ブログ

施工事例

お客様の声

動画で確認!屋根工事

街の屋根やさんおすすめ屋根材

ご連絡先はこちら

街の屋根やさん横浜

〒222-0033
神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F

会社概要はこちら

ボタン

川崎市宮前区|瓦屋根の崩れを棟・漆喰取り直し工事で改善!

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日、大阪北部の地震で被害を受けた方、受けたかもしれない方、無料で点検いたします

2018年6月18日朝、大阪府北部を震源とした震度6弱の地震が発生しました。気象庁は引き続き大規模な地震が起きる恐れがあるとも注意しております。また梅雨時ということもあり天候も安定しない中、不安なお気持ちでお過ごしの方も多いことと思います。屋根、外壁などの被害について応急処置・補修・点検と懸命にできる限り、対応致しますので被害に遭われた方、「もしかして」と不安な方はご連絡ください。

川崎市宮前区 漆喰詰め直し 棟瓦取り直し 漆喰取り直し

【工事のきっかけ】
川崎市宮前区の木造住宅です。5年ほど前に台風か地震の影響により瓦が崩れてしまったようです。 空き家の状態のようですので瓦を下ろしシートで養生をしていたようですが、この度棟の取り直し工事を行い瓦屋根の復旧を行いたいとのことでした。 瓦の割れや欠損があるように思えますので、必要に応じて差し替えを行いながら工事を進めていきましょう。

ビフォーアフター

施工前

棟の崩壊点検

施工後

棟の取り直し工事,漆喰,完工
 

【棟の取り直し工事】湿式工法

瓦点検 棟崩れ

川崎市宮前区の木造住宅です。しばらく放置してしまっていたようですが、この度棟の取り直し工事で瓦屋根の原状回復をすることとなりました。

棟の崩壊はおよそ3m、形を保っている部分からも漆喰が剥がれてしまっているのか、棟内部の土が流れ出てしまっています。

残りの部分の崩れは酷くはないのですが、土の流出が続くと棟瓦の固定が出来なくなり、同様に崩壊を招く恐れもあります。

土の流出 瓦下地の破損

そもそもなぜ常日頃、雨風にさらされる屋根に土が使われているのか、疑問に感じたことはないでしょうか?

これは昔ながらの湿式工法の名残でもありますが、元々は平瓦の部分にも土を盛り込み形を形成していました。

現在は防水紙を利用し軽量に効率よく施工する乾式工法が主流ですが、棟にはいまだに土を盛り込み、小屋裏内部の通気性を良くしています。

住宅内部に湿気がこもると高温多湿の日本では非常に過ごしにくい室内になります。その為、住宅に調湿機能を持つ素材を多く使用していたのにも納得が出来ます。

この土の部分をセメントなどを使用していたらきっと住宅内部はジメジメとした状態が続き、小屋裏の主要な柱も傷みやすくなってしまっていたかもしれません。

このように住宅への雨漏りを防ぎながらも調湿機能を持たせるために土を使用し、土が雨漏りの原因にならないように表面に漆喰を塗り保護しているのです。

下葺き材の劣化 防水紙劣化

瓦の無い状態が長く続いてしまったからなのか、瓦内部の傷みが目立ちます。瓦屋根の構造を維持しているのは杉板、現在の防水紙(ルーフィング)の代わりをしているのは杉皮です。

杉皮は何枚も重ねることで防水性をもちながら調湿性も維持できるといったメリットがあったようです。今では野地合板が使用される下地も、杉板で隙間を設けながら設置し調湿機能を重視されていたようです。

このように自然素材を活かして屋根を形成していた事実を知らない方も多く、屋根材を剥がしてみると「こんな状態なんだ!」と驚かれる方も非常に多いです。

現在は野地合板と防水紙で下地を作り、桟木に瓦を引っ掛ける形ですが、このように知識を用いられて作られた瓦屋根をみるのも感慨深いものがあります。

今回は破損した部分のみの補修をご希望ですので、部分的に下地を補修し、残りは杉板・杉皮の状態となります。

瓦の破損・割れ

屋根補修工事の際に落下し割れた瓦もあり、差し替えも必要となりそうでしたので同形状・同色の予備瓦を準備し施工に取り掛かっていきたいと思います。

雨漏り,防水紙 棟取り直し工事

まずは破損した下地部分の瓦を全て剥がします。その後、下地の補修と防水紙を敷き込み桟木の設置をし瓦を元の位置に戻していきます。

瓦を桟木に引っ掛けるだけ?

瓦屋根は他の屋根材と比べて固定をしていません。これは瓦1枚1枚が重く、地震の際に建物を壊すよりも地面に落とし被害を防ぐ為です。

その為、台風によりまとめて浮き上がってしまったり、落下・破損することもありますが、このようになるように施工をされているのです。

現在は防災瓦と言われる釘止めをし風災等に強い瓦もありますが、通常の瓦はこのように簡易的な施工です。そこにまっすぐの棟をのせて漆喰を施工する事で、平瓦の固定にも繋がります。

漆喰詰め直し工事 漆喰詰め直し

棟の取り直し工事です。棟の高さは住宅によって異なるかと思いますが、施工方法は変わりません。まっすぐに積むために水糸を張り1段ずつ並べ、南蛮漆喰を積みながら2段目、3段目…と積み上げていきます。

1段目と2段目の積み上げでは、雨水が入り込まないようにのし瓦の継ぎ目をずらしながらの施工を行います。また、1段目を最も広く階段の様に積むことで雨水の排水がスムーズになり雨漏りのおきにくい屋根に仕上げることが出来ます。

雨水が到達するまでの道のりを考えた時に、積む段数が多いほど雨漏りを起こしにくいと言われていいます。

しかし、地震の影響を受けやすいのは重量のある屋根です。年々ではメンテナンスの大変さと屋根の軽量化により、瓦屋根の使用と段数の減少は非常に目立ってきました。

棟の取り直し工事 棟の取り直し工事

銅線を取りつけた瓦を内部に埋め込み、最後に大回し止めで瓦をぐるりと囲って固定を行います。最後にのせる冠瓦の内部を通って固定する中止めもありますが、瓦の形状により決まります。

補修していない棟と比較し並びがずれていないかを確認し、漆喰を面戸に詰めて工事は完了です。

今回は部分的な補修の為、今後別の場所からの雨漏りも考えられます。しかし、まず雨水が入り込まない状態にまで回復させることで、内部の腐食や瓦屋根全体の崩壊を防ぐことが出来ます。

瓦屋根の補修に関しましてのご質問、補修工事のご依頼はお気軽に街の屋根やさんへご相談くださいませ。

 

街の屋根やさん横浜

街の屋根やさん
    1. 電話 0120-989-742
      株式会社シェアテック
      1. 〒222-0033
        神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 新横浜ビジネスセンタービル2F
    1. お問い合わせはこちらから

      各種屋根工事メニュー

       私たち『街の屋根やさん』は神奈川県を含む関東全域を施工エリアとする、お住まいの屋根の専門店です!
      街の屋根やさんでは下記の工事を取り扱っております。工事内容の詳細は各工事ページでご確認下さい。

      経験豊かなスタッフがみなさんの家の屋根を守ります!屋根工事メニュー

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      安心して工事をお願いできました!リフォームの流れ

      お客様の不安を解消できるように、お問い合わせから工事の完成までの流れをご紹介しています。

      瓦、スレート、金属、ハイブリッド、あなたの屋根はどのタイプ?

      街の屋根やさんが施工している様々な屋根工事と屋根リフォームの一覧をご紹介します。

      屋根に関するお客様の疑問にお答えします!お客様からのQA一覧

      お客様から寄せられた屋根に関する疑問を、当店スタッフが親身に回答しています。

      信頼の施工実績一覧

      弊社で行った施工事例をご紹介しています。詳細な説明と写真でわかりやすくお伝えします。

      街の屋根やさんへようこそ!会社概要

      弊社の会社概要になります。街の屋根やさんとはこんな会社です。

      0120-989-742
      0120-989-742
      0120-989-742

      地域から選ぶ

      街の屋根やさん
      おすすめ屋根塗料