漆喰の剥がれによって棟ののし瓦がずれていましたので、棟の取り直し工事で並びの補正を行っていきます。

棟の取り直し 棟崩壊

まずは棟瓦を全て取り外し漆喰や土を清掃していきます。棟の撤去後は平瓦のずれが無いか確認し修正をしていきます。

今この状態では雨が降った場合にまっすぐ雨漏りを起してしまいますので、天候を確認し施工を進めていきます。

棟積み直し 棟積み直し

一段目ののし瓦を水糸でまっすぐに並ぶように設置し、南蛮漆喰を詰めて2段目、3段目…と積んでいきます。段数が多い時にはバランスを取るためにも階段の様に段を付けていくのですが、少ない場合は崩れにくいように同じ幅で積んでいきます。

銅線の締め方は大回し止め(のし瓦から冠瓦までを囲うように止める工法)と中止め(のし瓦の中心を銅線を通し冠瓦の中心で留める工法)がありますが、瓦の中心に穴が開いているのかも工法を決める点です。

ちなみに漆喰を詰めて積むのは昔ながらの湿式工法、近年、土や漆喰の重量をなくし軽量化を図る目的で乾式面戸シートを使用する乾式工法もあります。この場合は棟瓦を変更する可能性もありますので事前の確認が必要です。

漆喰詰め直し

棟を積み直してから面戸の漆喰を整え、棟の取り直し工事・漆喰補修は完了です。

現在漆喰の黒を使用していますが、施工してからしばらく経過すると原料の石灰の影響で徐々に白く変色していきます。棟をまっすぐに整えることで見栄えも良くなり雨漏りのリスクを回避する事にも繋がります。

雨漏りが改善されたことを確認し、室内の天井材張替工事に移っていきましょう。

瓦屋根の状態確認、雨漏りの有無、補修内容のご相談等がございましたらお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積り作成は無料にて承っております。

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      屋根工事メニュー

      屋根の雨漏り対策

       街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      詳しくはこちら

       
       

      お客様からのQA一覧

      屋根の雨漏り対策

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      詳しくはこちら

       

      会社概要

      屋根の雨漏り対策

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      詳しくはこちら

      無料相談受付中

        「屋根工事の期間はだいたいどれくらい?」、「屋根工事中も普通に生活していて大丈夫なの?」、「屋根リフォームに使う屋根材は何が一番いいの?」、「家の耐震性を考慮した屋根リフォームって?」などのご質問や疑問は疑問解決質問フォームからお送りください。
        点検・調査・お見積りなど、工事に関するご不明点やご相談などございましたら、お電話またはこちらのお問い合わせフォームよりご相談・お問い合わせください。
        些細なことでも遠慮なさらずお気軽にどうぞ! お客様からの様々なお問い合わせをお待ちしております。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742
      ページのトップへ